洗濯の基礎知識を学ぶ!取り扱い絵表示(塩素漂白の可否)

洗濯をする場合に、よく確認をしたいものに取り扱い絵表示があります。

消費者が日常使用する家庭用品に関しては、その商品の品質について、事業者が表示すべき事項や表示方法を定めており、関係する法律として、家庭用品品質表示法があります。

家庭用品品質質表示法は、平成28年12月に改正が行われており、ここでは、衣類等の繊維製品の洗濯表示を新しいJIS L 0001である、通称、新JISにならったものに変更されています。

スポンサーリンク

洗濯の基礎知識|塩素漂白の可否

洗濯で知っておきたい衣類の取り扱い絵表示について

洗濯をする場合に必要となる取扱い絵表示も、表現方法が変更されており、記号の種類が22種類から41種種類に増え、繊維製品の取扱いに関する、きめ細かい情報が提供されています。

新JISによる取り扱い絵表示は、洗濯表示記号として明示され、内容としては

・表1の洗濯処理
・表2の漂白処理
・表3のタンブル乾燥
・表4の自然乾燥
・表5のアイロン仕上げ
・表6のドライクリーニング
・表7のウエットクリーニング

があり、洗濯では、ここでの表示を良く確認した上で行う必要があります。

それぞれの表示はさらに内容が細かく分類され、例えば、表1の洗濯処理では、温度別に14に分けられており、表4となる自然乾燥においても、干し方の種類として8つの方法が記載されています。

中でも漂白に関する内容は、従来では、塩素漂白の可否となっていたものが、漂白処理と項目も変更されており、ここでは、2項目が3項目に増えています。

これまでは塩素漂白の可否として、塩素系漂白剤による漂白ができる、できない、の2つの内容であったものが、新JISにおいては、酵素漂白剤の名称が新たに加えられ、塩素漂白の可否が記載されており、全ての漂白剤が使用禁止の項目も付け加えられています。

塩素漂白の可否で知っておきたい

漂白剤の特徴洗濯では、取り扱い絵表示の確認が大切になります。

衣類によっては、洗濯方法を間違えることで使用できなくなるケースもあり、後悔をしないためにも十分な確認が必要になります。

中でも漂白剤に関しては、注意の必要があり、使用する場合には漂白剤の種類を理解しておくことが大切になります。

漂白剤の使用に関しては、これまでは、塩素漂白の可否として表示が行われており、単に、使用の不可に関してのみの記載が行われていました。

しかし、平成28年の家庭用品品質表示法改正により、現在では、塩素系及び酸素系の漂白剤を使用して漂白ができる、酸素系漂白剤の使用はできるが塩素系漂白剤は使用禁止、塩素系及び酸素系漂白剤の使用禁止の3つの記載が行われ、それぞれに記号が設けられています。

そのために、漂白剤を使用する場合には、塩素系、酸素系の特徴を理解した上で、購入をすることが大切になります。

漂白剤は、大きくは酸化型漂白剤と還元型漂白剤の2つがあり、塩素系、酸素系ともに酸化型漂白剤に属します。

まず、塩素系漂白剤は、特徴としては漂白力が強く、台所や浴室の黒ずみ除去といった目的にも使用されています。使える衣類は水洗いできる繊維製品になり、使えない衣類としては、水洗いできないもの、色柄物の繊維製品や、毛・絹・ナイロン・ポリウレタン・アセテートなどがあり、金属製のボタンやファスナーも該当します。

酸素系漂白剤は、タイプとしては粉末と液体の2つがあり、それぞれ、水洗いのできる白物、色柄物の繊維製品に使用することができ、一方、水洗いのできないものや、金属染料、金属製のボタン・ファスナーには使用することができなくなっています。

洗濯で塩素漂白の確認が大事になる理由とは

漂白剤は、汚れやシミなどの色素を化学反応によって分解することで、汚れを落とす働きがあります。

洗濯で一般的に使用されているタイプとしては、塩素系と酸素系がありますが、酸素系が使えないものとしては、液体では水洗いができないものや、金属性ボタン・ファスナー、粉末ではこれに加えて、毛や絹が該当します。

一方、塩素系の場合には、漂白力は酸素系に比べ強く、使用不可の衣類に間違って使用してしまうと、トラブルにつながるために注意が必要になります。

まず、色柄物には使用することはできません。

塩素系漂白剤で、色剥げが起きた場合には、染み抜きテクニックの1つとなる染色補正でも対応することが難しく、完全に修復させることができないために、注意が必要になります。

次に、毛、シルク、ナイロン素材には使用することができません。

ウールやシルク、ナイロンなどに使用してしまうと、黄色く変色をしてしまうことになり、場合によっては生地そのものが溶けてしまうこともあります。

3つ目としては、稀なケースとして、衣類の加工剤と反応することで、黄色く変色をしてしまうことがあります。

一般的に、衣類は蛍光剤など何らかの加工剤が施され販売が行われています。塩素系漂白剤が、直接衣類についた場合に、加工剤と化学反応を起こすことで、黄色く変色をすることがあり、この場合、一度変色をしてしまうと、元に戻すことができなくなります。

洗濯で、塩素系漂白剤を使用する場合には、衣類が使用可能なものかどうか十分に確認をする必要があり、仮に染み抜きのみで使用する場合でも、トラブルが発生する可能性があるために、ここでは、酸素系漂白剤の方が安心して使用することができます。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-暮らし
-, ,

関連記事

一人暮らしにおススメの街:茗荷谷の魅力

茗荷谷駅は、東京メトロ丸の内線の停車駅の1つで、文京区に位置しています。小石川や小日向、大塚などの最寄り駅となっています。 東京メトロ丸の内線は、池袋や後楽園、大手町、東京、銀座、霞が関、四ツ谷、新宿 …

初心者におすすめのペット:セキセイインコ

ペットと言えば、犬や猫を連想する人が多いでしょうが、鳥類も昔から人気のあるペットです。 鳥類の場合は、ほ乳類ほど手がかからず、初心者でも世話をしやすい種類が多いと言えますが、その中でも特に飼いやすく、 …

いまさら聞けない年金入門|年金の受給資格

公的年金は、国民皆年金制度とも呼ばれ、国民が20歳を迎えたときから、加入を必ずしなければならない制度です。 この受給資格は、かつては25年以上の支払期間が必要でしたが、現在では法改正が行われ、10年以 …

結婚指輪の失敗しない選び方

昔は、婚約指輪は給料の三か月分、結婚指輪もそれなりの金額のものが主流でしたが、現代は多様化しています。 婚約指輪なしで、結婚指輪のみ購入するカップル。婚約指輪すらなしのカップル。ブランドは気にせず、オ …

初心者におすすめのペット:熱帯魚

見ているだけでも涼しげで、癒やし効果を期待することが出来るペットとして挙げられるのが、熱帯魚です。

楽天モーションウィジェット