紅葉の名所「白駒池」の景色を満喫!

長野県と山梨県にまたがる八ヶ岳の湖沼の中でも、白駒池は最も大きく、日本で最高所のところにあります。

標高2115メートルに位置する白駒池は、高知にある湖の中では最大の大きさで、周辺には大自然そのままの原生林が広がっています。

スポンサーリンク

一度は行きたい!おススメの紅葉スポット

日本最高所にある神秘的な湖へ出かけよう

日本最高所にあるながら、歩いていけることも魅力の一つです。本格的な登山をしなくても、子どもから大人まで気軽に登山を楽しむことができます。

大自然に囲まれて、四季の移り変わりを見ることができるこの場所は、トレッキングの玄関口としても親しまれています。また、秋には紅葉スポットとしても有名で、標高が高いため、紅葉シーズンは10月くらいと少し遅めになります。

紅葉スポットの中でも、湖の美しさと、紅葉の両方の景色を見ることができるのは、魅力の一つです。特に、湖の清水にうつる紅葉の景色は、他では見ることができない、美しさがあります。

また、紅葉だけでなく、周辺の大自然をうつしだす湖の美しさも、絶景です。対岸には、からまつなどの黄金色が広がっていて、他では見ることができない景色を見せてくれます。

また、湖周辺から見るだけでなく、ボートに乗っても紅葉や景色を味わうことができます。湖岸からの景色とは違って、ゆっくりとした時間の中で、湖面から景色を楽しむことができます。

湖畔を一周すると、どこを歩いても紅葉と苔が広がっていて、贅沢な空間を楽しむことができます。

白駒池の紅葉の時期は、多くの観光客が訪れて、カメラマンが三脚を立てて、絶景を写真に残そうと集まっています。冬でも、樹木についた雪や樹氷で、幻想的な世界がひろがっていて、楽しませてくれます。

白駒池までの道のりも神秘の世界が広がる

白駒池へ向かうための入口は、白駒池の駐車場の脇にありますが、たどり着くまでの道のりもまた、幻想的な正解が広がっています。

駐車場は、北八ヶ岳山麓を巡るメルヘン街道の終点で、白駒池周辺には、一周できる散歩道が設置されています。駐車場の入口から進むとすぐに、別世界が広がっています。

まず、苔で覆われた原生林が永遠と広がっていて、日常を忘れさせてくれるほどです。苔が広がる世界は神秘的で、苔の美しい景観を保護することを目的とした、日本蘚苔類学会によって、日本の貴重な苔として認定されています。

原生林に差し込む光によって、苔が光に照らされている姿は、美しいです。人の手が加えられておらず、大自然の姿そのままに、種類の豊富な苔が織りなす、神秘な世界を見ることができます。

また白駒池周辺にも苔が広がっていて、オコジョの森、カモシカの森、黒曜の森、茶水の森など、約10箇所の苔の森があります。

種類は約485種類あり、天候によって苔の表情も変わるため、種類によって違った個性を感じることができます。

標高の高い白駒池は、6月頃までは雪が残る場合があり、苔を楽しむことができるのは、6月中旬頃から11月頃までとなります。普段見ることができない、珍しい苔を見ることもできるので、白駒池の景色とともに、苔の織りなす景色も楽しむことができます。

ルーペを片手に観察できるので、新しい発見があり、全く知識がないという方でも、毎年行われる観察会に出席することで、苔の解説を聞きながら、ゆっくりと観察して楽しむことができます。

このように、白駒池の絶景と普段感じることのできない苔の世界を、楽しむことができます。

白駒池から見える様々な景色を楽しむ

白駒池までの道のりは、苔に覆われた幻想的な世界が続いていますが、散策路は整備されているので歩きやすく、子どもからお年寄りまで楽しむことができます。

池に近づくにつれて、苔が増えていくのも見所です。白駒池に到着すると、紅葉の時期には、その美しさに驚く方もいます。池を一周するには約1時間かかり、その間も紅葉シーズンでは、美しい景観を楽しむことができます。

また、ボート乗り場でも紅葉が美しく、写真を撮る方もたくさんいます。また、日当たりのよい場所を見つけて、昼食を取るなどすると、あたたかい日差しの中で、絶景を楽しみながら昼食をとることができます。

池の次に進むことができる乳では、快晴であれば富士山を望むことができます。標高が高いため、様々な方角から景色を楽しむことができます。

また、高見石から白駒池を望むことができるので、白駒池の前に高見石へ向かう方もいます。雪が残ってると歩くのが大変なので、雪のない時期に行くことがおすすめです。

高見石からみる白駒池は、近くからみるのとはまた違った情景が広がっていて、原生林のなかに佇む白駒池は、高見石からしか見ることができません。

高見石は、大きな岩がたくさんあるので、歩きやすい足元で防寒対策をしっかりして行くことがおすすめです。

白駒池の紅葉の時期は、他では見ることができない絶景をみせてくれますが、紅葉の時期だけではなく、他の季節も楽しませてくれます。

また、白駒池まで続く道のりは、苔の幻想的な世界が広がっていて、非日常を感じさせてくれるので、日常のストレスから開放されて、訪れる人々のパワースポットとなっています。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-旅行・レジャー
-, ,

関連記事

動物と触れ合える!「羽村市動物公園」で癒やされよう

東京近郊に旅行をするなら、羽村市動物公園の動物たちにふれあって、癒されてみませんか?

夏の風物詩「長岡まつり大花火大会」を楽しむポイント

新潟県長岡市は、東京から上越新幹線で約1時間半、車では関越自動車道で約三時間。いずれも関東平野を縦断し「トンネルをくぐれば雪国」で有名な新潟県に足を踏み入れます。 白い雪国のイメージが強い新潟県ですが …

紅葉の名所「高尾山の景色を満喫!

高尾山とは、東京都八王子市にある標高599mの山のことをいいます。都内から電車に乗って、およそ1時間ほどで行くことができます。 そのため、手軽に登山や観光を楽しめるスポットとして、多くの観光客や、登山 …

ポッキーやプリッツの製造工場!グリコピア・イーストの工場見学

最近では子供だけではなく大人も楽しめる工場見学が増えています。 その中でもおすすめなのがグリコピア・イーストです。

手ぶらでOK!大野路ファミリーキャンプ場で楽しもう

大野路ファミリーキャンプ場は今時珍しい、広大な芝が美しく生い茂るオートファミリーキャンプ場です。

楽天モーションウィジェット