通勤・通学時間の合間に出来る!おすすめスマホパズルゲーム3選

現在はスマートフォンが広く普及し、ゲームアプリで遊んでいる方も多いのではないでしょうか。

通勤や通学などのちょっとした時間でも遊べるパズルゲームを紹介します。

スポンサーリンク

おすすめのゲームとその特徴

1.パズル&ドラゴンズ

スマホで遊べるパズルゲーといえば、少し前に一世を風靡した「パズドラ」でしょう。
今は、他の同ジャンルアプリに差を縮められてしまっていますが、自他ともに認める王者と言っても良いでしょう。

パズドラの特徴は、「一筆書きでパズルを完成させる」というところです。
例えば、自由な位置に入れ替えができるシステムならば、子供や初心者でも比較的簡単に遊ぶことができます。
しかし、一筆書きをしなければいけないシステムによって、「頭を使って考えないと上手な動きが出来ない」ということになります。

何のキャラクターを持っているのか、どのようなパーティー編成をしているのかなどによっても攻略難易度は変わってきますが、いわゆる「ガチャゲー」と呼ばれるものの様に、「強いキャラクターを手に入れない限りは攻略が頭打ちになってしまうことがない」というのは、パズドラが長きにわたって支持されている大きな要因と言えます。

クエスト時間はそれぞれで異なり、長い場合は10分以上かかることもあります。
通勤や通学中に気軽にできるかどうかという不安を感じてしまうかもしれませんが、何も「必ずクエストをクリア(リタイア)しなければ終わることができない」ということではありませんから、途中でスリープ機能を使って中断することもできます。

プレイ中は基本的にスマホの画面を注視することになってしまうため、徒歩、自転車や車などを運転している時はプレイすることができません。
電車やバスなどで通勤・通学しているならば、周囲の目を気にする必要はありますが、存分に楽しむことができます。

パズル&ドラゴンズ

パズル&ドラゴンズ
無料
posted with アプリーチ

2.ディバインゲート

従来のパズルゲームは、「コマを移動する」「同色を並べる」「一筆書きをする」といったシステムになっているものが多くありました。
その傾向は現在でも変わっていませんが、「ディバゲ」に関して言えば、従来の概念からは大きく変わっています。

ディバゲのプレイ方法は、「5つの箱に順次追加されるアイコンを入れていく」という形です。
初期状態で5つのアイコンが表示されていて、その上に5つの箱(アイコンを移動させる場所)があります。
1つの箱には4つのアイコンをしまうことができ、その組み合わせによって通常攻撃やスキルを使い分けていきます。

アイコンには「属性」があり、炎、水、風、光、闇、無の6つで構成されています。
この属性を持つアイコンを移動させると、その場所に新しいアイコンが追加されていきます。
瞬時にアイコンの種類と組み合わせを判断し、適当な箱の中に移動させるだけのゲーム性ですが、わずか5秒の間に20個のアイコンを組み合わせながら移動させるのは、決して簡単なことではありません。

思い通りに組み合わせができた時の爽快感、強敵を「実力でねじ伏せた」と感じられた時の達成感は、パズルゲームのヘビーユーザーでも大いに楽しめます。

また、ディバゲにはもう一つ大きな特徴があります。
それは、「スタイリッシュ」です。
キャラクターの絵はどれも個性的ですが、男女問わず思わず「カッコいい」「かわいい」と言ってしまうものです。

幻獣や騎士など、いかにもファンタジーらしいテイストのキャラクターももちろん良いですが、アニメ感あふれるキャラ絵になっているところも、ユーザーの好感を得るポイントです。

ディバインゲート

ディバインゲート
無料
posted with アプリーチ

3.ディズニーツムツム

今やパズドラと並ぶほどに人気がある「ツムツム」は、老若男女問わず楽しめるパズルゲームです。

基本的なルールは、同じ種類のツムを指でなぞって繋げて消すだけです。
ひとつひとつのツムをタップして消すこともできますが、できるだけ多くのツムを繋げて消した方が高得点を獲得できます。
登場するツムは、パーティに組み込んでいるものに限定されます。

特定の点数を出したり、随時追加されていくミッションをクリアすることでランクアップしていき、次々に難しくなっていくステージを攻略することが目的です。
RPGテイストを含んだパズルアプリとは違い、「どれだけうまくパズルができるか」を競います。

オンラインで日本中のユーザーと競争することができるので、従来のコンシューマー型と違ってマンネリが少なく、常に新しいチャレンジができるあたりもユーザーから高評価を得ている理由です。

特に難しいミッションをクリアするためには、高得点につながりやすいツムをパーティに編成するのが正攻法ですが、必ずしもその方法でなければミッションを達成できないということではありません。
むしろ、いかに脆弱なキャラを使って難しいミッションをクリアするのかが楽しみの一つであり、その為に試行錯誤していく過程が醍醐味です。

ある程度、思考が成熟してきた年代向けのアプリとは違い、小さい子供が「感覚的に操作できる」という点に加え、登場するキャラ(ツム)がどれも有名で可愛らしいものばかりという点も、長きにわたって人気を維持し続けられる要因といえます。

「子供向け」と侮るなかれ、パズル自慢の大人でも「難しい」と感じられるミッションがあります。

LINE:ディズニー ツムツム

LINE:ディズニー ツムツム
無料
posted with アプリーチ

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-ゲーム, ホビー
-

関連記事

コスプレの強い味方!”クラッセ”のウィッグはどんなキャラにおすすめ?

「クラッセ」は、、コスプレ専用のウィッグを主に扱っており、他にもオリジナルのカラコンや衣装、そしてミニアイテムなど様々な商品を取り揃えています。 利用者の間では「髪質が硬く、絡まりやすい」といった短所 …

今プレイしても楽しめる!プレイステーションの名作ゲームソフト3選

初代プレイステーションの名作ソフトは今遊んでも十分に楽しめます。

少人数からでも使える!東京のおすすめコスプレスタジオ「HACOSTADIUM cosset 池袋本店」

「HACOSTADIUM cosset 池袋本店」は、コスプレなどのイベント感覚で気軽に利用したり、スタジオ撮影によるクオリティを体験できる、コスプレアミューズメントスタジオです。 リーズナブルな価格 …

移動中やすきま時間にぴったり!手軽に遊べる携帯ゲームが人気の理由

ゲームと言えば、以前はどこかオタク的な趣味だと言われていましたが、今では老若男女を問わず、みんなが自然と楽しむ娯楽になりました。 アウトドアブームの昨今ですが、インドアな趣味もまた楽しいものです。 ま …

いま振り返りたい家庭用ゲーム機の歴史:バーチャルボーイ

バーチャルボーイは1995年に任天堂から発売されたゲーム機です。 しかし、販売期間がそれほど長くなかったために、名前は聞いたことがあるけれど、実際にはプレイをしたことが無いという人も多いでしょう。

楽天モーションウィジェット