1990年代の代表的なテレビ番組とは

1990年代、世の中はバブル真っ只中のお祭り騒ぎでした。

現在のように、テレビに出ているタレントさんなどが、コンプライアンスなどを厳しく問われるような時代でもなかったので、ドラマにはお金をかけ、バラエティーも今では考えられないような、ハチャメチャとも思えるようなことも、よく行われていました。

テレビにとっては、いい時代だったとよく言われます。
ではその当時の代表するような番組を少し振り返ってみましょう。

スポンサーリンク

1990年代の代表的なテレビ番組

NHK朝の連続テレビ小説

テレビ番組を振り返るうえで、日本中が最もよく見るドラマは「NHK朝の連続テレビ小説」ではないでしょうか。

1990年代は、現在テレビドラマの主役を演じるような、そうそうたるメンバーが出演していました。
1990年代で、平均視聴率が最も高かったのが『女は度胸』で、1992年の春から夏にかけて放送されていました。

脚本が橋田寿賀子さん、主演は泉ピン子さんと桜井幸子さんで、のちに桜井幸子は高校教師というテレビドラマで一躍脚光も浴びました。

ただ1990年代に入ると、それ以前のような30~40%を超えるような視聴率を普通にとっていた時代から、娯楽の多様化のため、全体的に視聴率は下降傾向をたどり始めた時代といえます。

トレンディドラマ

民放のテレビドラマでは、当時の流行は何といっても「トレンディドラマ」でした。

その中には、『東京ラブストーリー』や『101回目のプロポーズ』、『あすなろ白書』、『素顔のままで』など、数々の有名なドラマが生まれています。

『素顔のままで』では、今では非常に考えにくいですが、主演が中森明菜さんでした。
当時、”月曜日の夜9時は繁華街から人がいなくなる”といわれるほどの、ドラマ全盛期だったといえます。

また、社会的に話題になったドラマもありました。

『ずっとあなたが好きだった』では、マザコン男性と結婚した女性についてのドラマでしたが、放送開始直後の視聴率は決して良くなかったものの、ドラマが進行するにつれて、主人公の結婚相手であるマザコン男性の名前から”冬彦さん現象”と呼ばれ、流行語大賞にノミネートされるほどになりました。

音楽番組にも新しい風

一方で、1980年代にはよく見られた、歌手が生で出演して歌うような、音楽のランキング番組は姿を消していきました。
いくつか音楽番組が新たにできましたが、なかなか長く続かなかった中、歌手がテレビに出る頻度が少なくなった時代でもあります。

そこに風穴を開けたのが、ダウンタウンの司会で話題になった「HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP」でしょう。

ゲストのアーティストと、ダウンタウンが面白いトークを繰り広げるなかで、それまでの音楽重視からトークの比重を音楽と同等にして、バラエティー色を強くすることで視聴率が取れるようになり、音楽性も維持して音楽番組が復活し始めた時期になります。

華やかなバラエティー番組

バラエティー番組も非常に華やかな時期でした。

タレントをメインにしたクイズ番組やお笑い番組、また1990年代後半からは、視聴者による投稿番組も増えてきました。
また、若手芸人を多く起用した番組、特に「タモリのボキャブラ天国」からは今も活躍している爆笑問題、くりーむしちゅー(当時は海砂利水魚のコンビ名でしたが・・・)、ネプチューンなどの芸人さんが多く出てきています。

視聴者から投稿された格言や歌の歌詞などをもじって面白くした作品(番組ではボキャぶった作品と表現しています)を、おもしろ動画と一緒に司会のタモリさんたちが品評する番組でしたが、芸人さんが知名度を上げていった伝説的な番組で、今でも当時を芸人さんたちが振り返っている場面をテレビで見ることがあります。

ほかのタレントさんでは、今やお笑いには欠かせないダウンタウン、ウッチャンナンチャン、ナインティナインなどが確固とした地位を築いた時期です。

それぞれの冠番組を持ち、軒並み高視聴率を取っていました。
その中で、バラエティーとして1990年代の伝説的な番組というとやはり、「進め!電波少年」ではないでしょうか。

今では考えられない破天荒ぶりも

今では、放送すらできないかもしれないようなことを毎週のよう放送し、でもエンターテイメントとしては、非常に面白い番組です。

番組の中では、ヒッチハイクで世界一周した猿岩石が一躍有名になり、歌手活動などいろいろなことに挑戦していました。
一時期、テレビの露出が減りましたが、そのうちの一人である有吉弘之さんは、今では復活して非常に人気のあるタレントさんとしても大活躍中です。

この番組では、アポなし企画も非常に話題になりました。

今でも中東問題は世界の懸念事項ですが、当時、その渦中にあるパレスチナ解放機構のアラファト議長にアポイントなしで突撃し、てんとう虫のサンバを一緒に歌うという企画では、タレントの松本明子さんがハンディカラオケでアポなし突撃して挑戦しましたが、議長が歌を知らないため、結局デュエットはできませんでした。

しかし、笑顔でサインをもらうなど話題となりました。
アラファト議長の死後には、日本人で唯一アラファト議長と接触した芸能人であることから取材が押し寄せたこともあります。

今ではこのようなことはまず無理でしょうから、非常に印象的に覚えている人も多いのではないでしょうか。

あの長寿アニメ番組も、この時代にスタート

さらに別のジャンルではアニメがあります。
今でも続く超長寿番組となったちびまる子ちゃんは、ちょうど1990年から放送が開始されています。

作者のさくらももさんが幼少時代に過ごした静岡県静岡市の清水地区を舞台に、家族や周囲の人たちとの日常生活の中で繰り広げられる、ちょっとした出来事を面白おかしく、かつ、ほっこりとさせる視点から描かれている、高齢者の人から子供まで幅広く楽しむことができるアニメです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-エンタメ, テレビ・動画
-

関連記事

時間が無い人のための海外短編ドラマ3選

海外ドラマは面白そうだけど、長編なものばかりで観るのに尻込みするというイメージを持っている方も多いでしょう。 確かに人気のシリーズでは全24話を何シーズンも続けている作品も多くあり、社会人であればそん …

1980年代の代表的なテレビドラマとは?

皆様はテレビドラマと聞いてどの様な作品を思い起こすでしょうか。 一昔前よりかは視聴出来るテレビドラマが国内外を問わなくなってきている為、真っ先に海外ドラマを思う方も多いと思います。 今回はテレビドラマ …

美味しそうでお腹が減っちゃう!おすすめグルメ漫画5選

ここ最近の流行として、グルメ漫画が特に目立つようになりました。 どんな漫画であっても、食事をしないキャラクターは居ないので、自然とグルメには目が行きやすいものです。 良作が多いこのジャンルの中で、特に …

思わず声を出して笑ってしまうバラエティ番組3選

現在放送中のテレビ番組から、思わず声を出して笑ってしまうほど毎回面白いバラエティ番組を紹介します。

曲の聴き方が変わる!ブラックミュージックの話

ひとくくりにブラックミュージックといっても、R&B、ブルース、ジャズなど非常にたくさんの種類・音楽性があります。 ここでは、ブラックミュージックとはどんなものなのか、その起こりや種類、そして魅 …

楽天モーションウィジェット