アジア水泳選手権とは?見どころは?

アジア選手権という言葉は、聞いたことがありませんか。いろいろな競技で、アジアだけで行われる大会があります。もちろん、水泳もそうです。今の日本水泳会は、とても盛り上がっていますし、アジア水泳選手権も注目している人が多いかもしれません。

スポンサーリンク

アジアの選手が一堂に会して競い合う

アジアで行われる、とても大きな規模の大会です。4年に1回開催される点は、オリンピックと同じと考えて良いかもしれません。だから、選手は4年間培ってきたものを出しますから、とてもハイレベルな戦いとなるでしょう。

水泳というと、どうしても競泳のイメージが強くありませんか。確かに、自由形や平泳ぎ、メドレーなどの競泳も行われます。ただ、これだけではありません。

他にも、飛び込みやシンクロナイズドスイミング、水球も含まれます。かなり幅広い競技を見ることができるので、見ごたえがあると感じるのではないでしょうか。

第一回大会は、バングラデシュのダッカで1980年に行われました。その後は、アジアの国々で持ち回りで大会が開かれたのですが、日本と中国と韓国は2回ずつ行っています。

そのほかの国でも開催されたことはありますが、1回だけです。アジアには、他にもたくさんの国がありますから、今後はこれまで開催されたことがない国でもきっと開催されるはずです。

アジアだけだと聞くと、規模があまり大きくないように聞こえませんか。しかし、アジアと言っても東南アジアなども含まれますから、規模は大きいです。人口が増えている地域ばかりなので、参加する選手の数も少なくありません。

日本選手だけではなく、他のアジア地域の選手も見てみませんか。

日本は水泳が得意なので見どころが満載

今では、日本はかなり水泳が強い国となりました。有力選手が複数いますので、アジア水泳選手権は、見どころ満載です。毎日のようにメダルを獲得するかもしれないくらい日本は強い選手がたくさんいます。

まずは、競泳です。北島康介に憧れている世代が多いこともあってか、若手の成長が著しいです。男女問わず、種目も多岐にわたって強い選手が多いので、メダルラッシュが十分期待できます。

アジア水泳選手権で良い成果を出した選手は、他の国際大会でも十分通用しますし、メダルを取るはずです。最大の注目点が、同い年の萩野選手と瀬戸選手でしょう。

小さいころから切磋琢磨して成長した二人は、二人とも世界トップレベルの選手へと成長しました。だから、ワン・ツーフィニッシュも期待できます。女子は池江選手が複数種目でメダルの期待がされています。

小さいころから、自宅で手作りのうんていで上半身を鍛えていたこともあって、たくさんの種目に耐えられるところも注目点です。日本のお家芸でもある。シンクロナイズドスイミングも注目点です。

今では、中国と競い合うようになりました。井村監督の力が、大きいでしょう。井村監督は、日本で長年監督を務めた後に中国の監督となり、また日本の監督に戻りました。

井村監督にお世話になった国同士の争いは、見ものです。主な注目点は、以上でしょう。

他にも、アジア水泳選手権では飛び込みもあります。日本では、若手の飛び込み選手に注目すると良いでしょう。今後はどんどん成長していくでしょうから、いつかはメダルを取るかもしれません。

見どころ満載なので、目が離せない大会です。

自分の目で直接見たいと思いませんか

アジアだけとは言え、規模は十分大きいですし、トップレベルの選手が出場していますから、生で見たいと思いませんか。アジア地域で開催される大会なので、比較的どの大会も応援に行きやすいメリットがあります。

アジア水泳選手権は、日本でも行われたことがありますが、今後も日本で行われる可能性はあります。また、日本からとても近い国々が舞台となることもあるでしょう。そういう場合は、より現地へ行って、観戦しやすいはずです。

テレビでも、放映はされます。ただし、日本が特に強い種目が中心となりがちです。あまり日本が得意ではない水球が見たい人ならば、現地へ行ったほうが良いです。最初から最後まで見られますし、迫力が違います。

アジアトップレベル選手同士の真剣な戦いを、生で見てみませんか。飛び込みもあまり日本が強い種目ではないので、テレビ放映されるとは限りません。

どうしても日本選手が強い競泳や、シンクロナイズドスイミングばかりが目立ちがちです。だからこそ、まんべんなく応援したい、見たい人は生で観戦するほうが良いでしょう。

まだまだ弾丸ツアーのような商品が出ていないようですが、アジア水泳選手権が近付いたころに、旅行会社などに問い合わせて現地へ行ってみましょう。

チケットは自分で取らないといけない可能性もありますが、確実に観戦はできるはずです。アジア水泳選手権のクオリティは、とても高いです。

世界選手権やオリンピックは、世界中からトップ選手が集まりますので、特に注目されますが、アジア水泳選手権も十分トップ選手が出るので、応援する側にとっても、とても魅力的な大会です。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-スポーツ
-,

関連記事

野球の基礎知識:打者に関するルール

野球はピッチャーがボールを投げて、バッターがそれを打ち返すことでゲームが進行していきます。 そして、それぞれに特有のルールがあるので、その辺を基礎知識としてしっかりと抑えておけば、より楽しむ野球観戦を …

腰痛に効くヨガのポーズ7選

腰痛で悩んでいる方は多いかと思います。そんな腰痛はヨガのポーズで腰痛改善に導くことができます。

甲子園を目指して!高校野球に年齢制限はある?

  毎年8月の夏の風物詩として、野球ファンにとって待ち遠しい大会が、16歳から18歳の野球部に属する高校生が、たった一つの頂点を目指す夏の甲子園です。 夏の甲子園は、各都道府県から1校ずつと、北海道と …

地元愛が熱くする!?浦和レッズを応援してます!

浦和レッズのニックネームで親しまれている、浦和レッドダイヤモンズは、日本で空前のサッカーブームが沸き起こる1992年のJリーグ開幕から参戦を続けている名門クラブで、鮮やかな赤いユニフォームで戦う選手た …

山の食事|コンビニのおにぎりやパン

最近では、趣味として登山を気軽に楽しむ人が増えています。 東京からも、電車で一時間ほどで行ける高尾山などは、登山の経験の少ない初心者の登山者も気軽に登りやすいため、人気の観光スポットになっています。 …

楽天モーションウィジェット