紅葉の名所「六甲山」の景色を満喫!

六甲山とは、兵庫県神戸市にある標高931メートルの山のことです。住所は、兵庫県神戸市北区になります。アクセスは、大阪からおよそ1時間ですが、鉄道で行く場合は、JR神戸線の六甲道駅、あるいは阪神の御影駅、阪急の六甲駅からバスに乗っていきます。

バスの乗車時間は、およそ20分です。そこから六甲ケーブルに乗り、およそ10分ほどで六甲山に到着します。この山の特徴は、神戸という都市にありながら、自然がたくさん残っていることです。

スポンサーリンク

一度は行きたい!おススメの紅葉スポット

六甲山の魅力について知っておこう

六甲山の景色で見ておきたいところは、六甲ガーデンテラスのスポットに行き、紅葉の季節に大パノラマを望むことです。

六甲ガーデンテラスからは、明石海峡から大阪平野まで広く見渡すことができます。また南東の方を見ると、関西国際空港まで眺めることができます。六甲山周辺の紅葉もとてもきれいで、深まる秋の本格的な景色を見たい場合には、ぜひ一度は訪れたい場所でしょう。

六甲山の山道を車で走っていくと、紅葉がきれいなだけでなく、野生の動物を見かけることがあります。例えば、日本カモシカなどが道路から顔を出すこともありますので、注意深く森の中を見てみましょう。

また頂上付近では、イノシシの親子がいます。基本的に、えさをあげてはいけませんので注意をしましょう。

冬場の六甲山は、雪が降っている場合、路面が凍結する恐れがあります。路面が凍結している場合には、スタッドレスタイヤが必要になりますが、スタッドレスタイヤでも、十分にグリップしないことがありますので、無理な運転はしないようにするべきです。

標高もある程度高いため、気温も低くなります。

展望台というスポットから見る紅葉

六甲山から見る新しい名所としては、自然体感展望台があります。この自然体感展望台は、六甲山の四季折々の景色を見ることができるだけでなく、体験することもできるのが魅力的です。

LEDを使用して、六甲山の春夏秋冬の景色を表現するイベントもあります。秋には、六甲の紅葉を見ながら、しんみり景色を眺めるのもロマンティックではないでしょうか。

この展望台の特徴は、総ヒノキでつくられていることです。フレームや壁だけでなく、床に至るまで、奈良県の吉野という場所の森で厳選されたヒノキを使って建てられました。

室内に入っていくと、ほんのりヒノキの匂いがし、気分が落ち着くに違いありません。夕方になると、展望台から夕日を眺めることができます。

赤やオレンジ、黄色く染まった山の景色はとても美しく、みているだけで吸い込まれそうになるのではないでしょうか。また太陽が紅葉した山に反射し、そのコントラストを眺めるのもまた美しいものです。

六甲山の西の方に向って、夕日は徐々に沈んで行きます。晴れてるときには、海もきれいに見えますし、海の向こうのほうに沈んでいく夕日はまさに絶景です。

この展望台にある六甲枝垂れは、360度のパノラマが見渡せます。南側だけでなく北側の丹波地方や淡路島、そして四国の徳島県まで眺めることができます。

展望台の北側には風穴もあり、そこから見ることができる景色は、まるで絵画でも見ているような感じがするはずです。

また紅葉を見る季節では、六甲山光のアートというところで、色彩表現ができるLEDを使って光のイベントを行います。

牧場もあり、小さな子供でも楽しめる

六甲山で紅葉を見る場合、大人ばかりで行くことをイメージするかもしれませんが、実は子供でも楽しめるスポットがあります。子連れの家族にとっては、ありがたい場所なのです。

その一つが、神戸市立六甲山牧場です。この牧場は六甲山の頂上にあり、高原牧場といわれています。六甲山の中でも、人気のある観光スポットの一つになります。

牧場の中には、およそ120頭の羊が飼育されており、羊を見るだけでなく、触ったりすることもできますので、小さな子供にとっても、楽しめる場所です。十一月中旬ごろに行くと、紅葉が美しい景色を演出してくれます。

動物は、羊以外にもヤギや乳牛、そして羊の群れを移動させることができる牧羊犬、さらに馬やミニブタ、体験コーナーで触ることができるウサギ、アヒルなどもいます。

牧場内には、体験教室もあり乳製品を使った手作りのクラフト体験をすることができるのが特徴です。アイスクリームを作ったり、バターやチーズなども作ることができるので、紅葉を見るついでに、手づくり体験をするのも面白いかも知れません。

また家族連れで行く場合は、子供が小学生ぐらいになれば、フィールドアスレチックで遊ぶこともできます。全長はおよそ1キロのコースになっており、大人も十分楽しめる本格的なコースである点が特徴でしょう。

周りには美しい木々がありますので、やはり紅葉を横目にアスレチックを楽しむことができます。もし難しいコースなどがあれば、そのコースを回避することもできますので、小さな子供と一緒に行動しても問題ありません。

このように、六甲山には、大人が見るスポットだけでなく子供が楽しめるスポットもありますので、紅葉を見に来ると同時に楽しむとよいでしょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-旅行・レジャー
-, ,

関連記事

夏休みに家族で旅行したい栃木県のおすすめスポット3選

自然がいっぱいの栃木県は、夏休みの旅行で家族が楽しめるスポットがたくさんあります。 好奇心いっぱいの子供を飽きさせない場所や、幅広い世代が満足できる旅行先を選んで、家族の絆が深められる旅行プランを立て …

5月におすすめの国内旅行先3選

5月は新緑の美しさが映え、気候的にも寒さが落ち着き過ごしやすい時季です。 またゴールデンウイークがあり、長期の国内旅行先が人気となります。 有名観光地はもちろん、この時季ならではのお祭りも開催されてい …

知識が広がる!日本銀行金融研究所貨幣博物館の魅力とは?

貨幣に関する歴史を楽しく学べる施設が都内にあります。 日本銀行金融研究所貨幣博物館は中央区日本橋本石町にあり、貨幣に関する歴史的・文化的資料を展示しています。

茨城県のおすすめ温泉地3選

茨城県を旅行する場合には、温泉地を選ぶ方法もあります。温泉は少ないように見えますが、意外と多く、その割には混み合っているところはあまりありません。 ひっそりとしたところで、ゆっくりつかりたい場合は茨城 …

知識が広がる!江戸東京博物館の魅力とは?

江戸東京博物館は江戸の歴史や文化がわかるだけでなく、文明開化の時代の東京、関東大震災の様子、戦時中の東京、高度成長期時代の東京など時代ごとに詳しく東京のことが解説されています。

楽天モーションウィジェット