愛知県に行くなら絶対食べたい!ご当地グルメ5選

愛知県のイメージは、何がありますか?

愛知県は、東京と大阪の間にあって、赤みそで有名です。あとはフィギアスケートの有名な選手がいたり、大きな自動車メーカーがあります。

そんな愛知のご当地グルメは、何でしょう?愛知には、美味しいものもいっぱいあるんですよ。

スポンサーリンク

懐かしい味!鬼まんじゅう

ご当地グルメとしては、インパクトが弱い感じもしますが、美味しさでは負けません。鬼まんじゅうとは、ふかしたサツマイモが入っている蒸しまんじゅうです。

素朴な味ながら、しっかり甘くて、蒸しパンのようなパサパサ感もありません。薄力粉または上新粉と、砂糖を混ぜ合わせたしっとりしている生地に、ほこほこしたサツマイモがたまりません。

見た目はごつごつしていて、サツマイモの角切りが見える様子が、鬼やその金棒を連想させることから、鬼まんじゅう、という名前がつけられています。

とっても庶民的な味で、懐かしい気持ちにさせてくれる、そんなおまんじゅうです。

3時のおやつに、小腹がすいた時に、ぼーっとしながら食べると、子どもに戻ったような気持ちになれるお菓子です。

あまり日持ちはしないのと、味が変わるので、当日中に食べると一番美味しくいただけます。

お家ではだせない味!天むす

天むすは、エビの天ぷらを具にしたおにぎりです。通常のおにぎりよりも、小さいサイズが多いようです。エビの天ぷらと、ご飯の組み合わせ。

それに、甘辛いたれがかかっていて、三つのハーモニーが合わさって、何とも言えない味になります。そこに、海苔の風味が加わって一層、味の深みが増します。

上品な、美味しさです。おにぎりだけど、おにぎりとは別物です。ご飯はふわふわしていて、天ぷらの衣との相性が最高です。

全てのバランスが計算された、美しさの天むすです。こういった上品な味は、自宅ではなかなか出せない種類の味です。

小さめなので、エビ天だけ食べ終わって、ご飯が残るということもありません。ご飯の量も少なめに、しっかり計算されているようです。

見た目も、エビの尻尾がぴょこんと、おにぎりの先から飛び出して、とっても可愛いです。

全てのバランスが、計算されつくしているご当地グルメ天むすです。

麺が決め手!味噌煮込みうどん

ご当地グルメとして有名な、味噌煮込みうどん。

これは、ただの味噌味のうどんではありません。

東海地方以外のスーパーなどで売られている味噌煮込みうどんは、たまに味噌味のうどんのタイプのものがありますが、愛知の味噌煮込みうどんは、そういった種類のものとは、大きく違います。

まず、麺が違います。硬いです。ゆで方が、悪いのではありません。わざと、そうしているのです。これが、赤みそ味にとっても合います。

麺を茹でずに、生のまま直接、味噌の中に入れることによって、この硬い麺ができます。

麺を直接入れるので、麺は小麦粉と水だけでできて、塩は入っていません、塩が入っていると、その塩分がスープにでて塩辛くなるので、それを防ぐためです。

麺が硬いことで、食べ応えがでて、普通のうどんのように、スルスルとは入っていきません。しっかり噛んで、食べるうどん。

それが、愛知の味噌煮込みうどんです。

ビールに合う!手羽先

手羽先は、今ではどこでも食べられるようになりましたが、愛知県発祥のご当地グルメなんです。手羽先は、元々は捨てられていた、とり肉の足の先の部位。

ケチで有名な愛知県民は、これを有効利用しようと考えて、手羽先を甘辛く味付けして衣をつけて揚げるという、手羽先の食べ方を考え出したのです。

最初は、捨てるくらいなら食べよう程度だったのが、あまりの美味しさに人気がでて、手羽先だけを出すお店ができてしまいました。

骨があるので食べやすくはないのですが、骨の外し方にはコツがあります。コツさえつかんでしまったら、いくつでも食べられてしまう美味しさです。

食べた後の、骨の山を見ると、こんなに食べたのか!と驚くほど、たくさん食べてしまう美味しさです。

大量に注文すると、手羽先がずらーっと並んで出てくるので、その見た目もインパクト大です。

繊細なうなぎの食べ方!ひつまぶし

うなぎは、全国で食べられていますが、独特の食べ方をするという理由で、ご当地グルメになったひつまぶしです。

通常のうな丼と違うところは、うなぎが細かく切って、ご飯の上に乗っています。そして、そのご飯とうなぎは、おひつに入っています。

おひつに入っているので、ひつまぶしという名がつきました。違いは、これだけではありません。そのまま普通に、うなぎ飯として食べてしまっても構いません。

しかし、ワサビや刻み海苔・刻みネギなどの薬味がついてくるので、薬味とうなぎ飯を一緒に食べると違った味が楽しめます。

さらに、出汁やお茶などもついてくるので、これでお茶づけにもできるんです。個人の好みに合わせて、食べ方を変えられます。

また、うなぎが細かく切ってあるので、女性や子どもには食べやすさも、魅力になります。うな丼にはない、繊細な雰囲気のうなぎの食べ方です。

最後に

愛知県は、東京とも大阪とも違う、独自の食文化が発達した地域です。

基本的に甘辛くて、濃い味が多いといわれますが、その濃い味の魅力にはまってしまう人も大勢います。

愛知県でなくてはだせない味があり、それは、他のどんな高級な味でも満足できない、そんな味があります。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-フード
-,

関連記事

お米をおいしく炊く裏技:沸騰して冷ましたお湯を使う

お米をおいしく炊く方法として、一度沸騰させて冷ましたお湯で炊いてみましょう。

まだまだ寒い日に食べたい湯豆腐に入れると美味しくなる薬味!【大根おろし】

寒い日には、体が温まるものが食べたくなります。 中でも湯豆腐は、美味しくてヘルシーなので、人気のメニューです。食卓でカセットコンロで温めながら食べるので、冷えた体を温めてくれます。 また、鍋に比べて材 …

本当にダイエットに効果のあるスーパーフードは?

モデルや芸能人などの間で優れた美容アイテムとして人気を集めているのが、スーパーフードと呼ばれるダイエット食品の数々です。 ここ数年でかなり耳にすることも多くなってきましたが、具体的にどんな食品のことを …

豚肉ダイエットにおすすめの食材:トマト

昔から「トマトが赤くなると医者は青くなる」と言われるほど、トマトは非常に栄養価の高い食材です。

ドイツのコーヒーを楽しもう

世界中で愛されるコーヒーは国によってどんな飲み方をしているのでしょうか。 ドイツは世界の国別によってコーヒー消費量を調査した結果、消費量が世界第3位というコーヒーをよく飲む国柄と言えます。

楽天モーションウィジェット