航空関係の仕事をしたい人にピッタリの資格:運航管理者

一機の飛行機が飛び立つために、地上でも多くの人たちが働いています。

運航管理者もその中の一人です。

飛行機の安全運航のために、地上で様々な情報を入手して航空機を運転している機長に伝えています。

運航のかなめになっています。

スポンサーリンク

運航管理者の仕事とは

運航管理者の仕事は、あらかじめその日の天候、気温、風や雲の発生状態などの情報を集め、それを基にして飛行コースをはじめ燃料をどれだけ積むかなどのフライト計画を作成することから始まっていきます。

このフライトプランは航空交通管制センターに提出されて、機長はこのプランに沿って飛行します。

飛行機は機長と運航管理者のGOサインが出て、初めてフライトが決定されていきます。

不測の事態が発生してしまった時の運航管理者の役目は大きいものとなります。

もし目的地の空港が使用不能になったとき、あるいはハイジャックされてしまった時など、安全を第一義に代替空港の手配を行ったり、コースや高度を決定するのも管理者の役目になります。

一般的に航空機というとパイロットが注目されますが、管理者は裏方的な存在になります。

この仕事は24時間体制の仕事になりますので、月に3~4日は誰もいない大きなオフィスで1人で業務に就くことになります。

体力がないとなかなか務まりませんが、1人で業務を行うときは心細さも覚える仕事です。

航空機に乗っている全員の命を預かっている

運航管理者は、地上にいるもう一人の機長といわれています。

航空機の性能向上と同時に、飛行を援助する施設や上層風予想のシステムも目覚ましい進歩を遂げ、フライトプランの作成もより正確、より安全、かつ効率の良い航空路の選択や、有効な情報の提供ができるようになりました。

とはいえ、仮にデータ収集や分析が適切ではなく、目的地で着陸ができないなどという事態が生じた場合、乗客に迷惑をかけるばかりではなく、燃料や時間を無駄にするといった重大な損失を与えてしまうことになります。

航空機を確実に飛行させるという運航管理者の仕事は、乗客はもちろん、乗務員らの多くの人命にかかわってきます。

その信頼にこたえていくためには、一つのミスも許されることではありません。

管理者には基本的な仕事を行う態度として、人命を預かっているという使命感が必要になってきます。

そのためには責任感が強く、やるべきことを手順よくミスなくこなすような綿密さ、手堅さが必須の条件となってきます。

また、不測の事態が起きた時のシュミレーションも、常に頭に描いておかなくてはなりません。

経験を積んでから国家試験を受ける

運航管理者は安全な飛行を実現させることが仕事です。

その安全なフライトを推進するために通信、気象、航空機のバランスなどの知識が幅広くかかわりあってきますので、自然科学に対して興味を持っている人が望まれています。

また情報を収集して得たデーターを素早く計算迅速に判断する場面も多々ありますので、いわゆる数字に強い人、そして決断力のある人が強く求められています。

運航管理者になるためには、運航管理者試験に合格しなければなりません。

航空会社が採用した大学卒業者の中から管理者に適性があると判断された人が、社内研修及び正規の管理者の補助要員として経験を積んで、それから国家資格試験を受けるというのが一般的になっています。

しかし国家資格試験に合格、即管理者というわけにはいきません。

引き続き運航の仕事に従事して、更なる経験を積んでから社内審査をパスして、初めて正式な管理者になっていきます。

どの仕事にも言えることですが、資格を取ったからすぐにその仕事のプロになれるというものではありません。

豊富な経験も必要です。

23歳以上でなければ試験が受けられない

職務の重要性から航空法の規定によって、23歳以上でなければ資格取得の国家試験を受験することはできません。

試験は操縦、空中航法、気象業務、機上での無線設備の操作、航空交通管制業務のうち一つを、2年以上か2つ以上を通算して2年以上経験した人、または国土交通大臣が同等の資格ありと認めた人に限られています。

なお、この資格を受験する前に、総務省の航空無線通信士の資格を取っておくことが必要になっています。

航空機が大好きで航空会社に入社して、たまたま1日中天気が悪くずっと朝から運航不能になっている飛行場で、大丈夫使えると決断して航空機に指示を出して、見事着陸に成功したときにこの仕事のやりがいを感じた人もいます。

この仕事は知識の上に経験をプラスしていくことが大変に大切な仕事になっています。

いろいろな経験をしておくことで、あらゆる不測の事態にも対処することが可能になりますし、航空機の発着の判断や気象条件など豊富な経験を積むことにより、瞬時に判断することができるようになります。

ひいては判断を的確に行うことで、乗客乗員の安全を守ります。

運航管理者の仕事は的確な判断が求められる仕事になっています。
判断を間違ってしまうと、乗客乗員の安全が守られなくなってしまいます。
資格を取るばかりでなく豊富な経験をして、迅速に判断することが望まれています。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-仕事・資格, 国家資格
-

関連記事

将来いつか役に立つ!?福祉/介護の資格「メンタルヘルス・マネジメント検定」

今の時代、ストレスを抱えていない人はいません。誰もが人間関係や仕事、家庭のことで悩みながら生活しています。 仕事や生活のストレスがたまると、心のバランスが崩れて、そのうちにうつ病などを発症してしまうこ …

英語を通して学ぶ文化と歴史

語学はその国の文化を表しています。 日本語は文章を最後まで確認しないと、YESと言っているのか、NOと言っているのかわかりません。 それは日本の国民性が人間関係を曖昧にし、センテンスの最後の方にその人 …

経験なしでも取得できる!給料アップに繋がる3つの資格

就職に有利になるとして資格を取得する人は多くいますが、全ての方がその資格を活かせているというわけではありません。 資格には、国家資格や民間資格を合わせると数多くの種類があります。 そのため、中には取得 …

海で仕事をしたい人にピッタリの船舶関係の資格:海技士(通信・電子通信)

船舶の運航に関わる海技士の資格は様々な種類がありますが、その中でも外部との通信を通して船の安全を守るのが海技士(通信・電子通信)という仕事です。 船舶の情報に関するスペシャリストとも言える存在で、万一 …

簡単にとれる資格「神社検定」

神社検定は名前の通り、神社についての正しい知識を身に付けるための試験と、その知識を持っている事を証明する事ができる資格です。 神道文化検定とも呼ばれることがあって、民間の検定となっているので、神社好き …

楽天モーションウィジェット