秋に取り入れたいカラーを活かしたコーデ:パープル

秋になると、落ち着いた大人な印象を演出したいものですが、かといって黒やグレーといったモノトーンばかりや、茶色などのありきたりのカラーでは、バリエーションも決まりきったものばかりで飽きてしまいます。

そんな時には、パープルを活かしたコーデをしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

パープルはカラーバリエーションが豊富

ファッションを楽しむ上で重要になってくるのは、全体のコーデですが、秋になると中々派手な装いが難しくなりますので、いつも同じカラーばかりという方も多いのではないでしょうか。

そんな方には、パープルを取り入れてみる事をおすすめします。

パープルと聞くと、組み合わせるのが難しいイメージがあるかと思いますが、実はパープルと一言で言っても、そのカラーバリエーションは豊富で、赤茶色が強く反映されたボルドー系から、赤みがかったワインレッドも分類されることがあります。

また、薄いパステルカラーのラベンダー色などは、主張が激しくない為、比較的どんなコーデであっても取り入れやすい特徴があります。

このように、パープルと一言で言っても、そのカラーバリエーションは非常に豊富で、使うカラーによっても周囲に与える印象を大きく変えることができますので、それぞれの色の特徴を良く理解して、ファッションに取り入れることができれば、いつも同じ装いばかりになってしまう秋ファッションに、違った要素を取り入れることができるようになっていきます。

パープルと相性が良いコーデ

取り入れることが難しく感じるパープルですが、そんな難しいカラーを上手に着こなす為のポイントは、数あるバリエーションの中から、色の濃さや系統を良く見て組み合わせることです。

例えば、パステル系の色のように優しい紫の場合には、薄くて柔らかい印象の色と組み合わせる事で、上品で美しい印象を演出することができるようになります。

また、ワインレッドのように赤みがかった紫の場合には、ダークな印象を醸し出しているブラック系と組み合わせると、シックな色合いとなり大人っぽい印象を与えることができますし、逆に清楚なカラーのホワイトと組み合わせることによって、濃い紫をより引き立たせたコーデを楽しむことができます。

また、グレーなどのベーシックな色と組み合わせることでも、モード系のファッションを楽しむことができますので、他の色との組み合わせ次第では、全く違った印象を作り出すことができます。

その為、その日の気分によって、どんな印象を周囲に与えたいのかを良く考えながらコーデをすると、より一層ファッションを楽しむことができるようになります。

具体的なラベンダー系のコーデ

秋には落ち着いた印象のファッションが多くなりますが、パステル調のラベンダーカラーを取り入れることで、暗い印象になりがちな秋ファッションを明るく楽しむことができるようになります。

特にラベンダー系の色は、春や秋などの暖かい季節にはピッタリの色になります。

例えば、ラベンダー系のパンツに、白無地のTシャツを合わせるだけでも、軽い印象を作り出してくれますので、まだ少し熱さの残る秋口には最適なコーデとなります。

また、秋も深まり少し肌寒い日が増えてくる季節には、同じラベンダー系の色でも、少し濃い色のものをパンツとして持ってくることで、落ち着いた印象を演出することができます。

アウターには、ベージュなどの秋を感じさせる色を組み合わせると、より一層落ち着いた印象にすることができます。

同じくラベンダー系でも、ピンクが混ざった薄い紫色の場合には、ニット素材のものがおすすめで、温かみのあるニットに、爽やかな紫の色合いが非常にマッチしていて、普段よりも可愛い印象を演出したい時には、最適なアイテムとなります。

このように、同じラベンダー系の色であっても、少しずつ色の濃さや含まれる色が異なる為、それぞれが違った印象を演出することができるようになっています。

濃い色のパープルやワインレッド系のコーデ

ここからは、同じパープルでもダークトーンのものや渋いもの、さらには赤みがかったワインレッドのようなパープルに適したコーデを見ていくことにしましょう。

ブラックやネイビーといった、ダークトーンがミックスされた色は、濃くて暗いブルーベリーのような色合いをしていますが、このようなダークトーンの色は、肌寒くなってきた秋から冬にかけてのファッションと、とても相性が良い色になります。

明るいラベンダー系とは異なり、マニッシュなイメージの強い色なので、組み合わせる色も、暗めの色を合わせると全体的に落ち着きのあるコーデを楽しむことができるようになります。

パンツにパープルをもってきて、トップスにはプリントTシャツ、アウターにはブラックのレザージャケットを持ってくると、パープルとのバランスも非常に取れたおとななファッションにすることができます。

赤みの強いワインレッド系の紫を取り入れたい場合のアイテムとしては、おとなな印象を醸し出すタイトスカートなどのアイテムが良く、トップスにはシンプルにブルーのデニムシャツを合わせるだけでも、かっこよく着こなすことができるようになります。

このように、同じパープルと言ってもダークトーンやワインレッド系は、それだけでもおとなな印象にすることができますので、全体のコーデも大人っぽいものを組み合わせてみると良いでしょう。

最後に

パープルは、一見すると取り入れることが難しそうなイメージのある色ですが、見た目的な印象が強いだけに、ワンポイントアイテムとして取り入れるだけでも、全体の印象を大きく変えることができます。

また、パープルと一言で言っても、その種類は様々ですので演出したい印象を、色と組み合わせによって変化させられるのも、パープルの魅力の一つとなっています。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-ファッション
-, ,

  • Title

    […]we came across a cool web-site which you could possibly delight in. Take a appear in case you want[…]

  • -->

    関連記事

    服の色の合わせ方の基本をマスター

    自分が着る服のコーディネートをするときに、最も気にかけているところは何でしょうか。 やせて見えること、雰囲気を作ることなど様々なことがあげられるでしょう。 だれがどんな服を好むかということは人それぞれ …

    オフィスコードをワンランクアップしてくれるバッグ【レザー素材で通勤クラッチ】

    かつて人気だったセカンドバッグ。 今はクラッチバッグと呼ばれています。サラリーマンがオフィスに持っていくカバンと言えば、ちょっと前まで「セカンドバッグ」が定番でした。

    スカーフでコーディネートに遊びを加える♪

    スカーフは、コーディネートに遊びごころをプラスする、とてもよいアイテムです。 シンプルなコーディネートほど、スカーフを取り入れることで、違った印象になります。素材や大きさ、色柄も豊富ですから、好みのも …

    ペアルックではないリンクコーデのやり方『小物で合わせる』

    家族や友人、恋人など、身近な人同士で同じものを身に付け、一体感を高めてくれるペアルックは一時期流行しました。 しかし、あまりにもそっくりそのまま揃えてしまうような形では、ちょっと気恥ずかしさを感じるこ …

    オフィスコードをワンランクアップしてくれるバッグ【A4が入るトートバッグ】

    毎日使いやすいバッグは、オフィスコーディネイトにあうA4サイズが入るトートバッグで、色は定番のものです。

    楽天モーションウィジェット