新しいイベントが見逃せない!すみだ水族館のおもしろさ

すみだ水族館
東京への旅行の際や海外の人たちが東京へ旅行をする際にも、人気のスポットの一つとなっているのがすみだ水族館です。

近年では各旅行会社でも取り扱いが多く、バスツアーに組み込まれていることも多く見られます。

すみだ水族館は、東京スカイツリータウンにある、関東でも非常に人気のある水族館の一つです。

館内にはさまざまな魚やペンギン、話題となったチンアナゴなど、様々なかわいい生き物たちがたくさんいます。

そして館内にはカフェも併設されているので、大きな水槽を眺めながら、軽食をとったり、ドリンクを飲んで休憩することもできます。

今回は、そんなすみだ水族館のおもしろさをご紹介いたします。

スポンサーリンク

すみだ水族館で楽しもう

水族館の中に入り階段をあがっていると、アロマの良い香りが広がってきます。

階段をあがったうえには自然水景というコーナーが広がっています。

ここでは水を取り巻く自然の景色が水槽に凝縮されているのです。

自然の景色ということで水槽の中には緑が広がり、ここを眺めているだけでもかなりいやされるといえるでしょう。

パルマの良い香りが広がっているので、とてもリラックスできる空間となっています。

好きな順路で見学できる

すみだ水族館のおもしろさとして、順路が存在しないということもあげられます。

たいていの水族館や動物園などには、ほぼ順路が決まっていて、順路を指し示す看板が至る所に立っています。

その順路に沿って見て回るのが当たり前のようになっていますが、すみだ水族館にはこの順路が存在していないのです。

すべてを見て歩く必要はなく、好きな水槽を好きな順番で、好きなだけ楽しむことができるのです。

この方法であれば混雑している土日や祝日であっても、順路に関係なくあいている水槽を楽しむことで、無駄な待ち時間が必要なくなるでしょう。

見どころ1:ペンギン

そしてすみだ水族館のおもしろさといえば、ペンギンといえます。

国内最大級のプール型水槽には、たくさんのペンギンたちが泳いでいます。

この水槽の水量は約350トンにものぼるということで、国内では最大級となっています。

飼育員によるえさやりタイムを見ることができたり、ペンギンたちを間近で観察することができます。

近年では、目の前で泳ぐペンギンたちを写真にとり、SNSにアップするという人も非常に増えています。

1月から3月はペンギンたちが年に一度、恋をする季節であるといわれています。

そのためこの時期になると、ペンギンプールは恋する水族館に変身します。

数多くのカップルとなったペンギンが寄り添う姿を見ることができるでしょう。

またこれに合わせて様々なイベントも行われています。

期間が決まってはいますが毎週土日には、おやすみペンギンカップルというイベントが行われています。

これはペンギンのカップルたちを、双眼鏡で観察できるというプログラムです。

参加対象となるのは高校生以上の女性もしくはカップル限定となっているので、カップルで訪れた際にはぜひ参加してみたいところです。

見どころ2:クラゲ

すみだ水族館のおもしろさといえば、クラゲも忘れてはいけません。

ここではたくさんの種類のクラゲを鑑賞することができます。クラゲのいる水槽では照明に工夫が見られ、いろいろな色に変化するので、それに応じてクラゲの色も変化します。

じーっとみていると、とても幻想的で不思議な感覚になることでしょう。

クラゲは数億年前から姿を変えていない生物といわれています。

ゆったりと漂うその姿は、非日常的な気分を味わうことができるでしょう。

クラゲ水槽の見どころの一つに、クラゲ万華鏡トンネルというものがあります。

これもほかの水族館にはないおもしろさがあり、まるで別世界のような空間を味わうことができます。

全長50メートルのスロープの壁と天井には約5000枚の鏡が張りめぐらされ、万華鏡のような空間を作り出しています。

トンネル内は照明により演出がなされているので、また違った表情のクラゲをみることができるでしょう。

見どころ3:チンアナゴ

すみだ水族館は、ペンギン、クラゲが有名ですが、本当のおもしろさともいえるのがチンアナゴでしょう。

サンゴ礁の海をテーマにした水槽には、たくさんのチンアナゴが顔をのぞかせています。

スクエア型の水槽になっているので、360度、どの方向からも鑑賞することができ、角度によっては様々な顔を楽しむことができます。

運が良ければ穴から飛び出して泳いでいる姿を見ることができるでしょう。

見どころ4:江戸リウム

そしてすみだ水族館といえば、江戸を感じられる空間である江戸リウムも忘れてはいけません。

他の水族館にはない、水族館と江戸がコラボレーションされています。

テーマに沿って二つのエリアに分かれていて、江戸前の水生生物マダイなどが泳ぐ水槽の背景には、江戸時代の絵師である葛飾北斎の浮世絵が描かれています。

ペンギンカフェもおすすめ

最後にご紹介するのは、水族館ならではのメニューがあるペンギンカフェです。

大きな水槽を眺めながらちょっとした休憩をすることができ、そのメニューにもおもしろさがあふれています。

青い海に浮かぶペンギンを意味しているペンギンフロートや、カラフルな光るわたあめ、青く光る幻想的なブルーライトカクテルなど、すみだ水族館ならではのおすすめのメニューが満載となっています。

最後に

カップルでの旅行にも家族旅行にも、誰と行ってもきっと楽しむことができるでしょう。

すみだ水族館公式サイト

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-旅行・レジャー
-, ,

関連記事

初詣にもおすすめな「生田神社」の歴史

兵庫県にある生田神社は、神戸市の中央区にあり、三宮駅から北西に位置し、徒歩3分ほどのところにあります。 神社のある神戸の地名は、この神社の神封戸(じんふこ)の集落であったことことから、のちに神戸(じん …

リノ(アメリカ・ネバダ州)のおすすめ観光スポット

アメリカ合衆国ネバダ州北西部に位置するリノは、人口約237,000人を擁する、ラスベガスと同様にカジノで栄えた街で、古くは金や銀の集散地でした。 また、海抜高度が1,300m、シエラネバダ山脈の観光拠 …

夏休みに家族で旅行したい埼玉県のおすすめスポット3選

お子さんのいる家庭では、夏休みにどこかへ家族旅行に行こうと言う話になるところが多いでしょう。 夏休みはお子さんにとって一年で一番長い休みですから、思い出に残るような旅行に連れて行ってあげたいと考える親 …

奈良県のおすすめ温泉地3選

歴史のある建造物が数多く見られる奈良県は、日本の文化を再認識する旅行になります。 学校の授業で聞いたことがあるお寺や、美しい風景が楽しめる写真撮影におすすめの観光地、力がみなぎってくるようなパワースポ …

自然の芸術!蔵王連峰の樹氷

蔵王連峰の樹氷は幻想的な美しさで知られています。 冬の東北を旅行するには外せないスポットの一つです。 蔵王連峰は宮城県と山形県の間に位置し、両県からアクセスが可能です。 冬場は蔵王を通っての両県の通り …

楽天モーションウィジェット