洋楽にハマるきっかけとなったアーティスト


洋楽にハマるきっかけとなったアーティストは何人かいますが、最初のアーティストは何と小学生時代に出会いました。

スポンサーリンク

洋楽との出会いから色々なジャンルに

自分が通っていた小学校の運動会では毎年、音楽に合わせてダンスや旗振りなどを披露していました。

その音楽は教師が選ぶのですが、その時に選ばれた曲が当時、世界的に大ヒットしていた「ブロンディ」の「Call Me」という曲でした。

それまではピンクレディやキャンディーズなどのアイドル系ばかりを聞いていたので、そのカッコいい曲がとても新鮮で一気にファンになりました。

70年代のパンクロックとディスコが融合したニューウェイヴと呼ばれるジャンルのブロンディの曲には小学生ながらどこか退廃的に感じ、それまでの日本の歌謡曲には全くないカッコよさとして脳裏に焼き付きました。

当時は小学生だったのでCDもレコードももっておらず、また、ビデオデッキ自体が一般的でなかったため、ミュージックビデオなどを家で見るチャンスもありませんでした。

このブロンディの曲が頭から離れなかった自分は家から一番大きな駅であった町田のレコードショップまで自転車で頻繁に行き、店頭で流れるブロンディに聞きほれていました。

店頭に貼ってあったブロンディの紅一点の女性ボーカルのデビー・ハリーに恋しました。

パンクムーブメントの影響を受けたようなヘアスタイルにブロンドヘアがあまりにカッコよく、また、不良っぽさを漂わすような雰囲気にぞっこんでした。

そしてブロンディとの出会いから、その後に耳にする音楽はもはや日本のものでは物足りなくなったのと、英語で歌われる洋楽のロックが最もクールでかっこいいと感じるようになりました。

さらに洋楽にハマるきっかけとなったONJ

こうなると洋楽ばかりが気になり、やがて父親からラジオやレコードプレーヤーを借りるようになりました。

それからというもの、洋楽のアーティストを片端から調べたり、ラジオで聞くようになりました。

本屋では洋楽の音楽関係の雑誌や時には洋書の雑誌まで手にするようになりました。

意味もわからなかったのに、写真とアーティスト名だけを見ているだけでも満足でした。

また、前述のブロンディが好きになったのはその音楽性だけでなく、彼女のルックスとブロンドヘアによるところが大きかったようでした。

そんな時に流行り始めたアーティストが、ONJこと「オリビア・ニュートン・ジョン」です。

ラジオで聞いた「フィジカル」という曲で披露したハスキーでセクシーな歌声が耳から離れず、初めてレコードを買ったのも彼女となりました。

この時はテレビやレコード店でも彼女のミュージックビデオを頻繁に見る機会がありました。

レオタード姿でセクシーに踊るブロンドのきれいな彼女は曲の魅力と相まって、一日中聞いていた日もありました。

レコード店でレコードを購入すると先着順にもらえる彼女のポスターや横浜のデパートで売っていたブロマイドなどを部屋の壁に飾っていたのもこの頃です。

この頃の洋楽はブロンディなどに始まるニューウェイヴとともにディスコミュージックが全盛となった時代でした。

オーストラリア出身で裕福な家庭に育ったオリビアはその屈託のない笑顔と、グリースという映画で共演したジョントラボルタとともにディスコミュージックの申し子となったのでした。

やがて芽生えたハードロックとヘビーメタルへの傾倒

オリビア・ニュートン・ジョンが最初に大ヒットを飛ばしてからしばらくしてヒットしたのが「JOURNEY」のアルバム「Frontiers」でした。

スティーヴ・ペリーの美しくて高い歌声と、ニール・ショーンの激しい中にも情熱的なギターサウンドは、当時まだ中学生だった自分の琴線に触れました。

ジャーニーは前述のアルバムを購入するとすぐにハマり、その前にリリースされていた「Escape」をすぐさま購入するほどでした。

そしてジャーニーが好きになってからハードロックにも目を向けるようになりました。

ハードロックは当時、ヴァン・ヘイレンやナイト・レンジャーなどが人気でしたが、ある日、クラスメートからアイアン・メイデンのカセットテープを借りて聞いた時、激震が走りました。

アルバム「鋼鉄の処女」でしたが、スティーヴ・ハリスのスピード感あるベースと、デイヴ・マーレイの激しいギターリフ、初代リードボーカルだったポール・ディアノのパンクっぽさを前面に出した歌声には度肝を抜かれました。

丁度その当時はNWOBHMという略称で呼ばれることが多い「ニュー・ウェイヴ・オブ・ブリティッシュ・ヘヴィメタル」の一大ムーブメントが起こっていた最中でした。

アイアンメイデンに加え、デフ・レパード、レイヴンといったバンドが活躍し、後のヘビーメタルに大きく影響を与えたのを覚えています。

アイアンメイデンとの出会いからヘビーメタルに深くハマるようになり、その後に大人気となったRATTなどに代表されるLAメタル、メタリカやアンスラックスに代表されるスラッシュメタルにもハマるきっかけとなりました。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-エンタメ, ミュージック
-, ,

関連記事

現実とのギャップが楽しめる!おすすめSF映画3選

SF映画は現実を忘れさせてくれる最高の娯楽ですよね。 近年、撮影技術の向上によって、ますますリアルなSF映画が製作可能になり、現実とのギャップに心躍らされることも増えてきました。

ラストが衝撃的!ミステリー小説5選

ミステリー小説も人気のあるジャンルの1つですね。 今回は特にラストが衝撃的だと感じた5作品を紹介します。

意外と多い!ファンと結婚した芸能人まとめ

芸能人とファンが入籍するというケースは、意外と多く見られます。熱心なファンが、手紙を出すなどするうちに親しくなるようです。 男性芸能人だけでなく、女性芸能人がファンと入籍するというケースもあります。フ …

家族3世代で楽しめる!漫画を題材にした歌舞伎が人気の理由

歌舞伎は日本の伝統芸能で覚えておくと役立ちますが、楽しむためには知識も必要で、子どもにとっては題材が難しいと敬遠気味です。 ただ最近は漫画を題材にした演目があり、家族3世代で楽しめると人気となってます …

スカパー!で見れるおすすめ海外ドラマ3選

スカパーでは多くの海外ドラマが放送されていますが、その中でもおすすめの作品を紹介します。

楽天モーションウィジェット