知っていると通ぶれる!おすすめの海外レゲエアーティスト


世界にはさまざまなジャンルの音楽がありますが、その中でもレゲエは世界中の多くのファンを持っているジャンルの音楽です。

スポンサーリンク

レゲエの歴史とアーティスト

レゲエはもともとジャマイカで生まれた音楽で、1960年代の終りごろに、初めてレゲエを演奏するアーティストが登場しました。

その後、1980年代までさまざまなアーティストが登場して、レゲエという音楽のジャンルをさまざまな形で進展させました。

レゲエはスカなどジャマイカにもともとあった音楽から発展したものですが、それだけではなく、リズムアンドブルースやアフリカの音楽など、さまざまなジャンルの影響を受けて成立した音楽です。

レゲエという言葉がいつできたのかについては、さまざまな説があります。

一番有名なのはジャマイカで口げんかという意味を表す「レゲレゲ」という言葉が転じて、レゲエになったという説です。

それ以外にも様々な説がありますが、その他には特定のアーティストが名付け親になったという説もあります。

そうしたミュージシャンの一人がデリック・モーガンです。

デリック・モーガン

デリック・モーガンはジャマイカ人のミュージシャンで、もともとスカやロックステディなどを演奏していたのですが、ロックステディという名前に違和感を覚えていたため、自分たちの演奏しているものに新しい名前をつけることを考えはじめました。

その時、演奏していた曲の一節がレゲと聞こえたことから、それを聞いたプロデューサーがレゲエと名付けたと彼は語っています。

その点においてデリック・モーガンはこのジャンルの成立において重要な意味を持っているアーティストの一人と言えます。

トゥーツ・アンド・ザ・メイタルズ

レゲエという言葉を初めて自分たちの曲のタイトルに使ったアーティストとしては、トゥーツ・アンド・ザ・メイタルズというグループがいます。

このグループが1968年に発表した「DO THE REGGAY」という曲が、レゲエという言葉が公に使用されたはじまりだと言われています。

この曲の名前によって、ファンの間でレゲエという名称が広く浸透していったことから、トゥーツ・アンド・ザ・メイタルズの存在とこの曲は、このジャンルの成立において大きな意味を持っています。

しかし、レゲエというジャンルが本格的に世界中に広まったのは、ボブ・マーリーが登場してからです。

ボブ・マーリー

ボブ・マーリーは1945年生まれのミュージシャンで、他のレゲエのアーティストと同様ジャマイカで生まれ育ちました。

1981年に36歳の若さで亡くなったレゲエ界の伝説的なアーティストです。

彼の作った音楽はこのジャンルを世界中に定着させただけでなくて、後世のさまざまなミュージシャンにも影響を与えています。

その中には他のジャンルのミュージシャンもいることから、彼の影響力の大きさがうかがえます。

ボブ・マーリーはウェイラーズという伴奏を担当するグループと一緒に活動して、ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズという名義で、多くの楽曲を発表しています。

その中でも彼らの名前を世界的に広めるきっかけとなったのが、1973年に発表した「I Shot the Sheriff」という曲です。

この曲はアメリカの有名なヒットチャートで一位を獲得して、彼らの名前はこの曲とともに広く知れわたるようになりました。

「I Shot the Sheriff」はそういった点では、レゲエというジャンルを世界中に広めることになったとても大きな意味のある曲です。

そして、それがボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズというグループをこのジャンルのアーティストの中でも、最も意味のあるものにしています。

この曲はさまざまなアーティストにも愛されて、多くの他のミュージシャンによってもカバーされています。

その中には他のジャンルのミュージシャンもいて、この曲をカバーしたミュージシャンの中で一番有名なのは、ロックギタリストであるエリック・クラプトンです。

ブラック・ウフル

その後、このジャンルにはさまざまなミュージシャンが現れ高い人気を獲得していきましたが、その中で世界的な人気を得たのがブラック・ウフルというグループです。

彼らもジャマイカ出身のミュージシャンであり、ローリングストーンズの前座などの経験を経て、1985年にアルバムがグラミー賞を獲得したことで、その名前がより広く知れわたることになります。

賞を獲得した「Anthem」というアルバムは、このジャンルにおける最も優れたアルバムの一つです。

UB40

レゲエは本国のジャマイカやアメリカ合衆国などの北米だけではなく、ヨーロッパにも広く浸透していきますが、その中でも北米とは独自の発展をとげていったのがイギリスです。

イギリスにおけるレゲエの最も重要なアーティストとしてUB40というグループがいます。

彼らは1983年に発表した「Labour of Love 」というアルバムによってイギリスのチャートの一位を獲得しましたが、彼らの曲で一番良く知られているのはエルビス・プレスリーの曲をカバーした「Can’t Help Falling In Love 」という曲です。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-エンタメ, ミュージック
-, , ,

関連記事

何度でも読み返したくなる!男子に人気の少年漫画まとめ

男子に人気の少年漫画は、王道ともいわれるヒーローものが人気です。男子はいつの時代も、ヒーローに憧れるものです。 最近の少年漫画では、ヒーローも多彩になってきてはいますが、その基本的なところは、少年が努 …

西海岸の最先端ファッションが話題の海外ドラマ、The O.C.の面白さや魅力

ヤング・セレブたちが活躍する海外の青春ドラマは、とりわけ若い世代や女性たちを魅了する作品が多いです。 1990年代ではビバリーヒルズ高校白書、近年ではゴシップ・ガールなどが人気を集めました。 これらの …

爽やかなドライブデートにぴったりの曲まとめ

ドライブと言えば欠かせないのが、音楽です。カーオーディオから流れる爽やかな曲は、二人の距離をより縮めてくれるでしょう。 しかし、この曲選びは一歩間違えてしまうと、雰囲気を悪くしてしまう可能性があります …

何回見ても笑える!漫才が得意な芸人と代表のネタ

お笑い芸人の真骨頂はやはりその漫才にあります。 一時期はネタ見せ番組が流行したほど漫才は定期的にブームを起こしています。 今見ても面白いお笑い芸人さんのネタを振り返ってみました。 やっぱりいつみても面 …

ヒロインの芯の強さに惹かれるアニメと言えばコレだ!

現在の日本のアニメは、子供が見るだけではなく、大人が趣味として鑑賞できるものとなっており、さらに国内だけではなく海外でも、そのクオリティーの高さで大きな人気を得るに至っています。 そんなアニメ作品の中 …

楽天モーションウィジェット