知っていると通ぶれる!テクノポップのアーティストについて


テクノポップはまさに近代日本の象徴的音楽で一つの時代を作ったといえるものです。

作ったというか、今もその人気は衰えることなく世界に広がっているので、作り続けているということがいえるかもしれません。

スポンサーリンク

テクノポップはまさに近代日本の象徴的音楽

テクノポップのアーティストは今まさに世界を席巻していところといってもいいかもしれないのです。

代表的な存在として「Perfume」という女性グループがあげられます。

一地方のアイドルグループであった彼女たちを世界的なアーティストののし上げたのが、このテクノポップという音楽だったといってもいいでしょう。

それまでにはなかったあっと驚くようなジャンルのものとなっていたこともあり、その人気は一気に広がっていくことなりした。

シンセサイザーと電子機器を駆使して奏でられるミュージックはそれまでの常識とは全く異なるものとなりました。

そして、世界に革命的に広がっていくこととなりました。

パフュームは見せ方という点でもそれまでとは全く違うものでした。

シンセという音を駆使することと、これに映像を合わせて新しい見せ方を確立していきました。

単に舞台で歌って踊るだけではなく、プロジェクションマッピングなどの最新の映像技術も駆使して、このシンセのピコピコ音に合わせて映像が自由自在に動くという新しい見せ方を確立したことで多くのファンを魅了することになりました。

そのため、公演が世界中のどこでも満員で人が入りきれないというほどの人気を獲得することになりました。

目で見て耳で感じて楽しむことが出来る舞台となったわけです。

テクノポップが身近なものとなった

テクノポップは最初は良くわからないものでもありました。

ピコピコという電子音をどうあつかっていいのかわからないところがあったわけです。

ですが、「きゃりーぱみゅぱみゅ」というアーティストの登場によって、これが身近なものとなりました。

彼女は誰でも出来るような簡単な踊りをおどりながら、圧倒的な可愛さというものをそこに混ぜていくことで、聴衆を魅了することが出来たのです。

それまでのアーティストにはいなかった、新しい見せ方というものを作ったということになるのでしょう。

それまでの歌のアーティストは見せ方は綺麗な衣装を着て正しく歌うということが当たり前で、それ以上のことはありませんでした。

つまり、驚くということはありませんでした。

それは歌の内容でも見せ方という点でもでした。

同じような歌、同じような踊り、同じような衣装ということで決まり切ったものが主流となっていたものでした。

ですが、きゃりーぱみゅぱみゅは踊りも衣装もそれまでとは全く違う独自のものを見せるということに成功しました。

とくに難しそうというものではなく、誰にでもやれば出来るような簡単なものではあるのですが、それをするには、かなりの度胸と努力が必要となるもので、可愛さも自分でいろいろと感じて考えて工夫をして作り出すということをするようになりました。

こうした可愛さの表現もあるのかと世界中の人が驚くことになったのが、彼女のすごいところかもしれません。

何の後ろ盾もない普通の女の子が一気に世界的なアーティストになったのは偶然ではありません。

テクノポップという新しい時代を作った中田ヤスタカ

パフュームやきゃりーぱみゅぱみゅをプロデュースして世に送り出したのが中田ヤスタカです。

彼は見せ方ということにもこだわるプロデューサーで、プロモーションビデオの撮影なども手掛ける画期的な人物です。

それまでのアーティストは決まった音楽を歌って、決まった踊りを踊るということでした。

見せ方に工夫もほとんどありませんでした。

ですが、中田ヤスタカはテクノポップという新たしいシンセを利用した音楽を作るとともに見せ方にも大きな革命をもたらしました。

プロモーションビデオの撮影現場でパソコンの前からほとんど動かないでカタカタとパソコンを操り続けるというこれまでのプロデューサーという全く違う仕事をするような人が登場したわけです。

単にシンセのピコピコ音を世に出してきたということではなく、音でも映像でも新しい境地を開拓してきているということです。

それまでのありきたりなアーティストプロモーションビデオがこの人の登場によって見る人が映像と音でドキドキワクワクするようなものとなったのです。

公演などのアーティストの舞台も毎回違った演出がなされることになり、音楽のアーティストが舞台でより映えるようになったのも彼の見せ方というものに対するこだわりがうんだものといえるかもしれません。

アーティストの動きに合わせてさまざまな映像がピッタリと意気投合したかのごとくに動くという新しい見せ方を追求してきたことで、テクノポップというジャンルが大きな人気を獲得することになりました。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-エンタメ, ミュージック
-, , ,

関連記事

直木賞を受賞したおすすめの小説5選

芥川賞が短編中編の新人作家に与えられるのに対して、直木賞はよりエンターテイメント寄りの作品を書く中堅作家に与えられる賞です。 1940年の第一回以降、毎年二度選出され、その度にニュースでも取り上げられ …

1990年代の代表的なテレビドラマとは?

1990年代はバブルの終わりころで、テレビやドラマが根強い人気をまだ誇っていました。 トレンディドラマと呼ばれるドラマが登場したのもこの時代です。 ファッションやトレンドやその時々の流行がすべてドラマ …

ロボ好きにはたまらない!傑作ロボットアニメ3選

現在では、アニメは昔と違って子供達のためのものではなく、大人が見てもおかしいと思われない、一つの趣味として確立された存在となっていますし、また日本を代表する文化として、海外の人たちからも注目されていま …

曲の聴き方が変わる!普通の人は知らない「ヒップホップ」の話

ヒップホップ系の音楽は近年ではよく目や耳にすることが増えており、興味がある人はもちろんのこと、興味があまりない人でも触れる機会があるのではないでしょうか。今や音楽ジャンルのひとつとして浸透してきていま …

おすすめしたい四国地方のローカルアイドル3選

四国地方のご当地アイドルの中で、特におすすめの人たちを紹介します。

楽天モーションウィジェット