趣味で取れる実用的な資格:アロマテラピー検定


香りの効果は生活だけではなく、医療やエステなどのシーンでも使われています。

アロマテラピーの資格を趣味で取得しておけば、日常の癒しのシーンでも使うことができます。

スポンサーリンク

趣味から実用まで使えるアロマテラピー検定

アロマといえば癒しというイメージしかありませんが、他にも眠気を覚ましたいときにスッキリ爽やかな香りを香らせるなんてこともできます。

人間の嗅覚は原始的な感覚で、香りによって体と心に直接働きかけて認知症の治療に役立てるような方法も考案されています。

今までは若い人がおしゃれで使うのがアロマというイメージがありましたが、高齢化に伴って医療や介護の現場でも使われるようになっています。

実際、看護師が看護の質を高めるためにアロマテラピー検定を受けて資格を取ったり、介護士が高齢者の介護に活かすためにアロマテラピー検定を受けているようなケースもあります。

もちろん、仕事に使わなくても自分のためにアロマを使いたいという人が資格を取得したり、趣味として知識を身につけておきたいという人が検定試験を受けることもあります。

基礎知識を得ることで様々なシーンで香りの効果を役立てられるようになります。

さらに深く知りたい人は、上級のアロマテラピー検定の試験を受けてプロフェッショナルを目指すこともできます。

アロマテラピー検定のいいところは、専門の学校に通わなくても、公式テキストを使って独学で自宅で勉強することもできる所です。

隙間時間に勉強できるので、忙しい人でも空いている時間を使って勉強ができます。

受験資格には年齢制限がなく、10代~70代まで幅広い年代の人たちがチャレンジしています。

通信講座でも資格の勉強ができる

「アロマテラピー検定を受けたいけれども、専門の学校に通う時間がない」という人もいますよね。

そういう人にオススメなのが、通信講座です。

オリジナルテキストとDVD教材が入っているので、知識を体系的に学ぶことができます。

テキストだけだと実際の動きがわかりにくいですが、DVDで動作を確認することができるので安心です。

通信講座は種類によって教材の中身が異なりますが、初心者であれば精油のキットが一気に揃うものを選んだ方がいいでしょう。

ビーカーや収納ボックスもついてくる教材であれば、自分で一から揃えずに勉強できます。

アロマランプやアロマクッションなどの特典がついてくる教材もあるので、好きなものを選んでみると楽しいでしょう。

アロマテラピー検定のための勉強というと身構えてしまいますが、アロマを楽しむというスタンスで勉強できる環境が整えば、楽しく学ぶことができます。

初めての人向けセットとしては、だいたい精油20種類とその他の道具一式があればいいです。

最初からたくさんアロマを揃えてしまうと混乱してしまいますし、これくらいの種類ならばブレンドの勉強がしやすいので、効率よく勉強を進められます。

アロマテラピー検定は年間3万人近くが受験する人気資格で、履歴書にも書くことができます。

専門的な知識を持っているという証明になるので、職種によっては就職や転職に有利になる可能性もあります。友達や家族から頼りにされる存在になることもできます。

知っておけば様々なシーンで役立てられるので、趣味としてチャレンジしてみたいですね。

アロマテラピー検定は仕事にも活かせる

アロマテラピー検定を受けて知識を身につけておくと、趣味として日常で使えるだけではなく、仕事にも活かせるようになります。

例えばボランティアに熱心な人ならば、地域の施設や被災地でアロマテラピーを行なっているので、その活動に参加して現地の人たちを元気づけることができます。

上級の資格を取得できれば、認定スクールの講師として知識を教えたり、子供たちに香りの大切さを教える香育ということもできるようになります。

エステサロンなどではアロマを使ったリラックス施術も多いので、資格を持っていれば求人に有利になる可能性が高いです。

すでに働いている人も、これから働く人も、どちらにも有効です。

薬剤師など医療関係の人が資格を持っていることもあります。

薬局では基本的には化学的に調合された薬しか扱いませんが、アロマテラピーの香りも取り入れて地域の患者さんに接している薬局もあります。

もしこんな薬局があったら、薬だけではなく香りの効果で元気になれるかもしれませんね。

ストレス社会と言われて久しい現代ですが、アロマテラピーはそんな不安定な心にひと時の安らぎを与えてくれる存在です。

部屋にアロマランプを置いて寝つきを良くしたり、寝室で楽しんで美容に役立てたり、気分や体調に合わせて精油をブレンドするなど活用方法はいろいろです。

本格的なブレンドの知識を身につければさらにアロマの世界は広がって面白くなります。

最後に

アロマ使いの幅を広げるために、アロマテラピー検定にチャレンジしてみるといいでしょう。
香りの力と魅力を知って、生活と仕事の幅を広げられるといいですね。

アロマテラピー検定公式サイト

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-仕事・資格, 民間資格
-

関連記事

外国語を学ぶ資格:実用フランス語技能検定試験(仏検)

インド・ヨーロッパ語に属する言語の1つにフランス語があります。 英語に次いで世界で2番目に使用されており、国連や欧州連合といった国際機関の公用語としても認められています。 英語とともに世界的な活躍を目 …

仕事に役立つ英語の資格:実用英語技能検定(英検)

英検という言葉は一度はどこかで目にしたり、耳にしたりしたことのある言葉ではないでしょうか。 学校で進められて受験をした経験がある人も多いのではないでしょうか。 英検はそれだけ規模の大きい検定試験と言え …

学校事務の仕事に就きたい人におすすめの資格

いくつか種類のある中でも、ちょっと地味だけど、堅実なイメージのある学校事務。 学生の時に事務室に人がいたけど、あんまり接した覚えのない方も、多いのではないでしょうか。 そんな学校事務に就くために、おす …

秘書の仕事に就きたい人におすすめの資格

秘書といっても、単に社長の近くにいる人が秘書ではなく、多くのタイプが存在します。 それによって、ぜひとも取っておくべきおすすめの資格というものは、変化するものです。 その中でも、この資格だけは押さえて …

ニッチな外国語の資格:実用タイ語検定試験

近年では義務教育に加えて、大学での授業や社会人になっても語学を学ぶことに力を注いでいる人が増えてきています。

楽天モーションウィジェット