洗濯の基礎知識を学ぶ!取り扱い絵表示(洗い方)

衣類は着用しているうちに、徐々に汚れが目立ってきます。

早めに洗濯してあげることで、綺麗な状態で長く使えるようになりますし、見た目も清潔感が漂いますので、不潔な印象を他人に与えません。

身だしなみとして、必ず行っておきたいところです。

スポンサーリンク

洗濯の基礎知識|洗い方

取り扱い絵表示を見て衣類を正しく洗濯

洗濯の際には、必ず取り扱い絵表示を確認しましょう。衣類の裏側に、色々なイラストが書かれたタグを見つけられるでしょうが、これこそが取り扱い絵表示です。

タグには、その衣類の洗い方の説明が書かれています。この通りに洗濯することで、衣類の型崩れや変色、品質の劣化を防止することができます。

普段からあまりタグの内容を気にすることなく洗ってきた人もいるでしょうが、これでは大切な衣類を台無しにしてしまいますから、必ず取り扱い絵表示をチェックしてから、洗濯するように考え方を改めましょう。

因みに2016年12月1日から、取り扱い絵表示が新しいものに切り替わってきています。

今まできちんとタグをチェックしてきた人も、新しいイラストが理解できずに、洗い方を間違ってしまう心配がありますので、覚えなおしてください。

新しいイラストといっても簡単な内容ですから、あまり心配することはありません。

例えば、洗い方の部分を見ていくと、手洗いの表示とほぼ同じようなイラストになっています。以前の洗濯機のような長方形のイラストは、廃止されていますので注意しましょう。

バツマークがついているものは、その洗い方が出来ないという意味が込められています。この意味は、昔のイラストと変わっていませんので、直ぐに理解できることでしょう。

洗い方の数字や、漂白剤のマークを理解する

桶の中の水が波立っているイラストが、洗い方の表示です。一番確認する部分だといえます。このマークがあれば、自宅の洗濯機で洗うことができます。

昔のイラストだと、手洗いを指すマークでしたので、つい手洗いに限られると判断しがちですが、洗濯機で洗っても構いません。

桶の中に、60や40などの数字が書かれているなら、これは水温をあらわしています。この温度で洗うという意味ではなく、上限の温度を意味しますので、60ならば60度を超えるお湯を使ってはいけません。

桶の下に横線が引かれているイラストを見る場合もありますが、洗濯機の強さをあらわすマークです。

線が多いほど、弱めに洗う必要があります。1本線ならやや弱めに、2本線なら非常に弱く優しく洗うようにします。

他に、手を桶の中に入れているイラストが存在しますが、これは手洗いを指すマークです。水の温度は40度が上限値になります。

続いて漂白剤のマークを見ていきましょう。

漂白剤は、普通の洗剤では落としにくいシミなどの汚れを、白く見せてくれる一方で、衣類の色柄まで落としてしまう場合があるため、曖昧に使うのは危険です。

新しい取り扱い絵表示では、三角形のマークに切り替わりました。

三角フラスコの中に、エンソサラシと書かれていた昔のマークと同じ意味が込められています。三角マークのイラストがあれば、漂白剤を使って洗うことが可能です。

但し、三角マークの中に2本の斜線が描かれたものだと、塩素系漂白剤が使えません。その代わりに、酸素系漂白剤を使うことができます。

酸素系は、塩素系と比べるとマイルドな効果を持ち、色柄の衣類に使えるのがメリットです。

勘違いしがちなドライクリーニングマーク

自宅の洗濯機や、手洗いが出来ない衣類については、クリーニング店で綺麗にしてもらうしかありません。

その意味をあらわす取り扱い絵表示として、以前であれば丸いマークの中に、波線とドライという文字が表示されたものが存在しました。

今では、この古いマークは廃止となり、丸いマークの中にアルファベットの、Pが書かれたものが、ドライクリーニングをあらわすマークに変化しています。

Pは、一般的なドライクリーニングですが、丸の中にFが書かれたものも存在します。

Fの場合だと、石油系の溶剤を使ったドライクリーニングを指しています。Wのアルファベットならば、ウェットクリーニングができます。

一般の人なら、丸いマークにアルファベットが書かれたものがあれば、クリーニング店に持っていける衣類だと、判断するだけで構いません。後は、クリーニングのプロがマークを確認して、最適な方法で汚れを落としてくれます。

ドライクリーニングマークの取り扱い絵表示があると、必ずクリーニング店を利用しなければならないと考えるところですが、実はこのイラストがあったとしても、自宅で洗濯できる例も存在します。

どちらの方法でも利用できるパターンというのは、ドライクリーニングマークと一緒に、洗い方をあらわす桶のマークがある場合です。

桶のマークには、洗濯機や手洗いができる意味が込められていますから、自宅で洗うことができます。当然ながら、桶のマークの指示に従って洗う必要があります。

自宅で洗えないものだと、桶のマークにバツマークが表示されているはずです。

この場合は、必ずクリーニング店で綺麗にしてもらってください。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-暮らし
-, ,

関連記事

100万円を貯金するために、定期預金を利用しよう

1年間に100万円を貯めるためには、12か月で割ると8万4千円になりますので、1ヶ月8万4千円以上貯金をしなければなりません。 ボーナスがある方であれば、ボーナス支給時に多めに貯金し、毎月の貯金額を減 …

婚活サイトはどんなもの?利用方法や出会いまでの流れなど

結婚前提のお付き合いができる相手を探しているけれど、毎日家と職場の往復で、良い出会いがないという方は、婚活サイトを利用してみてはいかがでしょうか。 ここでは、サイトの利用方法や出会いまでの流れを、詳し …

すっきり片付け!クローゼット収納術

クローゼットを見てください。 スキマがありませんか? これは、うまく空間を利用できていないということです。 ちょっとした収納のコツをマスターすれば、うまく空間を埋められます。

いつから始める?胎教ってどんなのもの?|話しかける

「胎教」と聞くと、頭の良い子に育つための赤ちゃんへの教育という、英才教育のようなイメージを持つ人もいるかもしれませんが、実際には勉強としての意味合いではなく、辞書によると、妊婦が精神安定に努めて、胎児 …

すっきり片付け!アクセサリー収納術

女性にとって、アクセサリーは洋服と同じように、その日の気分によって付け替えていくものですから、ついついアイテム数が増えていってしまいがちになるものです。 そうなると、どのように収納していくかということ …

楽天モーションウィジェット