たるみ・しわの予防になる食品は?


若いころはあまり気になることはないですが、加齢とともに頬がたるんできたと感じるようになりませんか?

また、ほうれい線が気になったり、目元や目尻などにしわが目立つようにもなるでしょう。

加齢には勝てないと嘆く必要はありません。
たるみ・しわの予防や改善が期待できる食品があります。

毎日の食生活の中にうまく取り入れて若々しい肌を維持したり、取り戻してみませんか?

スポンサーリンク

たるみ・しわに期待できる食品

なぜ、たるみ・しわが気になるのかというと、乾燥や加齢によって体内で作るコラーゲンの量が減ったことが考えられます。

若いころはあまり乾燥しなかったけれど、最近は肌の乾燥が気になっていませんか?

コラーゲンの生成が減っていることだけではなく、セラミドやヒアルロン酸などが減少していることも原因の1つです。

まずは、肌のハリや弾力にもかかわってくるコラーゲンの生成を促してくれる食品を摂取しましょう。

意外と知られていないかもしれませんが、コラーゲンはたんぱく質の一種です。

だから、たんぱく質を多く含む食品も食べるようにしましょう。

ただし、たんぱく質を単体で摂取するのではなく、ビタミンCと鉄分も一緒に摂取したほうが良いです。

これらをまとめて摂取することで、どんどん新しいコラーゲンを生成できます。

しかも、質の良いコラーゲンが生成できるので、なるべくビタミンCと鉄分、たんぱく質を一緒に摂取するようにしましょう。

ビタミンC

ビタミンCが入っている食品を意識して食べるとたるみ・しわ予防に効果的です。

野菜や果物に多く含まれています。

ビタミンCにはコラーゲンの生成を高める働きがあるので、なるべく野菜や果物が不足しないようにしてください。

現代人は野菜も果物もかなり不足していると言われています。

野菜なら1日350g、果物なら1日200g食べるようにと言われていますが、全年代で不足しています。

若年層のほうが不足している人が多いので、これからたるみ・しわで悩まなくて済むようにするためにも野菜や果物を積極的に食べましょう。

鉄分

女性が不足しがちと言われている鉄分も意識して食べるようにしましょう。

鉄分と言えば、貧血予防のイメージが強いでしょうけれども、たるみ・しわにも効果的です。

実は、鉄分にはコラーゲンの合成に必要なアミノ酸を作る働きがあります。

鉄分を補うことで、質の良いコラーゲンが体内でどんどん作り出されるようになるので、不足しないように気を付けてください。

特に女性は生理があるため、鉄分が不足しがちです。

1日12gを目標に摂取しましょう。

ひじきに鉄分が豊富だと言われていますが、昔はひじきを作る過程で鉄の鍋が使われていたためです。

今では鉄の鍋があまり使われなくなっていますので、ひじきでも良いですが、レバーやカツオなどのほうが良いかもしれません。

小松菜やホウレン草なども良いでしょう。

お湯を沸かしたり調理するときに、鉄のやかんや鍋を使うと鉄分が溶け出すので、手軽に鉄分をたっぷり摂取できておすすめです。

たんぱく質

たんぱく質が多く含まれている食品は、卵や大豆、鰹節、ゼラチンなどです。

これらと以上で紹介した食品を組み合わせて食事をすれば、質の良いコラーゲンがどんどん生成されるので、たるみ・しわ予防が期待されます。

また、大豆製品には女性ホルモンと似た働きをするイソフラボンが入っているので、意識して食べるようにしましょう。

イソフラボンには保湿効果があります。

肌が保湿されることで、乾燥によるたるみ・しわができにくくなるからです。

加齢によって女性ホルモンが減少してしまいますから、大豆製品を毎日の食事に取り入れましょう。

コラーゲン

自分でコラーゲンを生成することができますが、食品で摂取してもかまいません。

コラーゲンがたっぷり含まれている牛すじがおすすめです。

また、鳥の皮にもコラーゲンが豊富に含まれています。

鶏肉を食べるときは、皮も一緒に食べるようにしましょう。

最後に

意外とたくさんの食品に、たるみ・しわ予防効果があることがわかりました。
これらを毎日、コツコツと食べ続けると良いでしょう。

どんなタイミングで食べるとより効果が期待できるのかというと、夕食です。
肌は、夜寝ている間に作られると言われていますので、夕食で食べたほうが良いでしょう。
もちろん、バランスの良い食事が一番ですので、偏りすぎないようにしてください。
また、コラーゲンなどが含まれているからと言って、あまりカロリーが高い食品を夕食で食べてしまうと肥満につながってしまうので気を付けてください。

スキンケアや美容サプリの力も借りながら、食事でうまく取り入れてみてください。
そうすると、いつまでも若々しい顔を保つことができるかもしれません。
効果には個人差がありますが、食品からであれば安心できますし、続けやすいのでより効果を感じやすいかもしれません。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-ビューティ, フード
-,

関連記事

花粉症は食べ物で悪化もする!食べると悪化する食べ物「ファーストフード」

ファーストフードは、カロリーが非常に高く、満足感を得られやすい食品です。 肉・揚げ物が多く、空腹時には、たまらなくおいしいものですが、トランス脂肪酸が多く含まれているのです。

簡単スイーツ♪【フレンチトースト】の作り方!

スイーツ大好き女子はもちろんのこと、小さなお子さまからシニア世代まで幅広く好まれているフレンチトースト。 一流ホテルの朝食や、おしゃれなカフェで楽しむティータイムにも登場する一品ですが、実はご家庭のキ …

毎日食べたい!飽きないホットサラダのアレンジ法「蒸す」

一日に必要な野菜の量は、350gといわれていますが、実際に野菜をサラダだけで取るとすると、大変な量になります。 もちろん、色々な料理に含まれている野菜も少なからずあるので、全てをサラダからとる必要もあ …

醤油で菌活しよう!

菌活とは、発酵食品を接触的に食べて、身体の内側からキレイになろうという活動のことです。 醤油も発酵食品の一つです。

肌の潤いを保つビタミンB6は【柿】で摂ろう!

肌の潤いにも役立つビタミンB6も含む柿には、健康的で美肌にも役立つ栄養がたっぷり入っています。 際立って多く含まれるのはビタミンCであり、βカロテンも含むので、皮膚や毛髪なども美しくする栄養で満たされ …

楽天モーションウィジェット