自分だけの世界を表現!アクアリウムの魅力と始め方


2003年のファインディング・ニモに引き続き、昨年はファインディング・ドリーが大ヒットしました。

今まで、ペットといえば犬や猫、ハムスターなどの小動物が人気でしたが、ここ数年、魚の飼育を中心としたいわゆる「アクアリウム」が人気となりつつあります。

ここでは、海水魚の飼育と淡水魚の飼育に分けて、どの様な飼育方法があるのか、魅力は何か、また注意すべき点は何なのかをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

いつまで見てても飽きないアクアリウム

一言にアクアリウムといっても「淡水魚」と「海水魚」の2つがあります。

読んで字の如くではあるのですが、淡水魚とは、湖や川に生息する魚の飼育が中心となります。
海水魚では、海に生息する魚の飼育が中心となります。

淡水魚は綺麗な水、あるいは汽水と呼ばれるやや塩分を含む水での飼育です。
海水魚は、基本的には1リットルの水に塩分とミネラルを約33g含んだ水での飼育となります。

それぞれ飼育する水の性質が違いますし、両方ともに生活習慣も違ってきますから、飼育も同じ方法で行うことはできません。

小型淡水魚だと10センチ四方の水槽で数匹の飼育から、海水魚だと30センチ程度の水槽で数匹の飼育から始めることができます。

海水魚は比較的カラフルな魚も多く、また一部の魚を除き単独行動を好む魚が多いですから、複数の魚を飼育したい人に向いてると言えるでしょう。

一方、淡水魚は過密飼育に強いため、同じ種類の魚をたくさん群れて飼いたい人に向いているといえます。

最近は水草をメインとし、魚はその脇役とすることで、独特の世界観を打ち出している人さえいます。

海水魚アクアリウムの始め方

海水魚のアクアリウムで難しいのは、水槽の大きさと飼育する魚の数のバランスです。

また、普段は広大な海に生息している魚がほんのわずかな海水で生活することになりますから、飼育水を常に綺麗な状態にすることが重要となります。

アクアリウムショップに行くと様々な初心者キットがありますが、予算が許すのであれば、60センチ水槽で、初めは魚1~2匹程度で始めるのが良いでしょう。

・初心者におすすめの種類

専門店では目移りするほどカラフルな魚がたくさん泳いでいますが、飼育の容易さ、知名度からいえば、やはりカクレクマノミの飼育から始めるのがいいと思います。

あるいは、テストフィッシュとして人気の高いコバルトブルーのデバスズメダイ、ちょっと変わったいでたちのプラデコポン・カウデルニーを入れて、しばらく様子を見るのも悪くありません。

これらの魚はカクレクマノミとも協調性が高いので、後々喧嘩することもありません。

カクレクマノミの飼育だけであれば特に隠れ場は必要としませんが、もしショップに「ライブロック」と呼ばれる岩があれば、隠れ家ができる様な岩を数個買って入れてあげると良いと思います。

・餌について

一般的な餌で構いません。

種類も豊富ですが、水槽が小さいうちはなるべく水を汚しにくい餌をあたえ、食べ残しが内容に給餌するのがコツです。

・飼育水について

1週間に1回、水槽の3割程度を交換するのが目安となります。

本来は水道水に含まれる塩素(いわゆるカルキ)を抜く専用の機材が必要ですが、カクレクマノミの様な上部な魚の場合だと、一晩汲み置きした水道水でも大丈夫です。

飼育に慣れてくると、サンゴを入れたり、魚を増やしたりしたくなりますが、その場合は機材の増強を考えた方がよいでしょう。

淡水魚アクアリウムの始め方

淡水魚のアクアリウムは、基本的に海水魚に比べて神経質になる要素は少ないですが、目指す方針によって揃える機材は異なります。

・機材について

もし、近くの川で採取したメダカや、ネオンテトラ数匹でよければ、金魚鉢と酸素を出してくれる魚、それに適当な日光があればあとは餌を与えるだけで飼育できます。

特にメダカは繁殖力が強いので、ある一定の水温を保てば、水草に卵を産み付け、どんどん繁殖してゆきます。

もし、ネオンテトラを数十匹、具体的には30~50匹購入したい場合には、やはり水の浄化装置が必要となります。

浄化装置といっても数千円程度ですので、水槽の大きさにあった浄化装置を取り付け、フィルターを2~3週間おきに交換する程度で大丈夫です。

・餌について

淡水魚でも、飼育水が汚れる主な原因は給餌によるものです。

従って、餌を与える時には食べている様子をよく観察して、やや少なめに与えた方が良い環境を保てます。

・混泳について

このレベルの淡水魚になれば、プラティの飼育も楽しくなってきます。

最近はミッキーマウスプラティの様に、品種改良によって尾びれに模様が入っている種類、色とりどりの種類がいますから、それらを混泳させるのも良いでしょう。

また、コケ掃除対策として、オトシンクルスという底物の魚を入れておくと、コケだらけだった水槽が本の数日でピカピカになりますから、ぜひ検討してみてください。

ただし、最近はやりのベタの様などう猛な魚や肉食魚は一緒に飼わない様に注意しましょう。

どの魚が相性いいのかは、ある程度取り揃えているショップでは熟知していますから、アドバイスを受けると良いでしょう。

最後に

これだけ魚が増えてくると、今度は後景として水草を入れたくなりますね。

しかし、水草の飼育にはまた違った機材やテクニックが必要となりますから、別の機会にご紹介します。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-趣味
-

関連記事

運動不足解消!ウォーキングを始めよう

運動不足解消に気軽に始められるのがウォーキングです。 ただ、ウォーキングは一人では味気ないこと、続けることが難しいこと、飽きやすいことなどが難点です。 ウォーキングを楽しく継続させるポイントを紹介しま …

自分のセンスや感性で!手芸を習ってみよう

昔からある女性の定番の趣味と言えば手芸です。 手芸と言っても色々なものがあって、今はヨーヨーキルトや簡単にできるプラバンアクセサリー、ビーズアクセサリーなどが人気です。 手芸は自分一人で独学からでも始 …

家にいるのが楽しくなるインドア派の趣味:裁縫

インドア派の人は何か自宅で出来る趣味があると、家にいる時間がもっと楽しくなりますね。 趣味と言っても数多くありますが、その中でも裁縫はどうでしょう?

苦手を克服!カラオケでラップを上手く歌うコツとは?

カラオケで歌いたい曲はあるけれど、ラップが入っていて歌えない、うまく歌えなくて恥ずかしいという方もいるでしょう。 そんな方のために、ラップを上手く歌うためのコツやポイントを紹介します。

婚活中におすすめ!ねこカフェが趣味だと出会いが広がる

ねこ好きな人は「ねこ好きには悪い人はいない」と考えている人も少なくありません。 ねこ=平和というイメージがあるので、飼い主もそうだろうということです。 実際、ねこカフェ巡りが趣味の人は出会いが広がる可 …

楽天モーションウィジェット