知っていると通ぶれる!ブラックミュージックのアーティストについて


ブラックミュージックというと、アフリカから米国のプランテーションなどで連れて来られた比較的に労働を伴った悲しい歴史から始まったブルースとかゴスペル、黒人霊歌、ニューオーリンズを中心に広まったディキシーランドジャズ、あるいは心の叫びのようなソウルとかR&B、そしてリズム感を重視ししダンスとともに発展したラップ、ヒップホップなどの存在がよく知られています。

米国に限らず、ブラジルやカリブ海の周辺地域においても時代の変遷とともにサンバやボッサノヴァ、ルンバ、レゲエなどが演奏されるようになって来ています。

スポンサーリンク

ブラックミュージックにはどのようなものがあるのか

1960年代にはウォールサウンドとして有名な白人の音楽プロデューサーによって、多くの黒人アーティスト達が列車やキャラバンのごとく次々と誕生し業界が活性化した時期がありました。

ロックという共通の土壌のもとで、一部は白人の独自の感覚がとり入れられ、誰もが素晴らしいと思う共通認識にまで発展したとされています。

不思議なのは、そこまで高度なものがどういう経緯をもって発展して来たかという疑問があります。

言葉でその喜怒哀楽を表現すると同時にからだで表現するには、打楽器をはじめとするリズム楽器の使用や、そのリズム感において自由なことから快適なリズム音楽が生まれて行ったと考えられています。

日本国内では祭り気分になると踊りが主体となって踊られていますし、8月には太鼓を打ち鳴らす盆踊りが各所で踊られています。

これはリオのカーニバルや、その他の世界各地で共通して行われていることでも理解できます。

そして人類発祥の地とされているアフリカ各地でも踊りが見られ、これらで世界共通の習俗と見るとことが来ます。

ブラックミュージックは普遍性があるのか

古い時代の動画を見ていると、ブラックミュージックのアーティストは子供のころからリズム感や楽器に大いなる興味を持っていたことがわかりますし、そういうアーティストが誕生したことで自分もなりたいという気持ちが強かったと想像できます。

もしアフリカに居たとしても、楽器を持つ機会もなく、刺激や競争心というものは生まれなかったに違いないものです。

米国ではブラックミュージックのアーティストは食べるために手近な音楽の世界を見つけ、早い時期にグループを結成したりバンドに入団していたようです。

米国では白人の音楽、とりわけクラシックの世界もありましたし、白人独自のロックも進展して来ました。

白人はプロデューサーのような形で自分なりで解釈したり、ブラックミュージックアーティストの持ち味を認めることで白人からも受け入れられて来るようになったと考えられます。

それは強い独自の個性も編曲によって受け入れられるようになり、それをブラックミュージックアーティストが学習して次第に距離を近づけて行った可能性もあります。

ある時期からはブラックミュージックアーティストがクラシックを取り上げることが出てきて、違和感のない解釈ができるようになりました。

皮膚の色が黒いだけで、楽曲としては演奏を聴く限りは判断がつかないまでに発展して来ました。

これは相互の交流や編曲者による演奏の経験を積んだり、学習することによってそこまで距離が縮まったものかも知れません。

又、白人のバンドの中にも黒人のバンドの感覚を持ったグループが存在します。

特徴とか良さというものをキャッチして自分のものにしてしまったということでしょう。

現在のアーティストを手っ取り早く知るには

R&Bなどの音楽は米国だけに通用するものかと思いきや、最近では中国においてもこういうジャンルがあって歌手も誕生しているようです。

最初ラジオで聴いたときにはにわかには信じられないことでした。

米国とは土壌や歴史が違うし、米国の代表的なブラックミュージックアーティストを思い浮かべると、もしこれを中国語で歌うとなると語感のニュアンスも違いイメージがまるで変ってくるので、適用するには無理があると感じたものです。

それなりに解釈して表現しようという気持ちはわかりますが、例えば歌謡曲調のジャズを聴くようなそんな感じにも似たものになるかも知れません。

ブラックミュージックのアーティストにも演奏面で白人が参加することもありますし、ジャズやブラックミュージックを黒人のみが聴いているとは限りません。

あるのはいい音楽はいい音楽としてジャンルにこだわらずに聴くという事実だけです。

音楽は変遷はしますがリバイバルもします。

又、動画共有サイトにおいては1960年代に活躍したブラックミュージックのアーティストが現在でも活発に活動している姿が見られます。

現在の若い世代の人々にとっては、ラジオやテレビを通じてこういうジャンルの音楽を聴く機会は少なくなって来ています。

原因としては音楽分野にも電子化の波が寄せて来て、企画やコンセプトに基いてアルバムが作られることが少なくなって来ていて、アルバムよりもシングル曲を通じて名前を知ることになるのでアーティストの数を掴むことも困難になって来ているかも知れません。

動画共有サイトにおいてはランキング番組ではアーティストを知る機会もあり、参考にすることが出来ます。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-エンタメ, ミュージック
-, , ,

関連記事

劇場へ見に行こう!今見るべき「バレエ」の魅力に迫る!

バレエを初めて劇場で鑑賞する方や、劇場に足を運んだことはあるがいまだ良さがよくわからない、という方のために、バレエの魅力を入門的に解説します。

知っていると通ぶれる!テクノポップのアーティストについて

テクノポップはまさに近代日本の象徴的音楽で一つの時代を作ったといえるものです。 作ったというか、今もその人気は衰えることなく世界に広がっているので、作り続けているということがいえるかもしれません。

知っていると通ぶれる!おすすめの洋楽クラブミュージックアーティスト

スポンサーリンク 今クラブミュージックはEDM 近年クラブシーンのメーンは、若者を中心にEDMという音楽が圧倒的に流行っています。 EDMは、エレクトリック・ダンス・ミュージックの略です。 いかにも2 …

ブルースにハマるきっかけとなったアーティスト

私は最近、昔の歌をよく聞くようになったのですが、そんな中でも特に好きになったのがブルースの音楽です。

アイドルからアーティストへなったと感じる女性歌手

最近ではアイドルという言葉が巷に氾濫しているような状態で、なかなかアーティストといえるような人が出にくくなっているといえるかもしれません。 ちょっとかわいいと、すぐにアイドルとしてちやほやとされるよう …

楽天モーションウィジェット