心も体もきれいに!アロマテラピーを始めよう

アロマテラピー
アロマテラピーは元々体と心の健康と美容を目的とされているため、美容や健康効果を求めている方には趣味としても良いのではないでしょうか。

また、リラックス効果もあるため、心の癒しを求めている方にも良いでしょう。

アロマテラピーは手軽に行えるものとして広まっていて、何か始めたいという方にもおすすめです。

スポンサーリンク

アロマテラピーで美容と健康を手に入れよう

アロマテラピーは日本語に訳すと”芳香治療”となります。

使用するアロマオイルによって効果が変わってきますが、ストレスを緩和してくれるものや気分をすっきりとさせてくれるものがあります。

お香やキャンドルの商品も多く販売されているため、使いやすく手が出やすいかと思います。

また、アロマオイルはマッサージやお風呂に入れても楽しむことができ、色々な用途として使うことができます。

アロマオイルの種類

アロマオイルの種類としては、ハーブ系、柑橘系、フローラル系、エキゾチック系、樹脂系、スパイス系、樹木系と様々あります。

ストレスを緩和し、リラックス作用があるとされているのが、フローラル系のラベンダーになります。

また、ローズの香りもリラックス効果があるとされていて、ホルモンバランスを調整する効果があると言われています。

頭をスッキリさせたい時にはハーブ系のミントやローズマリーが役に立ちます。

ローズマリーは頭をスッキリとさせて、記憶力と集中力を高めるとされています。

ASH エッセンシャルオイル10mlx5本セットA 【スイートオレンジ、ユーカリ、ラベンダー、レモン、ローズゼラニウム】

基本的なやり方

一般的な使い方としては芳香浴となり、オイルウォーマーの受け皿に水と一緒にアロマオイルを数滴入れて使用します。

受け皿の下にキャンドルを入れて火を点けると、オイルが揮発して成分と香りがお部屋に広がっていき、癒しの空間となります。

オイルウォーマーは安く購入できるので、費用を抑えたいという方におすすめです。

100円ショップでも販売されているところがあるので、試しに購入してみても良いかと思います。

ただ、火を使うため、扱う時には注意しましょう。

寝る前に行う方もいますが、誤って倒してしまった場合は火事になる恐れがありますので、十分に気をつけてください。

カメヤマキャンドルハウス ブランタルトウォーマー (フレグランスオイル・タルトワックスポプリにおすすめ)

アロマポットいろいろ

オイルウォーマー以外にも、電球の熱を使ってオイルを揮発させるものや、風の力を使用したものなどがあります。

オイルウォーマーと比べると高価ですが、火を使わないため安心です。

デザインもオシャレなものが多く、お部屋のインテリアにもなります。

風を利用するファン式のアロマブリーズは小型の商品が多いので、持ち運びが非常に便利です。

その他にも、スチーム式のものや超音波を使ったものもあります。

エニープロ ( Anypro) アロマディフューザー 超音波式 空気清浄機 ミニ卓上加湿器 ムードランプ 空焚き防止機能搭載 時間設定 部屋 会社 ヨガなど各場所用 (木目調)

もっと手軽にアロマを楽しむ方法

アロマポットがなくても大丈夫。

1.ティッシュやハンカチにアロマオイルを染み込ませる

ティッシュやハンカチを鼻に近づけて香りを楽しめます。
この時、直接オイルが肌に触れないように注意しましょう。

2.コップに熱湯とアロマオイルを入れる

湯気とともに香りを広げさせることができます。
お風呂のお湯に入れる場合は、オイルがお湯に溶けづらいため、バスソルトを使うと良いでしょう。

3.アロマオイルを使ってマッサージ

アロマオイルをキャリアオイルで希釈しましょう。
アロマの香りとマッサージで心の緊張がほぐれ、疲労を取り除く働きもあります。
マッサージは血行を良くして身体の老廃物を促すため、肌がつやつやになる美容効果もあります。
多くのサロンでも行われているため、自宅で行うのが面倒という方はサロンを利用しましょう。

アロマオイルの注意点

アロマオイルの原液が皮膚についてしまったら、すぐにお湯や水で洗い流すようにしましょう。

肌にとっては刺激となるため、肌トラブルの原因となってしまいます。

また、口に入って飲んでしまったという場合は、病院に行って医師の診断を受けたほうが良いでしょう。

オイルは燃えやすいため、引火する恐れもあるので、火気のある場所や直射日光も避けたほうが良いでしょう。

もっと本格的にやるなら資格取得も

アロマについてもっと詳しく知りたいという方は、アロマテラピー検定を受けてもいいでしょう。

趣味が仕事となる方も多いので、アロマに関する仕事を目標にしても良いかもしれません。

仕事の幅を広げることもできるので、取っておいても損はない資格となります。

専門の仕事については、特に資格は必要とされていないので、資格がなくても専門の仕事を目指すことが出来ます。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-趣味
-,

関連記事

「J-WAVE LISTENER’S MARKET」で見つけるハンドメイドの魅力

J-WAVE LISTENER’S MARKETは、ラジオ局のJ-WAVEが毎年開催しているJ-WAVE FREEMARKETを、パワーアップさせて名前も新たに2017年リニューアルしたマーケットです …

芸術的スポーツ!社交ダンスの魅力

社交ダンスは英国が発祥の地とされ、現在では世界各国で多くの人々に愛されています。 テレビや映画でも取り上げられ、見たことがある人は多いのではないでしょうか。

女性が思わず惚れる!サッカーが趣味だとモテる理由は?

スポーツをやっている男性というのはカッコよく見られるものですが、その中でも特にモテるのがサッカーです。 数あるスポーツの中でもなぜサッカーをやっている男性がモテるのか、そこにはいくつかの理由があります …

フリマアプリ「ブクマ!」の特徴や使い方

フリマアプリの中でも、「ブクマ!」は本を販売するのに特化しているという特徴があり、スマートフォンから出品することができます。 自分の売りたい価格で売ることができますので、専門業者の買取よりも、高い値段 …

あまり知られてない世界の趣味:ドッグスポーツ

犬を飼っている人は愛犬とのコミュニケーションをとっていることでしょう。 ドッグスポーツを行うことで、しつけや信頼関係の構築にも役立ちます。

楽天モーションウィジェット