J-POPにハマるきっかけとなったアーティスト


私は音楽を聴くのが子供の頃からの趣味だったのですが、主に聞くのはアメリカやヨーロッパのアーテイストの楽曲で、日本のアーティストの曲はこれまであまり聞いてきませんでした。

そんな私にとってJ-POPを幅広く聞くきっかけとなったのが、松任谷由実さんです。

スポンサーリンク

40年以上にわたって活躍するJ-POPの女王

松任谷さんは日本人なら誰でも知っているというレベルの、本当の意味で国民的な人気を持っている女性アーティストです。

松任谷さんと同じ世代の人たちだけではなく、若い世代の人たちにも根強い人気があり、彼女のニックネームであるユーミンという名前でも広く親しまれています。

松任谷さんはJ-POPの世界でも名実共に女王と言っていいほどに、他のアーティストからは一歩抜きん出た場所にいるアーティストです。

それは松任谷さんが1970年代の前半にデビューしてから、2010年代にいたるまで、常に多くの人気を獲得してきたからです。

松任谷さんには他のアーティストが誰も達成したことがない偉大な記録を持っていますが、それが1970年代から2010年代の5つの10年代に、それぞれ有名な音楽雑誌のチャートで一位を獲得したことです。

男性のアーティストでは、サザンオールスターズの桑田佳祐さんや、山下達郎さん、徳永英明などが4世代連続でアルバムチャートの一位を獲得したという記録を持っていますが、J-POPの全てのアーティストの中でも、5世代連続でアルバムチャートの一位を獲得したのは松任谷由実さんしかいません。

だからこそ、松任谷さんはJ-POPの女王と呼ばれるにふさわしいアーティストなのです。

映画の主題歌にも使われたJ-POPの名曲

松任谷さんは2016年に発売した最新のアルバムである『未来図書館』も、音楽雑誌の週間チャートで一位を獲得しました。

60歳を超えたアーティストのベストアルバムではない、オリジナルのアルバムがチャートの一位を獲得するのは、本当に珍しいことです。

このようなことからも、松任谷さんが現在でも多くのファンに親しまれていることがわかります。

そんな松任谷さんに私がはまったきっかけは、たまたま見た映画の主題歌に使われていた曲が、松任谷の曲だったからです。

それは宮崎駿監督の『魔女の宅急便』という作品なのですが、この映画のエンディングに使用されていた『やさしさに包まれたなら』という曲で、私は初めて松任谷さんに興味を持ちました。

この曲はもともと松任谷さんの2番目のオリジナルアルバムである『MISSLIM』の中に収録されていた曲だったのですが、後に上記の映画のエンディングテーマとして使用されました。

もともとこの作品が発表されたのは1974年のことだったのですが、それから10年以上経った1989年に映画のエンディングテーマに使用されたことからも、この曲がいかに古くからファンに親しまれていたかがわかります。

映画に使用されてからはこの曲の知名度は飛躍的に向上して、大人から子供まで知らない人はいないような有名な曲になりました。

もともとこの曲は、松任谷さんが荒井由実として活動していた頃の曲であり、彼女の長いキャリアの曲なのでも最初期の頃の曲の一曲なのですが、現在でも小さな子供から大人まで幅広い人気を持っているJ-POPの名曲です。

今でもクリスマスの定番となっている名曲

松任谷さんは『やさしさに包まれたなら』以外にも数多くの、J-POP の歴史に名を残す名曲を生み出しています。

その中でも現在でも多くの人に親しまれているのが『恋人はサンタクロース』という曲です。

この曲はクリスマスソングなのですが、クリスマスの時期になると、ラジオやテレビなどでもよくこの曲が使用されています。

この曲が発表されたのは1980年の12月で、『SURF&SNOW』というアルバムの中に収録されていた一曲でした。

この曲はシングルカットされていない曲にも関わらず、松任谷さんの曲の中でも、非常に高い人気と知名度を持っています。

『SURF&SNOW』には夏と冬のレジャーを題材にした楽曲が多く収録されているのですが、『恋人はサンタクロース』も冬の季節を歌った一曲として、このアルバムでも重要な一曲です。

松任谷さんが歌ったオリジナルの曲だけでなく、この曲はその後、多くのJ-POPのアーティストによってもカバーされています。

この曲をカバーしたアーティストには松田聖子さんやプリンセスプリンセスの奥井香さんなどがいます。

この曲はオリジナルアルバムの『SURF&SNOW』だけでなく、松任谷さんが発表したベストアルバムである『Neue Musik』にも収録されていて、このアルバムが発売された当時に募集された好きな曲のファン投票では、4位になったほど松任谷さんの曲の中でも人気の高い曲です。

松任谷さんはその他にも『守ってあげたい』や『Hello,my friend』などの曲や、『春よ、来い』といった純和風の曲までさまざまなさまざまなタイプのJ-POPの名曲を世に残しています。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-エンタメ, ミュージック
-, , ,

関連記事

今も読みたい!1980年代の代表的な少女漫画

漫画には、どんな世代、どんなジャンルにも名作があります。 子どもの頃に読んだ懐かしのあの漫画をもう一度読みたいと思う大人も少なくないでしょう。 1980年代の少女漫画の名作を雑誌別に紹介します。

チケットが取れないほど人気のあるミュージカル3選

ミュージカルは夢の世界に入れて、うっとりするような時間を過ごすことができます。 ただし、超人気のミュージカルになると、観たくてもなかなかチケットが取れないこともあります。

曲の聴き方が変わる!ブルースの話

昔から、日本には様々な音楽が輸入されてきました。 その中で、現在でも根強い人気を誇っているのが、ブルースです。

知っていると通ぶれる!テクノポップのアーティストについて

テクノポップはまさに近代日本の象徴的音楽で一つの時代を作ったといえるものです。 作ったというか、今もその人気は衰えることなく世界に広がっているので、作り続けているということがいえるかもしれません。

初心者には難しい?トランペットの魅力

金管楽器の花形とも呼ばれるトランペットは、吹奏楽部やオーケストラの他、ジャズやソロなど幅広い分野で活躍する楽器です。 「ペット」と略称されることも多く、子供が見ても「ラッパ」とわかるくらい、その認知度 …

楽天モーションウィジェット