ヒップホップにハマるきっかけとなったアーティスト


ヒップホップはアメリカ合衆国で誕生した音楽、そして文化です。

文化としてのヒップホップには、ラップ、DJプレイ、ブレイクダンス、グラフィティの四大要素があると言われています。

それらの要素は、ストリートギャングの文化と関係していると言われ、縄張り争いといったギャング間の抗争が起こりそうな時に、無血で抗争を終わらせるためにブレイクダンスやグラフィティを用いて競い合ったとされています。

スポンサーリンク

ヒップホップミュージックのルーツから現代まで

音楽としてのヒップホップ、いわゆるヒップホップミュージックは、ブラックミュージックから派生した音楽とされています。

ブラックミュージックが持つメッセージ性とは異なりますが、ヒップホップミュージックにもメッセージ性はあり、またブラックミュージックと同様にリズミカルな音楽ジャンルです。

始まりは、クール・ハークグランドマスター・フラッシュアフリカ・バンバータの三大DJによって広められた音楽とされています。

基本的には、MC(ラップ)とDJ(スクラッチ)により構成され、サンプリング等を使う場合もあります。

DJのスクラッチに合わせてラップをすることから、ラップミュージックとも呼ばれています。

スタイルとしては、リズム、セリフを同じ調子でリズミカルに繰り返すスタイルです。

このスタイルは、ブラックミュージックから受け継がれているスタイルと言えるでしょう。

そして、セリフの中には自己顕示や相手への挑発などといった過激な内容が含まれています。

しかし、これは喧嘩を売るためのものではなく、喧嘩を終わらせるためのメッセージなのです。

ヒップホップミュージックに入門するきっかけとなったアーティスト

ヒップホップミュージックのアーティストは、当然のことながらヒップホップ文化に影響を受けたアーティストがMCやDJを行う場合が多いです。

ヒップホップミュージックのアーティストは数多く存在しますが、その中でも特に強い影響力を持つのが、先述した三大DJと呼ばれるクール・ハーク、グランドマスター・フラッシュ、アフリカ・バンバータの三人と言えるでしょう。

この三大DJからヒップホップミュージックに入門した人は多いはずです。

三大DJの音楽性としては、MCいわゆるラップよりもリズムが中心となった楽曲が多いのが特徴です。

その理由は、三大DJが登場した創世記の頃は、MCとDJが融合しきれていなかった為とされています。

それからアーティストが様々な試行錯誤を繰り返していく中で、ヒップホップミュージックの完成度は上がっていき、MCとDJが見事に調和した音楽へと昇華していくのです。

そして現在のようなヒップホップミュージックのスタイルが確立されていきます。

MCだと2パックドクター・ドレースヌープ・ドッグからヒップホップミュージックに入門する人が多いでしょう。

彼らはヒップホップの東西抗争というものに巻き込まれていきます。

東西抗争では2パックをはじめ、多くの有能なラッパーが命を落とすこととなりました。

その事態の沈静化に尽力したのがドクター・ドレーと言われています。

ですから、彼らのラップには強烈なメッセージ性があるのです。

ヒップホップミュージックがもたらした影響

現在ではアメリカ合衆国のみならず、世界中でヒップホップミュージックが愛聴されています。

その理由は、リズミカルで格好いいというだけでなく、強烈なメッセージ性を持ち合わせているからです。

最初はブラックミュージックから派生し、そこからラップとスクラッチという他のジャンルにはない独特のスタイルを確立しました。

そして、その頃クラブミュージックも盛り上がりを見せていたこともあり、一気に世界へと広まっていったのです。

ヒップホップミュージックに影響されたアーティストは、世界中で数多く存在します。

それは、ラップというジャンルの域を超えて、ポップやロック、クラブミュージックなど多岐に渡ります。

それらのアーティストがラップテイストを取り入れることで、これまでラップを聴いたことが無かった人たちがラップを聴くようになりました。

そして、ヒップホップミュージックの存在を知るようになり、その音楽性の斬新さとラップのメッセージ性の強さに衝撃を受けることとなりました。

ブラックミュージックでは、平和と平等を歌にのせてメッセージとして届けていましたが、ラップの場合は時には過激な表現も使われます。

その一触即発的な緊張感を味わうことが出来るとして、ブラックミュージックとはまた違うメッセージ性の非常に強い楽曲として親しまれるようになったのです。

現在では、もっと大きな権力に対する抵抗のメッセージがのせられていたりします。

強烈な個性を放つ音楽として、今後も進化を続けることでしょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-エンタメ, ミュージック
-, , ,

関連記事

知っていると通ぶれる!テクノポップのアーティストについて

テクノポップはまさに近代日本の象徴的音楽で一つの時代を作ったといえるものです。 作ったというか、今もその人気は衰えることなく世界に広がっているので、作り続けているということがいえるかもしれません。

Amazonプライムで見れるおすすめ恋愛映画3選

プライムビデオでは名作中の名作もしっかりと見ることができるのがうれしいところです。 最近では昔の映画がなかなか見られなくなってきていますし、特に恋愛ものはどんどんと新しいものが出てくるので、昔のものは …

思わず熱中しちゃう!音楽・文化系のオススメ漫画3選

漫画はいろいろなジャンルがありますが、その中でも芸術や文化を題材にした作品を紹介します。

ストレスも笑いでふっ飛ばそう!腹の底から爆笑できるおすすめコメディ映画3選

ストレス発散法というのは、人によって異なる上に様々なものがありますが、笑うという行為も発散法の1つと考えられています。 笑いが出るような映画を観る事で、嫌なことを忘れられたり、前向きな気持ちに切り替え …

実写化が話題になった「寄生獣」の評判は?

人気の漫画「寄生獣」が、アニメ化に続き実写化もされて、染谷将太さんが主演を務めることで話題になりました。 これをきっかけに、原作に興味を持った人も出てきて盛り上がり、CGの出来栄えが良かったことからも …

楽天モーションウィジェット