クラブミュージックにハマるきっかけとなったアーティスト


クラブミュージックとは、その名のとおり、クラブで流される音楽ジャンルのことを指します。

クラブで流される音楽は、DJがレコードやCDの音源をミックスさせて作り出されるものです。

スポンサーリンク

進化していくクラブミュージック

クラブミュージックの先駆け、テクノ

テクノミュージックの先駆的アーティストは、国内でいえばYMOと言えるでしょう。

YMOが活動していた頃は、クラブミュージックというジャンルが世の中に浸透していなかった時代です。

YMOが登場して十数年の月日を経て、テクノミュージックのアーティストであるケン・イシイが登場します。

ケン・イシイは、クラブでDJをしながら、音楽制作も精力的に行っていました。

そして、発表したアルバム『ジェリートーンズ』が世界的なヒット作となり、テクノミュージックが世間に知れ渡るようになったのです。

それから、テクノミュージックの第一人者として、ケン・イシイは活動を行うことになります。

ケン・イシイによるテクノミュージックに衝撃を受けた人たちは数多く、その中にはクラブミュージックに興味が無かった人も多数含まれていました。

それらの人たちにクラブミュージックを注目させるようにしたケン・イシイの功績は計り知れないものがあります。

それから、クラブに通う人が増えていき、クラブミュージックは活性していくこととなります。

そして、クラブミュージシャンを目指すアーティストも増えていったのです。

そのような相乗効果により、クラブはより一層活気のある場所になっていき、クラブミュージックも多様な音楽性を持つジャンルへと変化していったのです。

ジェリー・トーンズ

テクノからドラムンベースへ

ケン・イシイを代表とするアーティストによるテクノミュージックが全盛を迎えた頃、クラブミュージックは多様な方向性を持つことになります。

テクノミュージックから、よりメロディアスなハウスミュージックが誕生し、そして、ドラムンベースというジャンルが登場しました。

ドラムンベースは、その名のとおりドラムとベースを強調したリズミカルな音楽です。

そのドラムンベースの代表的アーティストがロニ・サイズです。

ロニ・サイズ・レプラゼントというユニットを結成し、ボーカルを取り入れた新しい形のドラムンベースミュージックを提案しました。

メロディアスでボーカルが入ったドラムンベースミュージックは、瞬く間に世界の人を虜にしました。

それだけ、音楽としての完成度が高く、また、今まで聴いたことがなかったような音源であったと言うことが出来るでしょう。

テクノミュージックのようなリズミカルなテンポがありながら、メロディーもしっかりと備わっているため、テクノミュージックのファンの人のみならず、これまでクラブミュージックを聴いたことが無いような人たちでさえ虜にしたのです。

この点に関しては、ケン・イシイもロニ・サイズも共通している部分と言えます。

また、ドラムンベースは多くのアーティストに影響を与えました。

ロックミュージックやポップミュージックを、ドラムンベース調にミックスするといったことが頻繁に行われていきました。

そのようにして、クラブミュージックを普段聴かない人にも、ドラムンベースが浸透していったのです。

そして、クラブミュージックはさらに広がりを見せていきます。

NEW FORMS

クロスオーバーミュージックから現在へ

ドラムンベースが流行している間に、クラブミュージックは新たなジャンルを切り開いていくことになります。

それが、クロスオーバーと呼ばれるジャンルです。

クロスオーバーミュージックは、基本となる音源はジャズであったり、ブラジリアンミュージックであったり、ボサノバであったり、映画音楽であったりします。

それらの音源を独自にミックスさせたものがクロスオーバーミュージックです。

そのクロスオーバーミュージックの先駆的なアーティストが、ユナイテッド・フューチャー・オーガニゼイション(UFO)です。

最初はジャズのクロスオーバーからスタートしまし、ジャズファンをクラブミュージックの世界へと誘ったのです。

そして、爆発的な人気が出て、クロスオーバーをジャズで実践するアーティストが一気に増えました。

それから、ジャズのみならず、映画音楽やボサノバ等の音楽をクロスオーバーミュージックとして取り込みました。

それにより、映画音楽を聴いていた人やボサノバのファンの人たちからも注目されるようになり、クラブミュージックはますます盛り上がりを見せるようになったのです。

あらゆるジャンルのファンをクラブミュージックに取り込んだことは、大きな功績と言えるでしょう。

最後に

このように、クラブミュージックは段階的に進化を遂げています。
その段階ごとにクラブミュージックのファンが増えていっていることは確かです。
そのきっかけを作ったアーティストたちの功績は大きいと言えるでしょう。

UNITED FUTURE ORGANIZATION

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-エンタメ, ミュージック
-, , , ,

関連記事

最高の一本と評判の映画「最高の人生の見つけ方」の魅力

「最高の人生の見つけ方」の魅力は、人間社会で生きている以上、人とのつながりによって、最大の幸福感が得られるということを示している点でしょう。 そのことを、名言と名優の名演によって、痛感させてくれる映画 …

日本とは違う?海外の優秀CM

「CM」は多くの人に興味を持ってもらうことが大切です。 しかし、普通の演出では何の変哲のないコマーシャルになってしまいます。 そこでは、絵コンテなどによるストーリーが求められることが多いものです。 そ …

何度でも読み返したくなる!涙を流したい人におすすめの小説3選

泣ける小説、ご存じですか。 涙とは、心をリフレッシュさせ、爽快感を与えます。そしてあなたも小説の主人公と気持ちを重ねて、違う世界の経験をしてみませんか。 泣ける小説、泣いてしまう小説のおすすめをそろえ …

ラストが衝撃的!ミステリー小説5選

ミステリー小説も人気のあるジャンルの1つですね。 今回は特にラストが衝撃的だと感じた5作品を紹介します。

日本アカデミー賞で最優秀作品賞を受賞した作品について

日本の映画賞のひとつに日本アカデミー賞があります。 これまで最優秀作品賞に選ばれた映画の中で、特におすすめの作品を紹介します。

楽天モーションウィジェット