地元民おすすめ!千葉県旅行の穴場スポット3選

千葉県を旅行すると、地元民でしか知らないようなスポット、いわゆる穴場スポットというものが存在します。

人もそこまで多くなく、それでいて楽しめるところが多いため、千葉県を旅行する際にはそういったスポットを回ってみたいものです。

スポンサーリンク

穴場スポットに行ってみよう

1.海水浴をするなら沖ノ島海水浴場


千葉県館山市の海水浴場は何か所か存在しますが、館山駅すぐ近くにある北条海岸というのが人気スポットになりがちであり、ホテルや旅館からも近いことからここに多くの観光客が集まることになります。

しかし、地元の人はこうしたところで遊ぶことはしません。

地元の人は沖ノ島海水浴場で遊ぶのが一般的です。

沖ノ島は無人島であり陸続きとなっているため、簡単に行くことができます。

素潜りなどもできるため、思う存分遊びたい人にはおすすめです。

海で海水浴をするような場合、観光客が大勢いるとそれだけで疲れてしまいますが、沖ノ島海水浴場はまさに穴場であり、旅行者もこの場所の存在を知る人しか来ようとせず、たいていは北条海岸で遊ぼうとします。

沖ノ島は1時間近くで1周することができるような小さな島になっており、冒険心にくすぐられた子供などが遊んでおり、安全に注意を払った上で遊んでもらえば、子供も満足すること間違いなしです。

また、釣りのスポットとしても人気であり、釣りの旅行を千葉県でするという場合でもおすすめです。

夏の時期になると海の家が登場し、簡易トイレなども設置されますが、車で通りかかっても意外とスルーされやすく、何度か館山に旅行で来ているという人でもあまり足を運ばないようなところです。

海水浴に出かけたいという場合、九十九里などの千葉県で有名な海岸にはいかず、沖ノ島海水浴場のような穴場で遊ぶことをおすすめします。

館山市内の海水浴場

2.意外と穴場な東京ドイツ村


千葉県のテーマパークといえば東京ディズニーリゾート、もしくはマザー牧場というのが知られていますが、東京ドイツ村も千葉県にあるテーマパークであり、楽しめるスポットがたくさんあるのに実は穴場になっているという部分があります。

ドイツ村ということもあり、ドイツの田園地帯をメインにしたテーマパークです。

何と言ってもパターゴルフ場が108ホールもあるなど、その多さに驚くばかりか、ほかにも負けないものを持っています。

例えば、冬に開催されるイルミネーションでは、園内全体がイルミネーションで装飾され、幻想的な雰囲気を醸し出します。

観覧車に乗りながら園内のイルミネーションを見れば大人でも子供でも興奮することは間違いなしです。

一方、芝生も管理が行き届いており、寝ころぶこともできれば、芝の上で走り回ることができ、万が一転倒しても大きなけがにはなりにくいのも特徴です。

子供をノビノビと遊ばせるなら東京ドイツ村が最高の場所となります。

東京ドイツ村には動物も存在します。

モルモットやミニブタと触れ合うことができたり、ヤギやうさぎなどにえさを与えることも可能です。

また、犬を連れて行き、ドッグランなどで遊ばせることもできるため、普段犬をなかなか散歩させられないような場合でも、犬を連れだし、東京ドイツ村で遊ばせることができるなど、ペット同伴で旅行するような場合でも東京ドイツ村は楽しめること間違いなしです。

東京ドイツ村

3.動物に触れあえる千葉市動物公園


ある時期、レッサーパンダが立ち上がったということで多くの観光客が訪れたのが千葉市動物公園です。

今もこうしたレッサーパンダやミーアキャット、カピバラのような草食動物に触れあうことができるため、子供などにも大人気となっています。

敷地の広さはかなり広く、動物もノビノビとしており、それを見る人間の心ものんびりした感じになりがちです。

小動物などがメインとなりますが、それでも飽きることなく公園内を散策することができます。

最大の特徴は動物のお食事の時間を知らせてくれるというものです。

そのため、この時間にレッサーパンダが食事をする、カピバラが何かを食べるというのがアナウンスされるため、それに合わせて行動をすることができ、その瞬間を見逃してしまうということがありません。

春になればお花見も楽しむことができることから、どの季節に行っても楽しめ、しかもモノレールでも高速道路のインターからもすぐ近くにあるため、すぐに行くことが可能です。

千葉市にあるため、行く道中、もしくは千葉市動物公園で楽しんだ帰りに千葉で買い物をするということもできれば、千葉市にある他の施設に足を運ぶことも1つの手です。

こうしたところに足を運ぶのは地元の人が多いため、観光客がわざわざ訪れることも今はそんなにありません。

動物に触れあうならマザー牧場や市原ぞうの国などが浮かぶ中、小動物に会いに千葉市動物公園に行くというのもありです。

千葉市動物公園

最後に

メジャーなところに足を運びがちですが、メジャーなテーマパーク、観光地に隠れ、ひっそりとたたずむ場所の方が実はノビノビできて楽しいものです。
こうしたところを探し出し、それを軸にして旅行の計画を立てるというのも面白く、おすすめします。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-国内旅行, 旅行・レジャー
-, , , ,

関連記事

夏休みに家族で旅行したい富山県のおすすめスポット3選

日本海側にある富山県には、見ごたえのある世界遺産や幻想的な景色が広がるスポットがあり、親子揃って楽しめます。 夏休みの旅行でどこに行こうか迷っている時は、魚介類やごはんが美味しい富山県に足を運んでみて …

静岡県のおすすめ温泉地3選

静岡県は東京と名古屋の中間地に位置しており、車でもバスや電車などでも行きやすいエリアになります。 週末にちょっと日帰りで出かけるにも、泊りがけで出かけるにも最適です。温泉地も数多くあるので、癒しを求め …

アメリカ・モンタナ州のおすすめ観光スポット

アメリカのモンタナ州を観光するなら、「イエローストーン国立公園」はおすすめです。モンタナ州やアイダホ州、ワイオミング州にまたがって位置する国立公園で、アメリカでも偉大なアイデアと呼ばれている国立公園の …

世界遺産・知床のおすすめ観光方法

自然遺産として登録されている北海道の知床はまさにここでしか見られない動物や植物が多く、一度は行ってみる価値があります。 しかし、実際に旅行で観光するとなったらどこを見たら良いか悩みますよね。 北海道の …

イルミネーションがオススメ!「西武園遊園地」のみどころ

どこか旅行に出かけようと思った時に、行き先に迷ったら、気軽に遊びに行くことができる、西武園遊園地を選んでみてはいかがでしょうか。 遊園地は、子供から大人まで楽しむことができるテーマパークであり、誰もが …

楽天モーションウィジェット