甘酒に入れて美味しくアレンジ!【オレンジの皮】

オレンジ
日本が誇る発酵食品の甘酒ですが、どうもあの独特の味や香りが苦手だという人も当然ながらいます。

どんなにすばらしい効果のあるものでも、食品である以上おいしく食べられなければ、きちんと体に必要な栄養が届かないどころか、飲むこと自体がストレスになって、せっかくの甘酒のすばらしい効果が半減してしまうことも考えられます。

そんなときはちょっとしたアレンジを加えることで、飲みやすくおいしい味わいの健康ドリンクにしてしまうことも出来ます。

スポンサーリンク

オレンジの皮を加えてつくるさっぱりおいしいアレンジ甘酒

甘酒は体には良さそうだけれど、麹の独特の味や香りが苦手な人にオススメしたいアレンジが、オレンジの皮を使ったアレンジ甘酒です。

いつもの味を、ちょっとフルーティな甘さを楽しめるさわやかな味に変身させることが出来ます。

用意するものは、手作りの甘酒または市販の甘酒の原液と水、しょうが、シナモンスティック、オレンジの皮です。

1.鍋に甘酒を入れ、千切りにしたしょうがと砕いたシナモンスティックを加えて、火にかけて温めます。

2.一煮立ちしたところで、オレンジの皮を薄い千切りにして加えます。

3.さらに一煮たちさせれば完成です。

オレンジとシナモンのちょっとスパイシーな香りがアクセントになった飲みやすい味わいの甘酒が完成します。

しょうがも甘酒もどちらも体を内側から温めてくれる効果が期待できるものです。

体の冷えを解消して体の調子を整える効果がある理想的なホットドリンクです。

オレンジの皮を少量加えるだけで、オレンジのさわやかな風味が独特のさっぱりとした味わいを作り出してくれます。

もっとジューシーな味わいにしたいときには、オレンジの皮だけでなく、果実も絞ってたっぷりとオレンジ果汁を加えることで、よりフルーティーで飲みやすくさっぱりとした美容健康に良いドリンクが完成します。

果汁をたっぷりと使うときは、夏の暑い時期に冷やし甘酒としてもオススメの飲み方です。

発酵食品ブームで見直される甘酒のすばらしさ

近年発酵食品の優れた効果が人々に広く知られることとなって、塩麹をはじめとする日本で昔から食べられてきた様々な発酵食品が注目されるようになりました。

甘酒というと、なんとなく昔の人が好んで飲んだものというイメージでしたが、近年のブームによってそのおいしさや優れた美容健康効果が再び注目されています。

お年寄りだけでなく若い年代にも多くのファンを持つようになり、スーパーの店頭にも様々な種類が並んでいたり、ドリンクの自動販売機にもそのまま飲めるものが売られているようになりました。

とくに米麹を使って造る甘酒は、米と麹を発酵させる段階で自然の甘さが生まれるので、とくに砂糖などを使って甘く味付けしなくても、優しい甘さを楽しめる自然のホットドリンクです。

寒い冬にふうふうしながらとろりとした優しい甘さの甘酒を飲めば、体の中からホカホカ温かくなってくることでしょう。

さらに米麹を使った甘酒の中には、驚くほどたくさんの優れた栄養素が含まれています。

その主なものはブドウ糖やアミノ酸、ビタミンB群などで、体にとってとても大切なさまざまな栄養がぎっしり詰まっていることから、甘酒は飲む点滴と呼ばれるようになったのです。

甘酒を飲むことで期待できるたくさんの効果

人は生きていくために、たとえば血液中に含まれる赤血球はブドウ糖がなければ働くことが出来ません。

甘酒に豊富に含まれるブドウ糖は、体にとってこんな大切な役割を持つものです。

甘酒の疲労回復効果は、古くは江戸時代から良く知られており、冷たい甘酒が夏ばてを解消する滋養強壮ドリンクとして利用されてきたといわれています。

又、原料の麹には、しみの原因となるメラニンが過剰に生産されるのを抑える効果のあるコウジ酸がたっぷりと含まれています。

そのため、しみやくすみが出来るのを予防し、美白作用で肌を美しくしてくれる効果が期待できます。

さらに肌が乾燥するのを予防するためには、ビタミンB群による保湿効果が有効です。

甘酒に含まれるビタミンB群には、疲れを解消する疲労回復効果に加え、保湿効果によって美肌を保つことに繋がります。

さらに豊富なブドウ糖は、血糖値をすばやく上げて満腹感を感じやすくしてくれるので、食事の前に一杯の甘酒を飲むことで、その後の食べすぎを予防する効果が期待できます。

さらに豊富に含まれる食物繊維やオリゴ糖は、腸内の善玉菌を活性化させる効果があり、腸内環境が整うことで、多くの女性たちを悩ませる便秘や下腹がぽっこりと出た状態を解消してくれます。

そして便秘が解消すれば体のめぐりが良くなって、にきびや吹き出物などの肌荒れも予防してくれることに繋がります。

ダイエット中は食事制限でさらに甘いものも我慢することが多いのですが、甘酒の自然な優しい甘さを上手く取り入れることで、甘いものを食べられないストレスを緩和すればよりスムーズにダイエットを続けることが出来ます。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-フード
-,

関連記事

春の食材を使って作りたい!今食べるととびきり美味しい春野菜:アスパラガス

春の食材を使って料理を作りたいと考えたとき、今食べるととびきり美味しい春野菜、それはアスパラガスです。 春の息吹が芽吹き出すスプリングシーズン、この時期の野菜は色彩豊かで、おまけに体を健康にする栄養素 …

肌の潤いを保つビタミンB6は【さんま】で摂ろう!

肌の新陳代謝に欠かせないビタミンB6は、さんまなどの魚に多く含まれています。ビタミンB6は、摂取したタンパク質をアミノ酸に分解し、タンパク質に再合成するのに欠かせないビタミンです。 肌を良い状態に保つ …

毎日食べたい!かんたん冬の鍋レシピ

冬と言えば、やはりお鍋が浮かびますね。 最近はいろいろなものを入れて食べるので楽しみも増え、また、一人鍋用の出汁なども種類が豊富にあるので気軽に楽しめます。 寒い冬だからこそ食べたくなる冬レシピで心も …

肌にいいビタミンCは【菜の花】で摂ろう!

菜の花は、栄養価の高い植物ということはあまり知られていません。どちらかというと、春の花のイメージがあります。 ビタミンCの他、ビタミンB1、β-カロテン、葉酸、ミネラルなど高い栄養価を持っています。こ …

超美味!納豆に「オリーブオイル」をちょい足し!

健康志向の高まりによって、発酵食品の需要が世界中で広がりを見せています。 発酵食品は、自然界の微生物の力を使って、新しい食品を作り上げるものですが、その力によって生み出されたものは、元の素材にはない栄 …

楽天モーションウィジェット