知っていると通ぶれる!おすすめの海外スカバンド


スカはジャマイカで生まれた音楽ですが、現在ではジャマイカに限らずにさまざまな国のアーティストが演奏しています。

スカという音楽のジャンルが誕生したのは1950年代のことだったのですが、スカはもともとジャズやリズムアンドブルースに大きな影響を受けて生み出された音楽です。

実際に初期のスカのアーティストの中には、ジャズバンドの編成と似ているグループが少なからずいました。

このようなジャズバンドと編成が同じ初期のスカのバンドのことは、特に「ジャマイカンジャズ」と呼ばれることがあります。

スポンサーリンク

スカタライツ

初期のスカバンドの一つとして非常に有名なアーティストとして、スカタライツというバンドがいます。

スカタライツは1960年代の前半に活動を始めたグループで、スカという音楽のジャンルを世界中に広めるきっかけを作ったアーティストの一組です。

初期のスカタライツのメンバーには、もともとジャズを演奏していたアーティストが多くいて、その中にはローランド・アルフォンソやジャッキー・ミットゥなどのアーティストがいます。

彼らは初期のスカを代表する数多くの楽曲を演奏しましたが、その中でも特に有名な曲が『Guns of Navarone』です。

この曲はもともと『ナバロンの要塞』という映画のために作られた曲だったのですが、スカタライツはこの曲をスカ風にアレンジしました。

彼らの音楽はジャマイカだけでなくヨーロッパでも人気を獲得し、『Man In The Street』という曲はイギリスの音楽チャートの上位にランキングされた人気のある曲です。

デリック・モーガン

スカタライツと同じような時期に活躍した初期のスカアーティストの一人に、デリック・モーガンがいます。

モーガンは1940年生まれのジャマイカ人のミュージシャンで、1950年代の後半にミュージシャンとしてのキャリアを開始します。

もともとモーガンはジャマイカ各地で開催されていたショーに出演していたのですが、ジャマイカの音楽プロデューサーであるデューク・リードという人物と出会って、スタジオミュージシャンとしてのキャリアを始めます。

彼は『Fat Man』という曲によって、初めて大きなヒットを経験しますが、それ以後も数多くの楽曲がジャマイカ国内で人気を獲得しました。

1960年には、ジャマイカのヒットチャートの1位から7位までを、全て彼の曲で独占するという記録を作りました。

彼はそれほど当時のジャマイカで人気のあるアーティストだったのですが、さらに彼の人気を不動のものにしたのが『You Don’t Know』という曲です。

この曲は後に、『Housewives’ Choice』というタイトルで、他のアーティストととのデュエット曲としても発表されています。

彼は有名なアーティストであったがために、ミュージシャンの中には彼とライバル関係にあった人物もいて、その代表的な存在がプリンス・バスターです。

デリック・モーガンとプリンス・バスターは互いに自分の曲の中で相手のことに言及して、それが影響してこの二組のアーティストのファンも互いにライバル視していました。

こうした状況を見かねたのはジャマイカの政府で、二人が仲良く写っている写真を撮影させたほど、二人は当時のジャマイカで強い影響力を持っていたアーティストでした。

マッドネス

スカはその後、世界的な規模で発展していったのですが、ジャマイカだけでなくヨーロッパの中にも、このジャンルの曲を演奏するアーティストが現れました。

そうしたグループの一組がマッドネスです。

マッドネスはイギリスのロンドンで結成されたグループで、もともとは地元にちなんで「ザ・ノース・ロンドン・インベーダーズ」という名前で活動していました。

彼らの演奏していたスカは、ジャマイカ人のミュージシャンが演奏してオリジナルのものとは少し異なり、パンクに大きく影響されているのが特徴です。

彼らの演奏したこのような音楽のスタイルは、初期のスカと区別して特に「2トーン・スカ」と呼ばれています。

このジャンルの音楽は初期のものよりも、より力強さがあるのが特徴です。

マッドネスは1970年代の後半から1980年代にかけて、何枚かのアルバムを作成して、新しいタイプのスカを世の中に広めるのに貢献しました。

彼らの楽曲の中には当時の日本でも広く知られた曲もあります。

特に日本の自動車メーカーのコマーシャルに使用された『In The City』や『Driving in My Car』という曲が有名です。

また『Our House』という曲はアメリカの有名な音楽チャートでベスト10内に入った曲として知られています。

彼らはメンバーの脱退などがあり、1986年に一度解散してしまうのですが、その後一部のメンバーだけで、1988年に再び活動を再開します。

この時、バンドの名称も一部変更して、マッドネスからザ・マッドネスになりました。

さらにそれから数年経過した1992年には、もとの7人のメンバーが再結集して活動を再開し、名前も元のマッドネスに戻りました。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-エンタメ, ミュージック
-, , ,

関連記事

知っていると通ぶれる!日本のフォークソングおすすめアーティスト

音楽のジャンルはいろいろありますが、フォークソングも人気の1つです。

思わず突っ込みたくなる!刑事ドラマあるある

今まで、刑事ドラマは数多く作られてきましたが、刑事ドラマならではの、あるあるネタも沢山あります。 こんなこと、絶対にあるわけはないと、思わずドラマを観ていて、テレビに突っ込みを入れたくなった人もいるこ …

思わず声を出して笑ってしまうバラエティ番組3選

現在放送中のテレビ番組から、思わず声を出して笑ってしまうほど毎回面白いバラエティ番組を紹介します。

実写化が話題になった「進撃の巨人」の評判は?

豪華キャストで実写映画化された「進撃の巨人」は、原作ファンから最低の評判を得てしまいました。原作漫画、アニメは根強い人気があり、ファンからの支持も衰えることはありません。 まだまだ、続きが気になるとこ …

海外の人気ドラマ「ゴシップガール」が恋愛ゲームに!

2007年に放送されて以来、シーズン6まで続くほど圧倒的な人気を誇る海外ドラマ「ゴシップガール」が、「ゴシップガール~セレブな彼の誘惑~」という恋愛ゲームとなって配信されています。 テレビドラマの世界 …

楽天モーションウィジェット