洗濯の基礎知識を学ぶ!取り扱い絵表示の見方

洗濯は毎日のことですが、洗濯をする際には、その洋服がどんな洗剤が使えるのかや、クリーニングはどんな方法なら可能かなどは、洗濯の取り扱い絵表示を確認して行うことでしょう。

そんな洗濯の取り扱い絵表示は、2016年12月から新しくなったことをご存知でしょうか、この表示が変更になる理由はいくつかあります。

スポンサーリンク

洗濯の基礎知識|取り扱い絵表示の見方

新しくなった洗濯の取り扱い絵表示

まずは、衣料品の輸入の際に、日本の洗濯絵表示タグを付けなければいけないことや、衣料品の輸出の際に、海外のタグを付けなければいけないことがあります。

また他には、海外の方が日本の衣料類を購入しても、洗濯情報が少ないこと、さらには日本人が海外で買ってきた衣料類の洗濯タグの見方が分からないなどの理由があります。

簡単に説明をすると、日本独自で使っていた取り扱い絵表示から、国際規格で使われている取り扱い絵表示に合わせるようになったということです。

これによって、上記で挙げた問題の解消はできるようになったのですが、日本人にとっては、新しい見方を覚えなければいけなくなり、少し大変な思いをされている方も多いことでしょう。

具体的にどのような変更があったのかというと、もともとは6分類22種類のJISだったのが、7分類41種類の新JISへと変更になりました。

簡単に言うと、絵の種類は約2倍程度に増えたことになりますので、以前よりも覚えなければいけないことが増えたということになります。

このように、国際規格に合わせた背景には2020年に日本で開催される東京オリンピックがあり、世界各国から多くの外国人が日本に訪れることを想定して、変更することになりました。

新しい洗濯取り扱い絵表示の見方

新しい洗濯の取り扱い絵表示が使われるようになりましたが、今までの表示に慣れている日本人にとっては、いきなり見方が変わっても分からない方が多いことでしょう。

とは言っても、新しい見方を覚えておかなければいけませんので、ご紹介していきます。

まずは四角い洗濯機マークが亡くなり、全てたらいマークに統一されました。

次に手洗いマークは、変更前は洗濯機不可と言う意味合いでしたが、変更後には手洗いができるという意味合いになります。

次に家庭での水洗い不可マークは、洗濯処理できないという意味になりますし、他にもハンガーマークが無くなり、四角いマークが新たに加わりました。そして四角いマークの意味としては、乾燥や干し方を意味しています。

そして塩素系漂白関連の表示は、変更前はビーカーの形でしたが、それが無くなり三角のマークで意味されるようになりました。

覚えておくべきマークとしては、丸いマークは洗濯、四角いマークは漂白、三角が乾燥になります。

次に棒の意味を知っておきましょう。

横棒の意味は、基本的には洗濯の弱さを表しています。そしてその横棒の本数が多ければ多いほど、弱く洗わなければいけないという意味になります。

そして四角いマークの中にある棒だけは、干し方を示しています。四角いマークの中に縦棒がある場合には、吊り干しを意味していて、四角いマークの中に横棒がある場合には平干しを意味しています。

他にも点が意味しているものは、アイロンや乾燥機の温度を表していて、点の数が多ければ多いほど、高温でかけるという意味になります。

注意点としては、洗濯のやり方は棒の本数が多くなると弱くなるということに対して、点の数は多くなると高温になるということです。

新しい取り扱い絵表示の覚え方とは

このように新しい表示に変更になっても、中々慣れるまでに時間がかかってしまいます。では、新しい見方を覚えるにはどのようにしたら良いのでしょうか?

覚え方のポイントをご紹介していきます。

これには3ステップありますので一つずつ見ていきましょう。

まず1つ目は、桶のマークに「×」がついているかどうかです。

桶のマークは洗濯ができるのかどうかを表しているマークになりますので、この桶のマークに「×」が付いていると、洗濯ができないという意味になります。

ですので、桶のマークに「×」は、クリーニングに出さなければならないということを覚えておきましょう。

2つ目は、桶マークの中にある水温はどれぐらいなのかを確認しましょう。例えば40℃と表示されていれば、40℃までの水温で取り扱っても大丈夫と言う意味になります。

ですので、白い洋服などを購入する際には、30℃と表示されているものよりも、50℃と表示されているものの方が、汚れが落としやすいということになります。

3つ目のポイントとしては、桶のマークの下に横棒が何本あるのかを確認しておきましょう。まずは桶のマークの下に棒がない場合には、洗濯機で気軽に洗うことができるということを意味しています。

そして桶のマークの下に横棒が一本ある場合には、洗濯機で洗うことはできるが、デリケートなコースで洗うこと、例えば手洗いコースやドライコースなどであれば洗うことが可能になります。

桶のマークの下に横棒が2本あるようであれば、非常に優しく洗う必要があります。

例えば5分の手洗いコースで、3分しか回さないなどの扱い方が必要になります。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-暮らし
-, ,

関連記事

資産運用で100万円を貯めるには?

100万円の貯金を貯めるという目標を立てても、日常生活を送りながら貯めることは簡単ではありません。 毎日の支出を節約しているとストレスが蓄積され、仕事だけでなくプライベートにも影響が出ます。 最も良い …

猫・犬ともに年に一回の予防注射は必ず受けて!

日本には狂犬病予防法という法律が存在しているため、犬は年に一度の予防注射を受ける必要があるという認識は広くありますが、猫には予防注射に関する法律が定められていないので注射しなくても良いと思われがちです …

格安スマホに乗り換えるメリット・デメリット

近年、格安スマホが流行していますが、大手キャリアのスマートフォンから乗り換えるには、メリットとデメリットがあります。 格安スマホの特徴を良く理解してから使い始めることで、安心して使うことが出来ますし、 …

アイロン無しで「服のシワ」を取る方法:霧吹きで水をかける

服にシワがついていまう場面って色々ありますよね。 たとえば、 「夕方、洗濯物を取り込んで洗濯物かごに入れ、夜までそのままにしてしまったとき、いざたたんでしまおうと手に取ってみるとうっすらシワがついてし …

洗い方をマスターする:枕カバー

毎日使っている枕カバー。 できればこまめに洗濯をしたいものです。 自宅で枕カバーを洗濯する際は、まずは、取り扱いの絵表示を確認するところからはじめましょう。

楽天モーションウィジェット