プラモデルやフィギュアの塗装に!アクリジョンの特徴と使い方

アクリルジョンはGSIクレオスが販売する塗料で、主にプラモデルや模型に塗装するために開発されました。

スポンサーリンク

画期的な新水性カラー アクリジョン

水性塗料の特徴は、塗装作業後に筆やエアーブラシなどを水を使って洗えることです。

GSIクレオスが発売しているラッカー系塗料であるMr.カラーの手入れには専用のうすめ液が必要ですが、それと比較すると手入れやメンテナンスが非常に簡単です。

同社の水性塗料には、水性ホビーカラーがあります。

水性ホビーカラーは水性塗料であることから、乾燥に時間がかかる、乾燥後の塗膜が比較的弱いという課題がありました。

この問題点を解決するために新しく開発されたのが、新水性カラー アクリジョンなのです。

アクリジョンは水性ホビーカラーのように水を使って筆やエアーブラシをきれいに洗うことができるというメンテナンス性の良さに加えて、乾燥後の塗膜が強くなりました。

塗膜が強くなることによって、何かの拍子にプラモデルや模型にちょっとした衝撃を与えてしまっても、塗装の表面が傷ついたり剥がれたりするのを防いでくれます。

また、アクリジョンは水性ホビーカラーに比較して、使用している有機溶剤を80%カットしており塗料の臭いがほとんどせず、乾燥速度も向上させています。

初心者やお子さんでも安全に簡単に塗装作業できるようになりました。

新しく塗装にチャレンジしようと考えている、水性ホビーカラーでは物足りない、塗膜を強くしたいのであれば、試してみてはどうでしょうか。

新水性カラー アクリジョンの使い方

まず、塗料、塗料皿、調色スティックやスポイト、アクリジョン専用うすめ液、パレット、水受け(紙コップなど)、各種筆(エアーブラシ)、キッチンペーパーなどを用意しましょう。

調整スティックを使って塗料皿に塗料を適量のせ、うすめ液を使って希釈します。

筆を使用する場合は、塗料1:1うすめ液を基本にし、必要に応じて変えていきましょう。

エアーブラシを使用する場合は、塗料3:1うすめ液が推奨されており、この希釈率であればエアーブラシのノズル部分に塗料が詰まることがありません。

あとは塗っていくだけですが、塗料が垂れてしまったらキッチンペーパーなどで拭きとってやりましょう。

塗装後は乾燥のためにしばらく時間を置いてください。

水性ホビーカラーよりも乾燥時間が早くなっていますが、それでも季節によって1~2日ほど置いてやらなければなりません。

乾燥する前に触れたりすると、塗装部分に指紋が付くといったトラブルが起こるので、できる限り触らないようにしましょう。

乾燥を速める方法として、Mr.ドライブースを購入して使うと良いでしょう。

Mr.ドライブースは塗装乾燥用機器で、塗装後のプラモデルや模型をブース内におき、タイマー(連続運転可能)を使って乾燥させる専用機で、塗装作業を大幅に効率化してくれます。

使用上の注意にも触れておきます。
アクリジョンは他の塗料と混ぜて使用することはできません。
希釈する際には専用液を使ってください。

塗装が乾燥したあとは水で洗っても落とせませんので、アクリジョン専用ツールクリーナーを使って塗装を落としましょう。

使用後は直射日光が届かず温度が一定である冷暗所など、小さなお子さん手の届かないところに保管してください。

Mr.カラーやエナメル塗料の上からも塗装可能

アクリジョンはMr.カラーや他社から販売されているエナメル塗料の上からも塗装ができます。

Mr.カラーはラッカー系塗料として知られており、乾燥が早く、塗膜が非常に固いという特徴があります。
エナメル塗料は顔料の樹脂が空気に触れて乾燥する性質を持っています。

いずれも完全に乾燥させていれば、その上からアクリジョンを塗装して新たな表現を楽しめます。

プラモデルの塗装が剥がれてしまった、塗装が劣化しているなど、気になる点がある時に利用すると良いでしょう。

最後にアクリジョンのカラーラインナップについて紹介しましょう。

用意されているカラーはツヤ消しも含めて全90種類となっており、調色可能なのでアニメに登場したままのカラーリングも簡単にできます。

特に大戦時の軍艦のプラモデルに欠かせない船底色、鉄やエンジン部分に最適な黒鉄色、自動車に使用される白を再現したグランプリホワイト、人気の高いWW2のドイツ軍戦車カラーのジャーマングレー、日本海軍機に採用された暗緑色、電車にも使用されているあずき色、アメリカ海軍機に多いカルグレー、英軍機のダークアースカラーなどが充実しているため、軍用機などのプラモデルや模型の塗装に最適といえます。

もちろん、ガンダムやマクロスなどのプラモデルや模型にも利用できるブラック、ホワイト、レッドなどの基本カラーも豊富に揃っています。

アクリジョンは安全で乾燥しやすく、塗膜も強いので大変使い勝手の良い塗料です。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-フィギュア, ホビー
-

関連記事

HOBBY ROUNDに参加してフィギュアや模型の魅力に触れよう!

日本のフィギュア・模型メーカーとして有名なボークスが開催している「お客様参加型」のホビーの祭典、それがホビーラウンド(HOBBY ROUND)です。

Nintendo Switch はすぐ買うべき?

任天堂から2017年3月3日に発売される新作ゲームハード「Nintendo Switch」 1月に行われたお披露目会を皮切りに様々な情報が発表されています。 そこで、発売日にすぐ購入した方がよいのか、 …

Cheery DOLLのドレスや小物で我が家のドールをおしゃれに!

ドールメーカーから発売されているドールはそのままでも魅力的ですが、衣装にこだわることでより楽しみが広がります。

TRC東京流通センター開催のコスプレイベント!おすすめの撮影スポットは?

TRC東京流通センターの展示場は、毎月頻繁にコスプレイベントが開催されており、TRCイベントの略称でコスプレイヤーに親しまれています。

D.I.Mのドールの魅力!お迎え方法は?

韓国のドールメーカー、D.I.Mのドールについて紹介します。

楽天モーションウィジェット