コンビニATMの手数料が無料!ネット銀行「ジャパンネット銀行」

日本のインターネット銀行の先駆けともいえる、有名なジャパンネット銀行ですが、ATMの手数料の安さが強力です。

スポンサーリンク

2回目以降も無料で利用できるのが魅力

一般的な窓口で手続きをする昔ながらの銀行だと、多くの別途費用がかかるのがネックでした。平日は安くても土日や祝日は高くなるなど、費用の高さから手続きがしにくい部分を持っていますが、ジャパンネット銀行であれば、その不満が解消されるでしょう。

ジャパンネット銀行で普通預金口座を作ると、毎月入出金の回数がカウントされます。その月における最初の入出金、つまりは1回目の手続きですが、提携ATMの利用で手続きの金額に関係なく、必ず手数料が無料になるのが大きな魅力です。

入出金合わせて1回ではなく、入金と出金のそれぞれ1回ずつであることから、その月に1回1万円を預け入れて、1回5万円を引き出したとしても、ATM手数料が完全無料になるという仕組みになっています。初回限定だけの特典ではない部分にも注目してください。

ジャパンネット銀行の場合、1回の取り扱いで3万円以上と3万円未満で、費用の発生が異なるルールが設けられています。3万円以上の入出金であれば、初回に限らず2回目以降の手続きでも、完全無料で利用できるのが便利です。

2回目以降の特典については、特に回数の上限はありません。5回でも10回でも3万円以上であれば、無料で利用できるルールになっています。次の月に移行したときには、前月のカウントはリセットされます。新しい月に移行すれば、ゼロからスタートしますので、初回に限り、3万円未満の入出金であっても無料が適用されますから、上手に使っていきましょう。

安くなるのは一部のATMに限られる点に注意

ジャパンネット銀行を使いこなす上で注意したいのが、利用できるATMの種類です。インターネット専業銀行の特徴を持っていますので、ジャパンネット銀行が独自に用意する機械が存在しません。提携先の他社の機械を使っていくことになります。

利用できる提携先の機械は、5種類です。コンビニATMとしてセブン銀行とイーネット、ローソンATM、銀行系では三井住友銀行とゆうちょ銀行のものが使えます。必ず、この5種類の機械を使いましょう。利用の際には、ジャパンネット銀行から発行された、キャッシュカードを持参します。

挿入口にカードを差し込めば、手続き画面が表示されますので、案内に従って操作を始めてください。手数料無料に関しては、自動的に機械が判別してくれますので、特別な操作をすることなく、普段通りに入出金を行うだけで適用されます。5種類の全てで初回無料や、2回目以降も3万円以上の取り扱いで無料の条件が適用される仕組みになっているものの、3万円未満の発生費用に関しては、機械の種類によって違ってきます。

気を付けたいのが、ゆうちょ銀行です。ゆうちょ銀行の機械で、2回目以降の入出金を行う際に、3万円未満の取り扱いで1回につき324円の手数料が発生する点に注意しましょう。その他の会社の機械であれば、3万円未満で162円が発生します。

因みに、ジャパンネット銀行の円普通預金と円定期預金が3000万円以上ある利用者だと、ゆうちょ銀行以外の機械に限り、2回目以降の入出金で3万円未満の取り扱いになっても、無料になる優遇を受けられるルールになっているのが魅力です。

インターネットバンキングならではの振込の安さにも注目

手数料の安さは、入出金の部分だけではありません。実店舗を構えるコストが発生しにくい分だけ、振込手数料の安さが光っているのも事実です。振込を実行するには、インターネットバンキング経由で行います。三井住友銀行のATMに限り、振込が可能ですが、インターネットバンキング経由のほうが、費用が安く済みますのでお得です。

ジャパンネット銀行の本店窓口でも振込を行えるものの、とても割高ですので、よほどの理由がない限りは利用する必要はないでしょう。インターネットバンキングによる振込の費用ですが、ジャパンネット銀行の口座宛であると、金額に関係なく、たったの54円で済んでしまいます。

他社の預金口座への振込の場合だと、3万円未満で172円、3万円以上で270円の費用が発生します。実は、他社のインターネットバンキングでも、同行の本支店宛の場合で無料になるケースが割と見かけられますから、ジャパンネット銀行が特別に安いとは言い切れません。

しかし、特に条件が決められておらず、たったの54円で済んでしまうことや、他社への振込費用がとても安い事実を考慮すれば、とてもリーズナブルで余計な費用が発生しにくい銀行だと判断できるでしょう。振込手数料にも、ATMの入出金と同じ条件で、優遇サービスが適用されます。

適用されると、振込金額や回数に関係なく、ジャパンネット銀行宛の振込が完全無料で利用可能です。他社の預金口座へ振込む場合には、月5回まで完全無料、月6回目以降になると3万円未満の取り扱いで172円、3万円以上であれば270円が発生することを覚えておいてください。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-暮らし
-, ,

関連記事

フリマアプリとネットオークションの違いは?どちらがお得?

いらないものを売りたいけれど、どうやって売るのかで悩んでいませんか。 スマホやパソコンなどがあると、自分で取引して売ることができます。 フリマアプリとネットオークションがあるので、これらの違いを見極め …

洗い方をマスターする:フェイクファー

毛皮は、身に着けるだけでもその日のスタイルに高級感を出すことができ、パーティースタイルには欠かせない存在です。 しかし、本物の毛皮は高級品でもあり、お手入れも大変です。本物の毛皮となれば、汚れても自宅 …

家計簿をつけて貯金100万円を貯めよう

貯金で100万円を貯めるのであれば、家計簿をつけることをおすすめします。 家計簿をつければ節約をするにも効果的に出来ますし、収入を増やすという意味でも効果的に使うことができるようになります。 安心して …

メガバンク「三菱東京UFJ銀行」のコンビニATM手数料も無料になる!?

新規に口座を開設したいと考えるとき、どの銀行にするか迷います。預金金利を重視する人もいれば、単に家の近くに店舗があるや、店舗数が多いからと選ぶ人もいます。その他、ATMの利用料も重要な要素です。 その …

料理の腕が上がる!あると便利なキッチン家電 : ヨーグルトメーカー

乳酸菌を体内に取り込むことで、腸内環境の改善に役立つ食品としてヨーグルトがあまりにも有名です。便秘気味の人や肌荒れに頻繁に悩まされる人にとって、食料品売場で簡単に購入できるヨーグルトは便利ですが、ヨー …

楽天モーションウィジェット