知っていると通ぶれる!おすすめの洋楽ロックアーティスト

スポンサーリンク

ロックをおさえるならやっぱり洋楽から

最近の音楽の傾向としては、ロックらしいロックと言うより、少しダンス要素がありノリをよくしたものや、途中で曲調が変わりラップっぽいものも入っていたりする、複雑なものが多くなっています。

その代表格と言えるのが、イギリスの生んだ世界的アーティスト、コールドプレイです。
彼らの曲はかなりポップなものもありますし、いわゆる昔からのロックらしさの溢れる曲もあり、とても幅が広いです。
ボーカルのクリスの声がとても切ない良い声であることもあり、世界中で10年以上旋風を巻き起こしています。

もっと最近のアーティストになると、エド・シーランが代表格にとって変わりつつあるとも言える程です。
グラミーもとり、まだ25才という早熟の天才です。
今は、エド・シーランを聴いていたらオシャレとすら言える程です。
エドは歌もうまいですが、ギターのテクニックが半端ではなく、超絶技巧とも言える素晴らしい腕前なので、ギターのパートだけ聴いていても聞き惚れることが出来ます。
やはりロック音楽の本場はイギリス、その中でも、もっとも旬でイケているアーティストとして、エド・シーランははずせません。

アメリカもロック音楽のイメージはかなりありますが、同時にブラックミュージックやポップのアイドルなどのイメージも強いです。
近年では、アメリカではあまりロックらしいロックのアーティストが出てきていない傾向にあります。
アメリカのアーティストでロックを語るなら、少し前の時代の伝説のアーティストのほうが語りやすく、通ぶれる可能性が高いです。

今よりロック全盛だった頃のアーティスト

90年代はアメリカもイギリスもロック音楽が豊富で、さまざまなアーティストが活躍しました。
それらのバンドたちは今でも伝説となり、愛され、聴かれ続けていて、CMなどに起用されている曲も多くあります。

アメリカのアーティストでおさえたいのは、ガンズ・アンド・ローゼズです。
ロックが好きでガンズを知らない人は居ない、といっても過言ではありません。
ボーカルのアクセル・ローズの圧倒的な存在感、声のかっこ良さは時代を超越しています。
アクセルに憧れているアーティストは、日本人のミュージシャンでも多くいます。

いちおう気を付けたいのは、ガンズ・アンド・ローゼズは『ガンズ』と略しますが、『ローゼズ』と言ってしまうと、イギリスのバンド、ザ・ストーン・ローゼズになってしまうので、ぜんぜん話が変わってくるということです。
ストーン・ローゼズも素晴らしい伝説のアーティストなので、きちんと分けないと通ぶれません。

また、アメリカのロックアーティストなら、ニルヴァーナもはずせません。
ガンズがアゲアゲ系のロックであるのにたいして、ニルヴァーナはサゲサゲ系とも言えます。
カテゴリーとしては、ロックの中のグランジというジャンルになり、重苦しいタイプのカッコ良さのバンドです。
メインパーソンだったカート・コバーンは自殺してしまいましたが、ニルヴァーナではドラムを担当していたデイヴ・グロールが、今も別のバンドを作り活躍しています。
ですから、ニルヴァーナの話が出たら、デイヴ・グロールの今やっているバンドが対照的に明るい、ということもおさえていると通です。

トラディショナルなロックアーティスト

ロックを語るなら、先人についてもある程度知っているほうが、より通っぽいです。

ビートルズは言わずもがなですが、たとえば、少し前に亡くなった、デヴィッド・ボウイです。
デヴィッド・ボウイは、いわゆるオシャレロックとも言える、グラムロックの元祖となった人物です。
グラムロックとはグラマラスな音楽を指し、色気があってオシャレな感じのアーティストたちです。

また、ルー・リードや、ポール・ウェラーなども、イギリスの生んだオシャレなアーティストとして知っていると通です。
ポール・ウェラーは、世界ではじめてフレッド・ペリーのポロシャツをお洒落に着こなしたアーティストでもあります。
彼以降、フレッド・ペリーのポロシャツを着ることでオシャレ感を出す男性が、世界中でいっきに増えたのです。

この辺りのアーティストは、音楽もオシャレで見た目もオシャレというのが特徴です。
ですから、オシャレ感を出すなら、イギリスのアーティストはとても効きます。
ハード系なら、どちらかというとアメリカと捉えて間違いはありません。

マリリン・マンソンは、全盛期は過ぎましたが、今でもカリスマ的存在です。
名前の由来がマリリン・モンローと殺人鬼のチャールズ・マンソンを掛け合わせたものと知っていると通ぶれます。
マンソンはカラーコンタクトなどを使い、いわゆるエグいビジュアル表現を持ち込んだアーティストの代表格と言えます。
その後、影響を受けた人たちがそういったビジュアルも使うようになったので、おさえておくと話が広がります。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-エンタメ, ミュージック
-, , ,

関連記事

電子書籍ストア「honto」の特徴とおすすめポイント

honto(ホント)はネットストアの書店で、ハイブリッドタイプの総合書店と呼ばれており、人気の高い店舗です。 書店と本の通販サイトで、大手書店の丸善やジュンク堂、文教堂などと提携しており、サイトで購入 …

知らないとついていけない?!おすすめの王道漫画3選

現在連載中の漫画から、各ジャンルで王道と呼べる作品を紹介します。

知っていると通ぶれる!期待の若手女性演歌歌手

アーティストを知るのは音楽番組やMVを流す番組などが有名ですが、演歌歌手を音楽番組で見る機会は近年減少傾向にあり、まして演歌歌手のMVが流れる機会はまずありません。 このため、紅白歌合戦で演歌歌手、演 …

世界観に入り込める!おすすめファンタジー少年漫画5選

ファンタジーな世界の漫画はいろいろありますが、その中でも特に世界観に入り込める少年漫画を5作品紹介します。

チケットが取れないほど人気のある歌舞伎の演目3選

日本の伝統芸能の一つである歌舞伎。 特に人気の高い演目を紹介します。

楽天モーションウィジェット