住宅建築・販売に携わる資格「建築士」

建築士になるには、国家資格を取得する必要があります。

まず国家試験に合格することが必要ですが、学歴と実務経験などの受験資格を満たしていないと、試験が受けられません。

スポンサーリンク

建設に関わりたい人は国家資格の建築士

例えば、高校の建築土木科を卒業した人ならば、そこから実務経験を3年以上積むと建築士の試験が受けられます。大学や短大、高専の土木科を卒業した場合は、実務経験1年以上で試験を受けることが可能です。

大学、短大、高専の建築学科を卒業した人であれば、実務経験なしで試験が受けられます。土木科や建築学科を卒業していない場合は、実務経験を7年以上積めば、試験資格を与えられます。実務経験の期間がかなり長いですが、これだと学歴に関係なく建築士の試験を受けられるので、この道を選ぶ人も少なくありません。

ちなみに、実務経験とは、設計会社や工務店で建築物の設計や工事管理、施工管理業務をしたり、大学や研究所で建築に関する研究や教育をすることです。実際に工事に拘らなくても、大学や研究所で建築関連の仕事をしている人も、実務経験を積んだという扱いになります。

建築士には、木造建築士、二級建築士、一級建築士の3つに分けられています。木造建築士と二級建築士は、前述の受験資格を満たせばいいですが、一級建築士になるには、二級建築士になって実務経験を積む必要があるので、簡単に取れる資格ではないです。

最短距離は、建築学科を卒業しておくことなので、最初から建設関係の道に進んで一級建築士を目指したいというのであれば、学校と学科選びは慎重に行ったほうがいいでしょう。

数学や物理などの、理数系の能力を身につけておくことが必要です。

建設系の資格の中でも合格率が低い

建築士の試験は、建設系の資格の中では合格率が非常に低いことで有名です。多くの人が目指すのが二級建築士で、ここでは建築計画、建築法規、建築構造、建築施工についての問題が出ます。

学科試験に合格すると、次に設計製図の試験を受けることができます。これに合格すれば晴れて二級建築士になれます。さらに上の一級を目指すには、同じように学科試験と設計製図の2つの試験をクリアする必要があります。

合格率はしばらく1割ほどしかなく、何度も挑戦してやっと合格する人が多い難しい試験です。 二級を受験する人のほとんどが、大学の建築学科や高校の建築学科、民間の予備校の建築コースなどで学んでいます。

独学で目指す人はかなり少ないです。その理由として、設計製図の試験が行われるため、プロの目で確認してもらわないと、ブラッシュアップできないというデメリットがあることが挙げられます。

知識だけの問題であれば自分でテキストを買って勉強する方法もありますが、設計製図の課題をこなすには、プロとして活躍している建築士の目で見てもらわないと、出来上がりが良いのか悪いのか判断できない可能性が高いです。

学校や予備校に通わずに独学で学ぶつもりならば、設計製図について聞けるプロが身近にいる環境作りが必要でしょう。自分の親が資格を持っているという人であれば、親から指導を受けるということもありです。

通信講座で勉強するやり方もありますが、この場合はDVD教材で講義形式で学習するケースが多いです。設計製図は試験の重要ポイントなので、しっかり対策しておきましょう。

資格を取得するといいことがある

二級建築士の資格を取得しておけば、昇進や昇給を望むことができます。扱うことができる建物の範囲が一気に増えるので、そのぶん任せてもらえる仕事の数が増える可能性があるからです。

設計のスペシャリストとして評価されれば、重要な役職に任命される可能性もありますし、給料に資格手当がプラスされることもあります。また、取得が難しい資格ということは、それだけ就職や転職の際に有利になります。

優秀な人材だけ集めている職場では、求人条件に二級建築士と書かれていることもあるので、こういうところに就職できれば割りの良い仕事に就ける確率が高いです。管理建築士になれば、事務所を開設することができるようになるので、独立開業を目指すこともできます。

雇われていると、いつリストラされるかわからず不安ですが、独立して活躍できるようになれば、総工事費に応じた収入がもらえるようになり、やりがいが一気にアップします。

自分が書いた図面が、大工さんたちの手によって実際に建物として作られていくのを見るのは、嬉しいものです。何年仕事をしている人でも、自分の頭の中のデザインが実物になって仕上がるのは感動ものだと言います。

建物の規模によっても異なりますが、自分が死んでからも何年も生き続けて後世に受け継がれていく可能性もあります。 最近では注文住宅でマイホームを建てたいと希望する人も増えてきて、それに対応するのもやりがいになるでしょう。

図面や建物を通して人々に喜びや感動を伝えていけるのが魅力です。まだ男性が多数ですが、女性の資格合格者も増えているので、今度は女性の活躍も期待されます。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格, 国家資格
-, ,

関連記事

ニッチな外国語の資格:シンハラ語入門検定

あなたはシンハラ語を知っていますか? 南アジア、インドの南東に位置する島国であるスリランカという国で話されている言葉です。 まるでお花やカエルなどのように丸くコロコロとした世界一可愛い文字だと言われて …

将来的に独立ができる国家資格「調理師」

国家試験にはいろいろな種類がありますが、それらの資格の中には、持っていなければ仕事をすることができないと言う種類の資格も存在しています。 将来的に、独立開業することができる種類の資格の多くは、そのよう …

女性に役立つ資格:秘書検定

女性が働きつづけようと思った時に、何か強みとなるものがないと仕事が探しにくくなってしまいます。 もちろん女性ならではの強みは、細やかな気遣いができることなど、日常生活や仕事の中で培われたものがたくさん …

仕事の本質を知るなら経営から!ビジネス・経営の資格「商業経済検定」

商業経済検定とは、経済社会における一般的な知識から、経営活動に必要な知識や、生産・流通・消費・マーケティング、法律などの企業活動に関する基本的な知識を評定する資格で、年に1回実施されます。 全国の商業 …

将来的に独立ができる国家資格「建築士」

建築士には、技術を要する学校、病院、映画館などの、複雑・高度な建築物を含むすべての建物の工事・設計業務を行うことができる一級建築士、一定の規模以下の建築物の工事・設計業務を行うことができる二級建築士、 …

楽天モーションウィジェット