秋に取り入れたいカラーを活かしたコーデ:インディゴ

インディゴは、独特の織りと染めによるカラーが印象的な布地で、どんなファッションも似合うコーデが可能です。

個性的でありながら、ユニセックスで着られる便利なアイテムです。カラーの違いを楽しみ、全身コーデをすることもできます。

スポンサーリンク

限りなく黒に近い青色を選ぶ

インディゴは、紺から青のグラデーションの中から好きなカラーを選ぶことができます。おすすめは、限りなく黒に近い濃紺です。オールシーズン活躍してくれる、アイテムになります。

夏なら、白いシャツを羽織るだけで全体をすっきりとまとめ上げてくれますし、冬ならコートやセーターをさりげなく印象付けてくれる、控えめなカラーとして活躍してくれます。

明るい色のバッグや靴など、小物をアピールしたい時にもおすすめです。麦わら帽子やサングラスといった夏の定番アイテムとも相性がよく、年齢にかかわらず誰にでも似合う色です。

若々しく見せるなら、ロールアップして足首を肌みせして履くと、足がきれいに見えます。

パンプスでもブーツでもサンダルでも、うまくコーデができるマルチなアイテムです。

ピンクやミントグリーンといった鮮やかな蛍光カラーでも、統一感のとれたコーデが可能なところが魅力で、コーデに迷ったならインディゴといった使い方ができます。

紺、ネイビー、ブルーといったグラデーションを楽しみ、インディゴオンリーのコーデにしてもお洒落に見えます。

困ったときにはインディゴを選ぶ

インディゴで特に便利なアイテムがTシャツです。

胸元に大きな柄が入っていたり、ポケットがついていたり、ロゴが入っていたりしても、インディゴのカラーが全体のトーンを引き締めてくれますので、スタイリッシュな着こなしができます。

丸首やVネックなど、首元の開きの大きさでも印象が変わります。女性なら、シンプルなTシャツでも七部袖や長袖を選ぶと、インナーとしても活躍してくれますし、1枚で清潔感のある着こなしができます。

ダークなカラーを選ぶと、大人っぽさも印象付けられます。男性が着るなら、染めが薄めのものや、統一されていないものを選ぶと、涼やかな印象になります。

体にぴったりフィットしたタイプなら、筋肉質をアピールすることもできます。リペア加工されたものなら、アメカジ風の着こなしができます。

上質な藍染のシャツを選べば、色違いでそろえて雰囲気の違いを楽しむことができます。パイル生地や、違う生地を組み合わせたコンバージョンボーダーなども、個性的な仕上りを楽しめます。

ウオッシュ加工や、ビッグシルエットなどデザインの豊富さが魅力です。何と言っても、ワンウォッシュデニム インディゴの魅力を最大限に引き出してくれるのは、何と言ってもデニムです。

スキニーやサルエル、カットオフワイド、クロップド、ショートパンツまで、デザインのかわいらしさをアピールしてくれます。

ストレッチデニムを選べば、自然な履き心地を楽しめます。美脚や小尻といった、スタイルをきれいに見せてくれる効果もあります。ビンテージ加工されていれば、個性的な着こなしができます。

ロールアップして履けば、2ウエイの着こなしができますし、控えめなダメージ加工なら、女性らしさもさりげなくアピールできます。

ウエストゴムタイプもありますので、締め付けず楽に履けます。ヒップホップの衣装として利用したり、室内着としても活躍してくれます。

ヒッコリー生地を横に使って生地の質感の違いを楽しめるタイプや、股上が深めのハイウエストなら大人かわいいコーデを楽しめます。

サロペット&サルエルならルーズな着こなしができますし、作業着にも適しています。見た目はスカートに見えるヘリンボーンデニムなら、見た目を気にすることなく大股で歩けます。

少し色落ちしたものを選ぶ

色落ちした薄い色味のデニムは、オールシーズン活躍してくれます。生地の質感の違いを統一感に変えてくれる効果がありますので、特に冬のダウン、コート、ジャケットなどは羽織るだけでおしゃれに見せてくれます。

帽子や靴などの小物に、白を1点入れるだけで透明感と清潔感をプラスすることができます。

古着とも合わせやすく、きれいめコーデにラフ感をプラスして抜け感を出すことができます。サイズをタイトにすることで、スタイル良く見せてくれますし、トップスがルーズであればあるほどこなれ感が出せます。

時計や帽子、ベルトなどの小物をアピールするのにも適しています。ケーブルニットや、カーディガンとの相性も最高です。デニムジャケットやデニムシャツとのワントーンコーデもお洒落に見せてくれます。

柄物のリュックや、サイズ大きめのトートバッグを選ぶと、アクセントになります。

夏は、シャツにデニムというシンプルなコーデで飽きませんし、見た目もおしゃれです。カジュアルに活躍してくれる便利なアイテムですが、おしゃれ上級者になっても魅力を発見できる難しいアイテムでもあります。

大人の普段着として最適なインディゴは、生地の質感や色落ち具合、デザインなどを比較していろいろ試してみると、自分に似合うものが見つかります。

カジュアルにも大人っぽくも着こなせますので、幅広いコーデが楽しめます。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-ファッション
-, ,

関連記事

キャップでコーディネートに遊びを加える♪

ファッションにキャップを上手く取り入れると、コーディネートにオシャレな雰囲気を出しやすくなります。 遊び心として、ファッションのアクセントに使い、コーディネート上手になりましょう。似合う帽子が見つから …

リアルファーのメリット・デメリット

稲作が始まるよりも以前から人は、動物を狩り、その肉を食べるだけでなく、毛皮もまた防寒のために利用していました。 温暖化が進む中、日本で毛皮が必要なほどの寒さと言うのは、それほどありません。 しかしなが …

小顔に見せる!着痩せして見える色とは?「明るさの度合いを下げた色」

ぽっちゃりとした体形の人は、どうしても顔が大きく見えがちになってしまいます。 もともと小顔だったとしても、たっぷりとお肉がついていることによって、本来の顔の大きさよりも大きく見えてしまうことがあるから …

人気のデニムは、テーパード型ではきこなそう!

デニムは、定番のアイテムですが、今人気を集めているのはテーパード型で、抜け感を活かしたファッションが注目されています。 テーパード型の特徴と魅力を知るだけで、デニムの楽しみ方が広がりますから、このキー …

ボリューム満点!ラクーンファーの特徴について

毛皮には、動物ごとに種類の違いがありますが、その中でもラクーンファーについては、詳しく知らない人も多いのではないでしょうか。 ラクーンとは、どんな動物なのか、毛皮の特徴はどんなものなのかを知り、毛皮選 …

楽天モーションウィジェット