メガバンク「みずほ銀行」のコンビニATM手数料も無料になる!?

みずほ銀行は、みずほマイレージクラブと呼ばれている会員プログラムが提供されています。

年会費などはなく、無料で使うことができる上に、入会している状態で、ある特定の条件を満たしていると、様々な特典を受けることができるようになっています。

スポンサーリンク

みずほ銀行のみずほマイレージクラブ

様々な特典の中には、ATM手数料が割引されるというサービスも含まれています。みずほ銀行ATMで、時間外に利用した場合のATM手数料である税込108円や、216円が無料になります。そして、無料になる条件など特に制限はありません。そのため、みずほ銀行が提供しているATMについては、手数料が一切かからなくなるということになります。

そして、コンビニエンスストアに設置されているATMには、セブン銀行ATMや、ローソンATMといった、大手のコンビニエンスストアが提供するATMもありますが、多くのコンビニエンスストアが提携しているイーネットATMというATMもあります。

これらのATM利用手数料や、ATMを時間外に利用した場合の手数料が、月に4回までであれば無料になります。そして、みずほ銀行の本店や支店の口座に振り込むときの振込手数料や、カードを新規で発行するとき、切り替えるために発行するとき、再発行をするときにかかる手数料も無料となります。

クレジットカードを利用していなかったとしても、給与を受け取る口座をみずほ銀行に指定していれば、2ヵ月後に手数料が無料になる特典を受けることができます。ですので2018年の1月に条件をクリアしていたときには、2018年の3月に特典が受けられることになります。

みずほマイレージクラブカードを利用しているかどうか

みずほ銀行が提供するクレジットカードである、みずほマイレージクラブカードには、様々な信販会社が提携しているので、様々な種類のカードがあります。例えばUCカードや、セゾンカード、オリコカードなどです。みずほマイレージクラブカードを利用した月の、2ヵ月後も手数料が無料になる特典が受けられるのですが、みずほマイレージクラブカードを、その月に利用したかどうかを判定する期間は、提携している信販会社によって違ってきます。

みずほマイレージクラブカードがUCカードだった場合は、その月の11日から次の月の10日までとなっていますが、オリコカードや、セゾンカードは、その月の1日から、その月の末日までとなっています。みずほJCBデビットカードを利用している場合も、特典が受けられるのですが、利用があったかどうかは、前の月の16日から、その月の15日までに利用したかどうかで判定されます。

みずほマイレージクラブカードや、みずほJCBデビットカードを利用していない場合でも、判定の対象になる月から遡り、1年の間に10万円以上利用している場合は、2ヶ月後に特典を受けることができます。みずほマイレージクラブカードでなくても、オリコカードを3千円以上利用していれば、2ヵ月後に特典を受けることができます。

ただし、みずほ銀行を引落口座に設定していることが、条件となっています。また、オリコ専用のホームページから手続きする必要があります。そして、25歳未満の学生もみずほマイレージクラブの特典を受けることができます。学生には大学生や、短大生だけでなく、高専や、各種専門学校の学生も対象になります。

大学院生も対象になりますが、予備校生は対象になりません。

資産運用商品の取引があれば、特典が受けられる

みずほ銀行や、みずほ証券、みずほ信託銀行に、預金の残高や、MMFの残高、MRFの残高が月末日の合計で30万円以上の場合は、2ヶ月後に発生した手数料が無料となる特典を受けることができます。これには投資信託や、金銭信託、公社債、外貨預金、株式、個人向けの国債なども含まれます。

みずほ証券や、みずほ信託銀行で取引をしていて、みずほマイレージクラブの特典を受けるためには、手続きを行う必要があるので、注意する必要があります。みずほ信託銀行で、みずほマイレージクラブの特典を受けるためには、みずほ信託銀行で手続きをすればよいのですが、みずほ証券で、みずほマイレージクラブの特典を受けるためには、みずほ銀行で手続きをする必要があるので、注意をする必要があります。

手続きを済ませた月の末日に行われる判定に基づいて、2ヵ月後に特典を受けられるかどうかが決まることになります。みずほ証券で多くの金額を取引していたとしても、手続きをしていなければ、みずほマイレージクラブの特典を受けることができなくなってしまうので注意が必要です。

資産運用商品の中には、リスクを負う必要がない個人向けの国債も含まれています。資産運用商品は取引金額に条件は設定されていないため、個人向けの国債を最低限の1万円分購入すれば条件を満たすことができることになります。

そして、みずほ銀行や、みずほ証券にNISAの口座があって口座を開設した月から2年の間は、2ヵ月後に特典を受けることができます。

また、みずほ銀行にカードローンや、住宅ローンといった形で借り入れたお金の残高が月末の日に残っていれば、2ヵ月後に、みずほマイレージクラブの特典を受けることができます。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-暮らし
-,

関連記事

100円ショップで買うならコレ!おすすめの生活用品

100円ショップには様々な商品があり、中には100円とは思えないものもあったりします。 日用品や便利グッズなど、生活に役立つ商品が豊富にあります。 特に消耗品は内容量が多いとお得ですね。 今回は100 …

いまさら聞けない年金入門|年金の確定申告

年金をもらっている人は、確定申告を行うと税金が戻ってきたり、市民税等の減免が行われる可能性があります。 一般的に、会社勤めをしていた人は確定申告等に縁のない人が多いのですが、これを行うことで、様々なメ …

繊維の種類と特徴を把握する:綿(コットン)

コットンと表記される綿は、コットンの種子から採取する種子毛を原料として作られる繊維で、天然繊維の中でも、植物繊維に分類されます。 日本名では、アオイ科のワタという植物の種子の周りに出来る、コットンボー …

プランターで家庭菜園!冬に植える野菜

最近はプランターを使って家庭菜園を楽しむ人が多くなっていますよね。 家庭菜園の魅力は自分達で栽培した野菜を食べる事が出来る、収穫を楽しめる、採りたての新鮮野菜を味合う事が出来るなどがあります。

大後悔…引っ越しで捨てなければよかったものは?

引っ越しが決まったら「この機会にいらないものを捨ててしまおう」という気持ちになり、不用品をごっそりと捨ててしまう人が多くいます。 不用品を処分することは良いことです。 しかし、思い切りがよすぎてしまい …

楽天モーションウィジェット