みんなで達成感を味わえる!バンドを始めてみよう

自宅と職場を往復するだけの毎日を送っていて、何か熱中出来る趣味を持ちたいと考えている方も少なくないのではないでしょうか。

確かに、何らかの趣味を持つ事は、共通の趣味を持つ友人が増える、毎日の生活が充実する等のメリットが沢山あります。

趣味といっても非常に多くの種類が存在しますが、何を選ぶのが良いのでしょうか。

自分一人だけでなく、複数の友人と一緒に何かを楽しみたいのであれば、バンドを結成してみる事をお勧めします。

スポンサーリンク

音楽を趣味にして充実した生活を送ろう

難しく考える必要は全くありません。

例えば幼少時代からピアノを習っていた人はキーボードとして加入するのも一つの手ですし、楽器が出来なくても今から練習を始めれば良いだけの話です。

歌唱力に自信がある人はボーカリストを選択するのも良いかもしれませんね。

現在はインターネット上やリサイクルショップなどで中古の楽器が販売されています。

初心者の内はそこまで高価な機材を購入する必要はないので、それらの店舗で購入して練習を重ねていけば十分です。

このように、あらゆる可能性を秘めているのがバンドの醍醐味です。

個人練習に力を入れるのももちろん大切ですが、メンバーで音を合わせる楽しさはまた格別です。

あらゆるパートの音が重なって一つの曲を作り上げていくのはとても楽しいですし、何よりも達成感があります。

これはバンドを組んでいて一番面白いと感じる瞬間だと言っても過言ではないかもしれません。

読書やマラソンなど、1人で楽しむ趣味ももちろん素敵ですが、1人だけでは成し遂げられない事をメンバー全員でやり遂げる事の出来るバンド活動は、一度ハマったら癖になってしまう事間違いなしです。

バンドメンバーの探し方は?どのような曲を演奏すれば良いの?

バンドを始める事を決めたら、次はメンバーを集めなければなりません。

メンバーを探す方法としては、インターネット上のサイトやSNSを利用するのも一つの方法ですし、音楽スタジオへ行ってみるとメンバー募集のメモが貼ってある場合が多いので、自分の条件に合うグループがあればそこへの加入を検討してみるのも良いかもしれません。

自分自身で一からメンバーを集めたい場合に非常に有効的なのが、特定のアーティストのコピーバンド、という名目でメンバーを募集する方法です。

好きな芸能人が同じ場合、例え初対面であっても話が盛り上がる場合がありますよね。

これと同じように、コピーバンドという形でメンバーを募集する事によって、音楽の趣味の系統が同じような人が集まる可能性が高まり、共通の趣味である事も相まって非常に良い形で活動を始める事が出来るのではないでしょうか。

ある程度メンバーが集まったら、どのような方向性で活動を進めていくかを決めなければなりませんが、この場合にも「特定のアーティストのコピーバンド」である事が活かされてきます。

というのも、何の共通点もないメンバーの場合、やりたい曲のジャンルがばらばらになってしまってまとまらない可能性も考えられますし、バンドのメンバーに初心者の人やバンド経験が浅い人が多い場合にはオリジナルの曲をやるのはハードルが高すぎますよね。

その点、特定のアーテイストのコピーであれば、スコアも市販されているので活動を進めやすいと言えます。

このように、コピーという形を取る事には様々なメリットがあるのです。

スタジオ練習を重ねて、最終的にはライブ出演を目指そう!

メンバーが集まり、それぞれのパートも決まり、演奏していく曲の方向性も定まったら、あとは練習を重ねていくのみです。

ギターやベース、キーボードはヘッドフォンを利用して自宅で練習する事ももちろん可能ですが、やはりスタジオに入って思いっきり音を出していくのが上達への近道であると言えます。

また、ドラムのパートに関しては自宅で練習が出来る環境にある人はめったにいないので、やはりスタジオでの練習が必須となります。

最近ではスタジオも増え、料金形態も様々なので、自分達が利用しやすいような場所を探してそこをホームスタジオとして利用していくのが最も良い方法であると言えます。

例えば、スタジオのオーナーさんと仲良くなったりすると、お得な機材の情報をいち早く教えてもらえたり、ライブの出演の話を持ってきてもらえたりする事もあるので、複数のスタジオを掛け持ちするのではなく、なるべく一つの場所に絞る方があらゆるメリットがあります。

そして、せっかくバンドを結成したのだから、自分達の演奏にある程度の自信がついてきたらライブに出演してみる事をお勧めします。

趣味として単に演奏を楽しむのも良いですが、練習してきた成果を発揮する場所が欲しいところですよね。

人前で思いっきり音楽を奏でるのはとても気持ちの良い行為です。

ライブ出演、という目標を掲げた上で練習を重ねていくのも良いかもしれません。

ライブ情報に関してはインターネット上で探してみたり、通っているスタジオから情報を得るのが良いでしょう。

最後に

「趣味でバンドをやっています」と堂々と言えるのはとても格好良い事です。
何か熱中出来るものを見つけたいという人は、バンドを視野に入れてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-趣味
-,

関連記事

フリマアプリ「ガレージセール」の特徴や使い方

自宅内にある不用品を、誰かに売りたい場合や、あげたい場合に便利なフリマアプリが、ガレージセールです。 価値のあるものを、有料で購入するだけでなく、ゴミとして処分されてしまいそうな不用品を、無料で譲り受 …

婚活中におすすめ!プラネタリウムが趣味だと出会いが広がる

その後の人生を一緒に過ごす結婚相手となる異性との出会いは、ただ待っているだけでは訪れないということで、積極的に婚活を頑張っているという人は大勢います。 そういった人の中には、趣味を我慢して婚活に専念し …

「九州クリエイターズマーケット」で見つけるハンドメイドの魅力

ハンドメイドがブームになっている中で、手作りの作品を作家が直接消費者に販売できる場として、ホビーイベントの数も増えています。 「九州クリエイターズマーケット」は、幅広いジャンルの作家が集う大規模な催し …

一度知ったらハマってしまう人とは違う趣味!工場見学の魅力

変わった趣味として、工場めぐりをするというものが挙げられます。 工場を見て一体何が楽しいのかと思われるかもしれませんが、実は意外と趣味になっている人もおり、工場見学を体験してからすっかりハマってしまっ …

あまり知られてない世界の趣味:自転車ツーリング

ツーリングはまだまだあまり知られてない趣味かもしれません。 ですが、だんだんと世界でも認知されるようになってきています。

楽天モーションウィジェット