紅葉の名所「長瀞」の景色を満喫!

長瀞の景色を象徴するものとしては、荒川渓谷の岩畳が代表的です。この岩畳は、三波川変成帯という地質が特徴的で、日本における地質学発祥の地とされています。

本来は、地下深い場所に埋没している結晶片岩が、荒川沿いに露出していることから、長瀞は地球の窓とも呼ばれています。

スポンサーリンク

一度は行きたい!おススメの紅葉スポット

岩畳の長瀞渓谷の周辺を巡るコース

長瀞の岩畳は、宮沢賢治をはじめとする文人たちにも愛されたこともあって、紅葉の時期にはコントラストが絶妙になります。河床に露出する結晶片岩には、所々に穴のような窪みがあることが知られています。

これは甌穴と呼ばれるもので、水中で小石が対流する中で作られた造形です。長瀞の荒川渓谷には、世界的に見ても希少な紅簾石片岩の露頭がありますが、こちらも紅葉の時期には素晴らしい絶景になります。

金石水管橋の付近は、長瀞の周辺ではキャンプ場や別荘がある場所としても知られています。周辺には桜並木があるため、春の時期には、花見を楽しむために訪れる人が多くなります。

秋に訪れる場合には、荒川の両岸の木々が赤や黄色に染まることで、独特な景観を楽しめます。金石水管橋は、歩行者や自転車も通ることができますので、秋の時期にはハイキングやサイクリングで訪れることもおすすめです。

長瀞の町役場から近い場所にある、高砂橋の周辺についても、結晶片岩の景色が美しいことから、季節を通じて観光客を魅了してくれます。

荒川右岸の県道82号線からハイキングを開始して、高砂橋を渡って長瀞の中心部へ向かうコースも、景色が見事です。あるいは、長瀞トンネルの横にある歩道を利用する場合にも、秋には紅葉の絶景を鑑賞できます。

長瀞のシンボルとして有名な宝登山も、紅葉の名所荒川の左岸側で鎮座する宝登山は、長瀞ではパワースポットとしても、人気を集めている名所です。

秩父三社の一つに数えられる宝登山神社があることから、年間を通じて参拝者が絶えることがない場所ですが、紅葉の時期には特に賑やかになります。

秩父線の長瀞駅で下車してからは、風情ある商店街を眺めながら、西側へと歩いていくと、大きな石鳥居が見えてきます。

この鳥居を通過して登っていくと、宝登山ロープウェイの入り口に到着します。宝登山の標高は500メートルほどですが、ロープウェイを使えば、5分間で山頂付近に移動することができます。

冬の時期には、ロウバイを眺めることも人気の場所ですが、11月頃に訪れた観光客は紅葉の景色を見て感動することになります。

宝登山には動物園もありますので、子供連れで訪れる観光客も少なくありません。

紅葉の時期には、動物園も賑やかさを増して、多くの人が感動的な景色を写真に収める光景も見られます。春の時期にはツツジが美しいことでも有名ですが、秋の景色にも負けないほどの美しさがあります。

山頂からは、秩父の山並みが一望できるだけでなく、眼下に広がる荒川の景色も俯瞰することが可能です。

1900年の歴史を有する宝登山神社は、紅葉の時期には、極彩色の社殿の美しさが際立ちます。歩いて訪れた人も伝統的な社殿を眺めれば、パワースポットとしての魅力を実感できます。

下山の途中には、宝登山の姿を再び眺めることも、おすすめできます。荒川沿いで孤立する山容を誇っていますが、鋭く尖った部分がないため、宝登山の紅葉の美しさには、温かみもあるのが特徴です。

長瀞の紅葉を荒川の水上から眺めるプラン

皆野町と長瀞町の境に架かる親鼻橋の周辺は、荒川のライン下りが楽しめる場所としても有名です。夏の季節には、クールスポットとしても人気を集めていますが、秋には景観も大きく変わります。

荒川渓谷の紅葉は、周辺の遊歩道から眺めることもできますが、水上からの見た目も格別です。

長瀞のライン下りには、様々な見所がありますが、特に有名なのは、親鼻鉄橋を通過する地点です。親鼻鉄橋とは、秩父線の荒川橋梁のことで、1914年に竣工した近代土木遺産です。

4段式のレンガ橋脚と赤い橋桁が特徴で、秩父の鉄道風景を代表する、名所としても知られています。橋脚の部分は、赤レンガの赤色と花崗岩の白色の対比が美しいもので、独特な造形美があることも特徴です。

この景色も紅葉の時期になると、再び素晴らしい景観になるわけですが、水上から眺める場合には、スリルも実感できます。

荒川橋梁を通過するときには、橋脚が鳥居のように見えることも有名です。

ライン下りは、船頭の絶妙な手さばきによって運航されていますので、実際に乗船するだけでも、伝統的な技術に触れることができます。途中には、様々な名所の紹介もして、観光ガイドとしての役割も担っています。

水上からの紅葉鑑賞は、和舟のライン下りだけではなく、ラフティングのボートでも同様に体験できます。

長瀞渓谷のラフティングは、4月から11月の時期にかけて実施されていますので、紅葉の時期がクライマックスになる形です。

ラフティングでは、水しぶきも直接に感じながら、荒川渓谷の紅葉を同時に鑑賞できる演出ですから、スリルと絶景を同時に楽しみたい人にもおすすめできます。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-旅行・レジャー
-, ,

関連記事

鋸山で登山を楽しむポイント!

鋸山(のこぎりやま)は、千葉県房総半島の南部にある山です。 千葉県の内房の富津あたりにある標高329メートルくらいの山で、ハイキングにもぴったりです。

ウィルミントン(アメリカ・デラウェア州)のおすすめ観光スポット

ウィルミントンにはアメリカ有数の観光スポットが多くあります。 また、観光客だけでなく、地元の人々も訪れるような素晴らしい景色を味わえるスポットもあります。 デラウェア州に行ったならば1度は行きたいとこ …

大人も子供も楽しめるプール!新宿「京王プラザホテル」

プールというと、アミューズメントパークやフィットネスジム、自治体が運営している公営プールなどを、イメージする人も多いと思いますが、宿泊施設であるホテルに備えられていることもあります。 ホテルに宿泊する …

「温泉と木崎湖コース」でサイクリングを楽しむ為のポイント!

長野県大町市にある木崎湖(きざきこ)は、標高764mの高原にある湖です。 JR大糸線沿いに連なる3つの湖、青木湖、中綱湖そしてこの木崎湖を総称して仁科三湖といいます。

初詣にもおすすめな「成田山新勝寺」の歴史

新年三が日に訪れる初詣客の人出をもとにした、初詣ランキングでは明治神宮に次いで2番目とされるほど、多くの人々の崇敬を集めている、成田山新勝寺の御本尊は不動明王です。

楽天モーションウィジェット