ストレス解消や気晴らしに最適!バドミントンの魅力と効果

バドミントン
オリンピックや世界大会で日本人が活躍し、今注目が集まっているスポーツがバドミントンです。

部活動やサークル等も盛んで日本人には馴染みのあるスポーツですが、運動不足やストレスを解消する効果も期待して趣味として始める人も多く、最近はさらに競技人口が増えているようです。

スポンサーリンク

運動不足やストレスを感じている人に最適なスポーツ

ネットで検索などしてみるとわかると思いますが、学生の部活動だけではなく、社会人サークルやバドミントン教室が大きい街ほど溢れています。

また都会でなくとも、公立の体育館など運動施設には必ずと言って良いほどバドミントンの設備や用具が用意されており、その気になれば全国どこでも楽しめるスポーツなのです。

バドミントンに注目が集まっているのは、世界で活躍する日本人がいるからという理由だけではありません。

上記のように、ほとんどの場合身近にプレーできる環境があること、道具を必要とするスポーツである一方、それを揃えるのには費用があまりかからないこと、運動不足を解消するのに役立つ有効なダイエット方法の一つでもあることなどがその背景にあります。

今や多くの企業が社員の健康状態や適切な労働環境に気を配る時代なので、休日や退勤後に趣味の時間を活用できる社会人が増えていることも、バドミントンの競技人口増加を後押ししていると言えるでしょう。

バドミントンは気軽に楽しめるスポーツである上、屋内でもできるため、天候や季節を選ばない年中プレー可能なスポーツということもあって、運動不足やストレスを手軽に解消したい人や新しい趣味を始めたい人、体を動かしたいけどスポーツを始めるにはハードルの高さを感じる人など、誰でも今すぐ取り組める魅力的な競技と言えます。

バドミントンの魅力は?

それでは、バドミントンのスポーツとしての魅力はどんなところにあるのでしょうか。

バドミントンをやったことのない、あるいはほとんど経験がない人にとっては、TVで放送されるプロ選手のプレーから受けるイメージで、とてもハードな競技だという印象があるかもしれません。

実際バドミントンを本気でプレーすると、試合中ずっとコート内を走り回り、全身の筋肉を使う大変疲れる競技であることは事実です。

ラケットを振るときに多用する利き腕を痛める不安を感じる人もいるかもしれません。

しかし、それはあくまでプロの試合から受けるタフな印象であって、趣味レベルのバドミントンでのハードルは全く高くありません。

準備運動をしっかりして、未経験者であればラケットを振る正しいフォームさえ覚えれば、よほど激しくやらない限り体のどこかを痛めるということはありません。

むしろ上に書いたように全身を使うスポーツですから、効率的に汗をかいてカロリーを消費し、運動不足を解消するには最も効果のある競技なのです。

筋トレのように特定の部位にひたすら負荷をかけることはなく、ランニングのようにストイックな我慢を強いられることもありません。

相手のあるスポーツですから、楽しく爽やかにストレスも解消できますし、かつ全身の筋肉をほどよく使う極めて健全なダイエットにもなります。

適度な範囲でプレーするスポーツとしては、バドミントン以上に心身の健康に与える影響が大きい競技はほとんどないと言っても良いでしょう。

社会人が空き時間に取り組む趣味としてもちょうど良く、老若男女問わず万人におすすめできるスポーツです。

用具や場所にかかる費用は?

バドミントンをするには、最低でもラケットとシャトル、いわゆる羽根を用意する必要があります。

屋内でのプレーではコートを設置するための支柱やネットが必要ですが、どんな体育館でもバスケットゴールや卓球台と同様、まず用意されてあるので、これは心配ありません。

用具が必要なスポーツではかかる費用が悩みの種になることも少なくありませんが、バドミントンはこの点においても魅力的な特徴があります。

他の球技などと同様、バドミントンのラケットもピンキリに存在します。
1本千円程度のものから数万円のものまで様々ですが、概ねテニスや野球などに比べれば安価ですし、初心者が趣味として始めるなら安いラケットで十分です。

また、市営の体育館などでは数百円でラケット貸し出しをしていることもあり、社会人サークルでは初心者用、体験者用のラケットを用意しているところがほとんどなので、場合によっては1円もかけずに競技を始めることすら可能です。

他のスポーツと同じく、運動するための環境にかかる費用はもちろん考えなければなりません。
個人でプレーするなら体育館などの使用料、サークルなら会費などがこれにあたりますが、これは数百円~数千円で済むでしょう。

運動着や靴のことを心配する人もいるかもしれませんが、趣味レベルのバドミントンであれば、ごくごく普通のジャージ、ランニングシューズやスニーカーで構いません。
普段スポーツをあまりしない人でも運動するための着衣を一揃い持っている人がほとんどでしょうから、それで十分間に合います。

プレーするためにかかる費用が少ないというのも、バドミントンの大きな魅力でしょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-スポーツ, 趣味

関連記事

プロ野球・不滅の記録は?|シーズン最多奪三振

江夏豊は、日本プロ野球史上、伝説的な投手ですが、その残した功績の中で特に大きなものが、シーズン最多奪三振記録です。 年間で401個の奪三振を記録して、これは日本プロ野球だけでなくメジャーリーグをあわせ …

女性が思わず惚れる!将棋が趣味だとモテる理由は?

近年、将棋がブームを迎えています。 様々な人が遊ぶことができ、年齢に関係なく将棋の話で盛り上がることもあるほどです。 女性の中には趣味が将棋と答える男性のことが好きになるなど、将棋をする男子がモテると …

トライしやすい今から始める趣味におすすめな:音楽

音楽というのは、遥か昔から存在する概念であり、コミュニケーションツールや娯楽など様々な用途で親しまれてきました。 音楽が奏でるのは音やメロディだけでなく、一種のコミュニケーションとしての会話や言葉を生 …

king of swimmer レジェンドを打ち立てた選手 : イアン・ソープ

イアンソープさんは、オリンピックで多くの金メダルを獲得し、オーストラリアの選手では最多のメダルを誇るなど、オーストラリアを代表する水泳選手です。

初心者のための乗馬入門:乗馬用語を覚えよう

乗馬というのは、日本人にとってはあまり身近なスポーツではないかもしれませんが、動物と一緒にできる唯一のスポーツとして、全世界で親しまれています。 乗馬には大きく分けて2種類のスタイルがあります。 ひと …

楽天モーションウィジェット