アメリカの海外ドラマならではのあるあるシーン10選


米国の海外ドラマを好きでよく見ているという人は多いようです。

国内ドラマとは毛色が違っているところがいろいろとありますから、非日常を楽しめますし、ワクワクやドキドキ感も大きく、ファンが多いのもうなずけます。

そんな米国の海外ドラマにありがちな様々な「あるある」がありますので紹介してみましょう。

スポンサーリンク

米国ドラマあるある

だいたいパーティーしてる

まず、よく見られるシーンと言えば、やたらとパーティーをしている光景です。

豪華な食事が用意されて、沢山の友人や家族などとはしゃぐ姿はお馴染みです。

あまりにもパーティーシーンは多いですから、どれだけ集まるのが好きなのかと思ってしまうものですし、米国はパーティーが好きというイメージを持たれている方も多いことでしょう。

ちなみにそのイメージは間違ってはおらず、実際に米国ではパーティーが開かれることがよくありますので、海外ドラマで頻出してしまうのは無理もないのかもしれません。

セクシーな女性キャラ

パーティー関連のあるあるとして、大体露出の多い女性がいることも挙げられます。

セクシーなドレスで谷間を強調するシーンもお馴染みであり、ついつい見てしまうという男性陣も多いかもしれません。

そしてセクシーな女性が主人公などを誘惑し、トラブルになるといったシーンもあるあるです。

しかも運悪く恋人などに見られてしまい大喧嘩になるのも海外ドラマの定番でしょう。

わかりやすい金持ちキャラ

金持ちが登場することもよくありますが、金持ちレベルが異常というのもあるあると言えます。

国内ドラマですと、金持ちといっても、どこかの会社の御曹司で家が立派程度だったりします。

海外ドラマも、親が会社をやっていたり、本人が実業家などで金持ちという設定がありますが、その金持ちレベルが高すぎなのです。

家があり得ないくらにゴージャス、運転手付きの高級車、高級クラブなどを持っている、億単位のお金を簡単に動かすなどなど、分かりやすい金持ちが登場することがあります。

自宅の庭で芝刈り

続いてよくあるのが芝刈りをするシーンです。

米国では個人のお宅でも敷地が広いこともありますから分からないでもないものですが、しかし芝刈り機で庭の手入れをしている様子がよく見られます。

そして芝刈りをしているシーンで、何かしらの展開が起こるのも定番でしょう。

例えば隣人や向かいの家の人と他愛のない挨拶をしたり、家の中から家族の悲鳴が聞こえる、会いたくない人物が突然車でやってきてトラブルになるなどもありがちです。

アル中のキャラ

アルコール依存症の登場人物の存在も海外ドラマでよくあります。

堂々と真昼間からお酒を飲む人もいれば、緊張状態になった時に手を震わせながら隠れて飲んだりと、何かとこういった人物が出てくることが多いです。

そんなシーンに加えて目立つのが、アルコールをきっかけにトラブルになることです。

例えば夫や妻、子供などに飲み過ぎを注意され、そこからケンカに発展することがあります。

しかも派手なケンカで家庭が崩壊してしまうのではないかとハラハラさせる展開もありがちです。

ですが最終的にはアルコール依存症を克服するなどして仲良くなって終わり、ということも多いです。

カウンセラーに相談する

カウンセラーに相談をするシーンもお馴染みでしょう。

椅子に深く腰掛け足を組んでいるカウンセラーに対し、涙ながらに相談をする様子もよく描かれています。

日本ドラマでは、よほど精神的に病んでいる登場人物でもいないとカウンセラーは出てこなかったりしますが、海外ドラマでは簡単に出てきます。

わかりやすいニューハーフキャラキャラ

ニューハーフの登場人物の存在もあるあるです。

主人公などに対してウィンクをして気持ち悪がられるというシーンもよくありますし、インパクトのある登場人物の割にそこまで出番が多くなかったりと一発屋のような存在になっていることも多いです。

ちなみにニューハーフがたまに本気で怒るシーンもあり、その後に照れ臭そうに元のニューハーフキャラに戻ったりもします。

子供の外出禁止命令

外出禁止命令も海外ドラマでよく見るシーンでしょう。

例えばホームドラマでは非行少年や非行少女が出てくることも多いですが、トラブルを起こした子供に対して親が命令するのが外出禁止です。

何かと外出禁止にしますので違和感なく見てしまうものですが、日本ドラマではなかなかないシーンと言えるのではないでしょうか。

ド派手な爆発炎上

海外ドラマと言えば、盛大な爆破や炎上シーンもあるあるの定番と言えます。

特に犯罪ドラマ系は、とりあえず車や家などを爆破したり燃やすシーンがよく見られ、規模の大きさを感じられるものです。

しかも何度もそういったシーンが出ますので、どれだけ物を破壊するのが好きなのかと感じてしまうところでしょう。

PCオタクやハッカーが有能すぎる

PCオタクやハッカーのレベルが異常に高いのも海外ドラマの特徴です。

セキュリティー関係の情報に非常に詳しく、しかもそれを解除する手段までも知っていたりします。

相手が国だろうと平気でガードを突破しますし、しかもそれを短期間でやり遂げるのが凄いところです。

最後に

海外ドラマならではのあるあるは沢山ありますが、基本的には痛快且つ爽快に分かりやすく描かれていますから、見ていてスカッとするところが日本でもウケているのでしょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-エンタメ, テレビ・動画
-,

関連記事

日本アカデミー賞で主演女優賞を受賞した女優と作品について

日本映画の最高峰といえば日本アカデミー賞です。 2017年の今年は第40回という節目でもあります。 さまざまなカテゴリーから最優秀賞が選ばれるわけですが、とくに注目度が高いのは主演女優賞ではないでしょ …

吹奏楽の演奏におすすめの曲まとめ

吹奏楽は、早ければ小学校の頃から、一般的には中学校のクラブ活動を契機として、これを体験することが多いものです。 そして役割としては、何らかのスポーツイベントの行進の際に演奏することが多く、行進曲から体 …

アニメ化されているオススメ漫画3選

漫画がアニメ化されることはよくありますが、比較的最近の漫画でおすすめの作品を3つ紹介します。

歌ネタ・リズムネタがおもしろいお笑い芸人は?

歌ネタは覚えやすさと分かり易さが魅力なので、若い人たち、特に子供に受けるネタが多いことも特徴です。 一度ヒットすればお茶の間の人気者になれることから、歌ネタやリズムネタを取り入れている芸人さんは一気に …

海外ドラマと日本ドラマのストーリーの違いとは?

昔に比べて日本ドラマは視聴率が伸び悩み、あまり爆発的なヒットをするドラマが少なくなってきています。 その一方で、日本国内での海外ドラマの人気は高く、一つのカルチャー分野としての地位を築いています。 で …

楽天モーションウィジェット