健康意識を伸ばそう!健康に関する資格:アーユルヴェーダセラピスト

健康や美容についての意識が高い人々の間では馴染みの深いアーユルヴェーダ。

欧米では美と健康をキープするために、セレブリティーが取り入れているホリスティックな医療法として有名です。

日本でも普及しはじめたアーユルヴェーダですが、今回はこちらに関わる資格についてのご紹介をします。

スポンサーリンク

世界のセレブにも人気のアーユルヴェーダ

アーユルヴェーダ(Ayurveda)は約5000年ほど前にインドを発祥の地として広がることとなった伝統医学です。

日本には最近になってから紹介されたものと思われていますが、これほどの長い歴史を持っています。

実は聖徳太子の時代にはシルクロードを通って、既に仏教医学として伝えられていたという記録も残っているのです。

発祥以来インドでは伝承医学としてインド内外で多くの人々を病から救ってきたのですが、18世紀に入るとインドはイギリスの植民地となり、その結果この国にも西洋の近代医学が急速に広まることになりました。

その後、インド独立の歴史を経てアーユルヴェーダは再びその勢いを盛り返し、教育制度も整えられていったのです。

インドでは西洋医学と同じように、大学にはアーユルヴェーダ医学を学ぶ学科があり、その資格としては国家試験も設けられています。

そして西洋医学と並んで病気を治療する医療の領域で、もしくは代替治療や予防医学の分野で、インドのみならず世界中の人々の健康に貢献するようになっていったのです。

あなたもなれるアーユルヴェーダセラピスト

本来は長い歴史を持っている医学療法のひとつであったアーユルヴェーダですが、アメリカやヨーロッパ、そして日本でも予防医学としての役割が大きくなっています。

それゆえ健康な肉体だけではなく、健やかな精神や感情のバランスも重要なものとしてとらえているのです。

健康的な日常生活を過ごし、より良い幸せな人生を送るためのホリスティック医学。

それがアーユルヴェーダの役目なのです。

日本では主にサロンやエステなどの施設で、アーユルヴェーダのトリートメントを受けることができます。

長い歴史に培われた伝統医学に基づいて調合されたハーブやオイルを使用した施術を通して、心と身体の調和を取り戻すことを目指すのです。

そして、このようなサロンで活躍しているのがアーユルヴェーダセラピストさんたち。

しっかりとした技術と知識を身につけて、アーユルヴェーダセラピスト認定資格を取得した皆さんにほかなりません。

まったくの初心者からでも勉強することは可能なので、どなたでもアーユルヴェーダセラピスト認定資格に挑戦することができるのです。

アーユルヴェーダセラピストの仕事は

日本には本場のインドやスリランカとは異なり、アーユルヴェーダに関する国家試験はありません。

その代わりにアーユルヴェーダ関連の団体や学会、スクールや専門学校などがあり、そこで独自の資格認定試験を提供しているのです。

アーユルヴェーダセラピストの資格を取得すると、アーユルヴェーダのトリートメントを提供しているスパやサロンなどの施設でスタッフとして働き、身につけた技術を活かすことが可能になります。

もちろん将来自宅でサロンを開業することも可能です。

セラピストの一般的な業務内容ですが、まずコンサルテーションをおこなってお客さまの体質を診断し、そのタイプ別に適したハーブやオイルを選んであげます。

そしてアビヤンガと呼ばれるオイルを使ったマッサージやドライマッサージのガルシャナ等の施術に入るのです。

また、アーユルヴェーダのリラクゼーションと聞けば思い浮かべる人が多いのは、シローダーラーというトリートメント。

これは温めたオイルを額の上に垂らし続ける特別なマッサージ方法で、深いリラクゼーションやデトックスのために施される贅沢なトリートメントになります。

アーユルヴェーダセラピスト認定資格のための学習方法

アーユルヴェーダセラピストの認定資格を取得する方法ですが、アーユルヴェーダについて書かれている書籍はたくさん出版されています。

全くの初心者でしたらそうした本を読んで、独学で基本用語などを勉強するのもひとつの方法です。

また、通信教育を利用して学ぶこともできます。

仕事や家事などで忙しく、スクールに通う時間が取れない人でも、通信制を選べば自宅で自分のペースを保ちながら勉強することが可能です。

しかし、通学制のスクールに通って学ぶ方法は、やはりメリットが大きくなります。

アーユルヴェーダの各種理論に関する勉強については、確かに独学や通信制で学んだ場合でもそれほど差は生じません。

ただ、トリートメントやコンサルテーションなどの実習が重要となる分野では、実際に講師と一緒に練習することが習得への近道ともいえます。

また、不明な点がでてきたり、詳しい説明が聞きたいときなどにも、スクールで講師に教えてもらっている場合ですと、すぐに質問することができます。

それぞれの学習方法にはメリットとデメリットがあるため、自分に適した方法を選んで、効果的に学習してゆくことが大切です。

最後に

アーユルヴェーダセラピストになるためには国家試験はありません。
アーユルヴェーダ関連の団体やスクールが実施している資格試験を受けることにより取得できます。
通信教育や通学制のスクールで、アーユルヴェーダセラピストになるために必要な知識や技術を身につけることが可能です。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格, 民間資格

関連記事

スペイン語を通して学ぶ文化と歴史

グローバル化が叫ばれている現代において、日本語だけ話せればいいと考えてしまうのはもったいないことです。 複数の言語を話すことができる人は、それだけ世界を広げることができます。 語学というのは、人間同士 …

ハーブについて学ぶ!メディカルハーブ検定とは?

メディカルハーブ検定は、福祉関係の仕事に就いている人や、医療従事者に人気が高い検定です。 女性の受験者が多いですが、最近は男性の受験者も増えています。

ブラック企業とは?見分け方はある?

誰しもが条件がよく、休日がきちんと取れて、残業が少なく、また、残業手当、休日出勤手当がきちんと出て、長時間労働を強いられることがなく、給与がいい仕事につきたいものです。 しかし、いわゆるブラックと言わ …

雇用形態いろいろ。派遣社員として働くメリット・デメリット

雇用形態として、一番多いのは正社員です。次に多いのが、パート・アルバイトとなります。 近年では、契約社員や派遣社員として働く人の、割合が増えています。 ここでは、派遣社員として働くことのメリットと、デ …

美容やファッションに関わる資格:カラーコーディネーター検定試験

色は人の生活に密接に関わっています。 その色が与える心理的効果や組み合わせなどを学べる資格が、カラーコーディネーター検定試験です。

楽天モーションウィジェット