料理のアクセントに!たくあんの活用法

沢庵漬け
たくあんは酸味と甘味のバランスが素晴らしいだけでなく、独特な歯ごたえを同時に楽しめることも魅力の食品です。

この魅力を十分に引き出すための活用法を実践すると、料理のアクセントとしても十分に使えることになります。

ちょっとした一工夫をするだけでも料理の美味しさが抜群になりますから、たくあんは和洋中の多彩な料理で使ってみましょう。

スポンサーリンク

たくあんを活用しよう

まず、脂っこい料理と一緒にすることは特におすすめできます。

乳酸発酵の過程で生まれる酸味に加えて、独特な酵素の働きもありますので、肉料理と合わせれば消化にも優しい内容になるわけです。

昔懐かしいスタイルのカツ丼には、たくあんが数切れだけ添えられていることがありますが、これは口直しとしても便利な組み合わせです。

3切れは切腹を連想させるために、東京では2切れだけ添えられることが一般的ですが、特別に気にしなくても大丈夫です。

たくあんにアレンジを加えると、後を引くような美味しさを再現することができます。

ピリ辛たくあん

たくあんを短冊切りの状態にして、豆板醤と醤油を加えてピリ辛の風味に仕上げていきます。

たくあんの塩分量に合わせる形で、醤油を加える量は調整していきましょう。

この料理をカツ丼に添えると、辛味のある風味も影響して食欲も湧いてきます。

単品でも十分に通用する美味しさが特徴で、お酒のおつまみとしても最適です。

古漬けのたくあん炒め

古漬けのたくあんは酸味が非常に強いために、もったいないと思っていても捨ててしまうことがありますが、料理にとっては最高のアクセントにもなります。

古漬けのたくあんは細かい千切りにして油で炒めると、酸味が和らいで旨味は逆に凝縮していきます。

好みで砂糖や唐辛子も加えると、ご飯のおかずとして最高の逸品に仕上がります。

おにぎりの具材として加えると、豊かなコクと歯ごたえがアクセントになりますから、普段とは明らかに違った美味しさを実感できるようになります。

豚たくあん

古漬けは油で炒めるだけでも美味しいのですが、豚キムチの方法をアレンジすることもおすすめです。

先程の作り方と同様に下ごしらえをして、豚バラ肉も一緒に炒めると、コクはさらに豊かな状態で仕上がります。

豚肉だけでは脂っこさが気になることがありますが、古漬けのたくあんの程よい酸味が加わることで、絶妙なバランスが完成します。

豪快な盛り付けでご飯の上にかけて、丼料理にして食べることもおすすめできます。

食べるときには、ご飯としっかりと混ぜるようにすれば、アクセントのある風味と歯ごたえが渾然一体の状態で調和してくれます。

チャーハンに

ご飯料理のアクセントにする場合には、中華料理のチャーハンに使うこともおすすめできます。

チャーハンで使う場合には、みじん切りの状態に仕上げておくと、ご飯粒との相性が良くなります。

最初には香味野菜と一緒に油で炒めて、溶き卵を加えてからはご飯も同時に入れていきます。

この料理は高温の火力で短時間で仕上げると、本来の美味しさが発揮されるのが特徴です。

とてもシンプルな具材が使われているわけですが、日本人にとっては親しみやすい美味しさになります。

少しだけアレンジをしたいときには、調理法を変えてピラフにする活用法も使えます。

ピラフの場合には、炊き上がったご飯にたくあんのみじん切りを加えて、バターとパセリのみじん切りも後から入れることで、香りを逃さない状態で仕上げることができます。

お茶漬けに

忙しくて調理の時間を確保できないときには、たくあんをお茶漬けの材料として使うと便利です。

熱々のご飯の上にはたくあんの千切りを添えて、好みでワサビやネギなどの薬味も一緒に盛り付けておきます。

最後には番茶やダシ汁をかければ、たくあんがアクセントになるお茶漬けが完成します。

これは数分もあれば作れるものですが、味わいは本格的なのが魅力です。

短い調理時間であっても美味しいのは、発酵で醸された風味が特徴のたくあんが絶妙なアクセントになるためです。

特に忙しい場合には熱湯を使って湯漬けを作ることも可能ですから、この料理の活用法は多彩で、場合によっては鮭茶漬けのアクセントとしても十分に使えます。

お寿司に

たくあんの活用法でおすすめできる料理については、お寿司も魅力的なものです。

細かく刻んだものをシャリに混ぜたものは、いなり寿司の具材として最適です。

いなり寿司の中にたくあんが入っていると、絶妙な歯ごたえがアクセントになる形で、食欲が進む美味しさになります。

細長い状態で切ったものは、手巻き寿司や太巻き寿司の具材にすることができます。

たくあんの千切りは、ちらし寿司の盛り付けで使うようにすれば、錦糸卵と同じような色彩を加えることができます。

たくあんの千切りには錦糸卵にはない歯ごたえがありますから、いつものちらし寿司の美味しさも違ってくるはずです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-フード
-,

関連記事

今スグ取り入れたい!世界のヘルシー食習慣【イスラエル編】

日本人にとってあまりなじみがないイスラエルという国は、ヨーロッパ大陸とアフリカ大陸の間の部分、中東とよばれる地域にある国です。 死海やエルサレムの旧市街地の街並みなど、一度足を運んだ方であればまた行き …

肌の老化を防ぐポリフェノールは【生姜】で摂ろう!

シミやしわ、ほうれい線などの肌の老化を防ぎたいときは、ポリフェノールを摂取した方が良いので、この成分を豊富に含んだ生姜を、積極的に食べるようにしてください。 食事だけでは十分な量を摂れない場合は、サプ …

炊飯器で作れる時短レシピ「ホットケーキ」

家事や育児に介護などに忙しい女性にとって、今流行りの時短レシピの存在は嬉しいものです。いかに時間をかけずに、美味しい料理を作るかが重要であり、簡単に利用出来るかどうかがカギとなります。 そんな時短レシ …

包まない時短レシピ:シュウマイ

シュウマイは時短レシピにならないのではと考える方が多いです。 材料をみじん切りにするのに時間がかかり、丸めて包む工程も含まれるので、時間がかかると思われがちです。

ホームパーティーに最適なおもてなしメニュー:ブルスケッタのレシピ

ブルスケッタという料理を初めて耳にする人は、一体どんなメニューなんだろうと考えてしまうでしょう。 イタリアンの前菜でよく出てくる料理で、本場イタリアのレストランでも人気のある定番メニューです。

楽天モーションウィジェット