今も読みたい!1990年代の代表的な少年漫画

1990年代の少年漫画は、現在も多くの人に愛されている定番となっている、代表的な漫画が非常に多く生まれた年代でもあります。

また少年漫画、少女漫画を含めて、原作が実写化されたものも多いのが特徴です。

ジャンルもスポーツ系やファンタジーのバトル系、学園モノでは、ヤンキーのバトル系や恋愛系など、多岐に渡り名作が生まれています。

スポンサーリンク

1990年代の代表的な少年漫画

不朽の名作「スラムダンク」

スポーツ系で有名な、1990年代を代表する名作といえば、週刊少年ジャンプに連載された、井上雄彦氏の「スラムダンク」が挙げられます。

主人公の桜木花道は、中学時代不良グループのリーダーで、50人の女性に振られ続けた男ですが、湘北高校入学後に、赤木晴子という女性に声をかけられたのがきっかけで、バスケットボール部に入部します。

最初は乗り気ではなく、主将の赤木や恋のライバルでもある流川と衝突ばかり繰り返していましたが、やがてバスケットの面白さに気づいていきます。

そして徐々にバスケットの才能が目覚めていき、目覚ましい成長を遂げていきます。毎年県大会1回戦負けが当たり前の、弱小高校でもあった湘北高校バスケットボール部が、桜木をはじめ、主将の赤木、天才ルーキー流川など有力選手が揃い、全国大会制覇を目指していく物語です。

作中で登場する「バスケがしたいです」や「諦めたらそこで試合終了だよ」など、数々の名シーンを生み出しており、現在でも多くの人に愛されている名作です。

現在も連載中!「ワンピース」

バトル系の漫画も、数多くの代表作が誕生しています。

1990年代では「幽遊白書」「ドラゴンクエストダイの大冒険」「犬夜叉」「るろうに剣心」など、多くの代表作が生まれ、アニメ化やゲーム化されて人気を博しています。

中でも、1990年代連載開始で1番の代表作といえば、やはり週刊少年ジャンプの尾田栄一郎氏の「ONE PIECE」となります。

現在も連載を続けており、単行本も80巻を超える長寿漫画となっています。そして発行部数は、驚きの3億2千万超えと、80年代を代表する漫画「ドラゴンボール」の約2倍となっています。

ゴムゴムの実を食べた少年、モンキー・D・ルフィが海賊王を目指して、仲間と共に様々な海賊や海軍と戦っていく物語です。

様々なライバルとのバトルを繰り返しながら、成長していくバトル漫画としては王道ですが、ONE PIECEの仲間たちのエピソードが感動的で、それが人気の要因となっています。

麦わら海賊団の仲間であるゾロ、ナミ、サンジ、チョッパー、ロビンなど、仲間達の過去のエピソードは家族や大切な人を失って、それでも生きていくという強さを描いており、多くの読者を感動させます。

どのようなエンドを迎えるのか老若男女問わず、世界中が注目している作品です。

学園モノでは1990年代で多くの作品があります。学園なので、少年漫画だけではなく少女漫画も多くの作品があります。

学園モノといっても、ジャンルはさらに分けられて、少年漫画のヤンキー系のバトル漫画と、少女漫画中心の学園恋愛系に分けることができます。

実写化もされた「GTO」「クローズ」「花より男子」

ヤンキー系のバトル漫画は、「クローズ」が実写化されて、映画となり話題となりました。

そしてもう一つの代表作が、週刊少年マガジンで連載された、藤沢とおる氏の「湘南純愛組!」です。

湘南で有名な不良だった鬼塚英吉と弾間龍二の鬼爆コンビは、当初彼女を見つけるために脱ヤンキーをしてナンパしていくのだが、結局様々な不良との争いに巻き込まれていく物語です。

この湘南純愛組!は単なるヤンキー同士の喧嘩だけでなく、友情や恋愛もあり、お笑いもありという多彩な要素が絡み合っており、まさに青春を生きているといった、鬼爆コンビの2人が人気を博しています。

そしてこの湘南純愛組!の主人公の一人である鬼塚英吉は、高校卒業後教師になっています。
その教師としての続編が「GTO」です。

元ヤンキーの破天荒な教師となった鬼塚英吉が、学校の様々な問題を体当たりで解決していく物語です。これは反町隆史さん主演で実写化されて連続ドラマとなり、大きな話題となりました。

そして学園の恋愛系漫画でいえば、少女漫画マーガレットで連載された神尾葉子氏の「花より男子」が、1990年代を代表する恋愛漫画です。

名門の英徳学園高校に入学してしまった、一般庶民の牧野つくし。
道明寺司・花沢類・西門総二郎・美作あきら4人は、F4セレブの御曹司であり、誰も逆らうことができません。しかし、つくしはこのF4に立ち向かっていきます。

この真っ直ぐなつくしに、F4の1人道明寺司は恋をしてしまいます。このセレブ男子と庶民女子の恋愛ストーリーです。

この花より男子は、セレブの男子と一般庶民の女子という世界観の違う男女が惹かれ合うものとなっており、そうした価値観の違いを乗り越えて発展していく恋愛に、多くの人が支持して人気作となりました。

この花より男子も実写化されて、嵐の松本潤さんが道明寺役を、つくしを井上真央さんが演じて大人気ドラマとなりました。

また韓国でも実写化されて世界的に話題となっています。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-エンタメ, 書籍
-,

関連記事

今推すべきアイドルとは?韓国の女性アイドル編

人気女性アイドルグループになるとメジャーなテレビの音楽番組に出演したり、大きなライブコンサートにもよく顔を出すので知られるようになります。 外国からの知名度は動画共有サイトにおける再生回数でもある程度 …

誰が見ても面白い!テンションが上がるギャグアニメ3選

以前なら、アニメといったら、子供向けやオタク向けの娯楽というイメージがありましたが、近年のアニメ映画や、実写化映画の大ヒットなど、様々な要因で世間に認められるようになりました。 スポーツやホラーなど、 …

時間が無い人のための海外短編ドラマ3選

海外ドラマは面白そうだけど、長編なものばかりで観るのに尻込みするというイメージを持っている方も多いでしょう。 確かに人気のシリーズでは全24話を何シーズンも続けている作品も多くあり、社会人であればそん …

曲の聴き方が変わる!スカの話

スカという音楽ジャンルをご存知でしょうか? 日本では名前にも入っているとおり、東京スカパラダイスオーケストラが有名でしょう。 スカについて紹介します。

小説原作で実写化が成功したドラマ3選

小説作品の実写化は、失敗したもののほうが少ないと言えるのではないでしょうか。 特にドラマ化して人気になった作品ついて紹介します。

楽天モーションウィジェット