コンビニATMの手数料が無料!ネット銀行「住信SBIネット銀行」

住信SBIネット銀行は、有人店舗や専用のATMを持たないインターネット銀行で、日本のインターネット銀行の中でトップの預金残高(3兆5千億円以上)を誇ります。

スポンサーリンク

住信SBIネット銀行の特徴と人気の秘密

住信SBIネット銀行の人気の秘密は、証券口座に入出金する際に非常に便利であることです。住信SBIネット銀行は、多くの証券口座に即時入金が可能で、ネット証券取引や仮想通貨で投資を行う人にとって必須の、ネット銀行口座です。

これに加えて、コンビニATMが無料で利用できる回数が多いということも、人気の秘密です。住信SBIネット銀行では、口座を開設した人全員が、毎月最大2回まで、提携ATMから手数料無料で現金を引き出すことができます。他のインターネット銀行と比較した場合、似たようなサービスを実施する楽天銀行(旧イーバンク銀行)で、同じ特典が得られるためには、「ハッピープログラム」に登録して、「プレミアム」(預金残高50万円以上)の条件をクリアしなければなりません。

住信SBIネット銀行では、提携ATMから現金(紙幣に限る)を入金する場合や、カードローンの借入・返済をする際は、金額にかかわらず手数料は一切発生しません。普通預金口座から、現金を引き出す時にだけ手数料(1回108円)が発生します。

ちなみに、提携ATMが設置されている場所は、イオン銀行(イオンモール・イオンショッピングセンター・ミニストップ)、セブン銀行(セブンイレブン・イトーヨーカドー)、E-net(ファミリーマート・スリーエフ)、ローソン、ゆうちょ銀行(郵便局・ファミリーマート・ショッピングセンターなど)、ビューアルッテ(JR東日本の駅構内)です。

普段利用するショッピングセンターやコンビニ、駅構内などで手軽に現金が引き出せるので便利です。

ATM手数料無料回数を増やす方法

住信SBIネット銀行では、銀行の預金残高やサービスの利用状況によって、ATM手数料が無料になる回数を増やすことができます。無料回数を増やす方法は、「スマートプログラム」のランクを上げることです。預金者全員が、無条件でランク1(月2回まで無料)に設定されています。

スマートプログラムで一定の条件を満たせば、ランクがアップします。毎週1回の頻度で現金を引き出すためには、ランク2(月5回まで無料)の条件をクリアする必要があります。ランク2の条件は、

・月末総預金残高が100万円以上
・指定されたサービス(外貨預金の月末残高あり
・仕組預金の月末残高あり
・SBIハイブリッド預金の月末残高あり
・カードローンの月末借入残高あり
・目的ローンまたは不動産担保ローンの月末借入残高あり
・給与、賞与または年金の入金あり
・純金積立の契約あり
・Visaデビットカードの月末時点の確定金額が合計1万円以上)

の、いずれか2つ以上を利用することです。100万円を預金しない場合は、例えば外貨預金に1米ドルを預金して、給料振込を利用するだけで、簡単にランク2の条件がクリアできます。

ランク3(月7回まで無料)を満たす条件ですが、300万円以上の預金をするか、指定されたサービスを3つ以上利用することです。例えば、給与振込・外貨預金・仕組預金(最低10万円)の3つで簡単にクリアできます。最高のランク4(月15回まで無料)を満たす条件は、仕組預金と外貨預金の合計額が500万円以上または、仕組預金と外貨預金の合計300万円かつ住宅ローンを利用していることです。

さらに、クレジットカード(SBIカード)を利用すれば、ランクアップ(レギュラーカードで1ランク、ゴールドカードで2ランク)します。

ATMで現金を引き出す回数を減らす方法

ATMで現金を引き出す際の手数料を節約する方法として、スマートプログラムを活用することができますが、クレジットまたはデビット決済を活用すれば、現金での支払い回数を減らすこともできます。住信SBIネット銀行では、希望すれば「Visaデビットカード付キャッシュカード」を発行してもらえます。

これは、普通預金の残高範囲内でカード決済が利用できる便利なカードで、年会費無料でポイントが付きます。クレジットカードではないので、15歳以上の人であれば、審査なしで誰でも発行してもらえます。クレジットカードの申し込みができない中学3年生、または高校生でも利用できます。

コンビニやスーパーなどで代金を支払う際に、Visaデビットカード付キャッシュカードを利用することで、ATMから現金を引き出す回数を減らすことができます。デビットカードはポイントが付きますし、海外では外貨預金に預けている米ドルで決済してもらうことも可能です。

円高の時に、外貨預金で米ドルを購入しておいて、円安の時に支払いに利用することもできます。カード決済以外にも、SBIネット銀行でATMの利用回数を減らす方法があります。スマートプログラムでは、ランクごとに他行口座への振込も月に何回か無料になります。

そのため、ATMの引出手数料無料の、他の金融機関にお金を移動させてから、その金融機関のキャッシュカードを利用して現金を引き出すことができます。

最後に

店舗やATMを持たないインターネット銀行を選ぶ場合には、現金を入出金する際の手数料を考慮する必要があります。

住信SBIネット銀行は、他のインターネット銀行よりもATM手数料が無料になる回数が多いので、特におすすめです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-暮らし
-, ,

関連記事

遠距離恋愛の彼女に送って喜ばれるプレゼント

昔は、手紙や黒電話などでしかコミュニケーションを取ることができなかったのが、今ではインターネットが発達したお陰で、パソコンやスマートフォンなどを駆使することによって、遠距離で付き合っている恋人とも、簡 …

いまさら聞けない年金入門|厚生年金の加入年齢と受給年齢

厚生年金は、正社員として働いていると給料から、自動的に徴収されています。 しかし、いつから払えばいいのか、いつまで払えばいいのか、いつからもらえるかは把握していない人が多いのではないでしょうか。 とい …

フリマアプリ「5656BikeParts」の特徴や使い方

5656BikePartsは、バイクが大好きな人のためのフリマアプリです。 他にはない、バイクに関係するパーツやウェアなどが、たくさんのが特徴的で、使い方も簡単で気軽に出品したり、購入することができ多 …

資産運用で100万円を貯めるには?

100万円の貯金を貯めるという目標を立てても、日常生活を送りながら貯めることは簡単ではありません。 毎日の支出を節約しているとストレスが蓄積され、仕事だけでなくプライベートにも影響が出ます。 最も良い …

100万円を貯金するために、飲み会や外食を控えよう

貯金を始めたいと考えたとき、多くの方が目標とする金額は100万円と言われています。 小さな金額ではありませんのですぐに貯めるのは難しいと考えられがちですが、工夫をすることで意外とスムーズに目標を達成し …

楽天モーションウィジェット