ゴルフの基本知識:ゴルフの基本マナー「全般的なマナー」

ゴルフ初心者にとって、ゴルフのマナーは全般的に分かりにくく失敗をしがちです。最低限、知っておくべきことを事前に学んでおきましょう。

ラウンド中のマナーはもちろん大事ですが、スタートをする前にも、守らなければならないマナーがいくつかあります。

スポンサーリンク

ゴルフの基礎知識|全般的なマナー

意外と落とし穴の多いスタート前のマナー

まずゴルフ場に着いたら、受付を済ませ、練習に行くのが一般的です。

打ちっぱなしでその日の調子を確かめ、パターの練習もしておきたいところです。その時間を逆算して、コースに着くことが1つ目のマナーです。

慌てて練習をしたりすると、周りを焦らせたり、スタート時間ギリギリになったりすることもあります。余裕を持って行動しましょう。

トイレにも行っておくべきです。スタートをすると、ラウンド中にトイレに行けるチャンスは多くありません。行きたくなくても行っておくのがベターです。当然、その時間も考慮に入れた行動が大切です。

しっかり準備を済ませたら、いよいよスタートホールへ向かいます。

コンペ等の場合は、この前に簡単な開会式を行うこともあるので、よく確認をしておきましょう。

スタートホールに着いたら、まずやるべきことがあります。それは、組の中でスタートする順番を決めることです。多くのコースでは、順番を決めるためのおみくじのような棒がスタートホールには置いてあります。

組の中でも歳の若い人などは、積極的にこの棒を取りに行き、年長者や立場が上の人から順番に引いてもらうのがマナーです。

いよいよスタートとなった時、自分の打順が来たら、よろしくお願いしますとその日お世話になる組の人に一言挨拶をするのも気持ち良いです。

ラウンド中全般的に、気をつけなければならないこと

ラウンドをしている間、全般的に気をつけた方が良いマナーもたくさんあります。他のプレイヤーがボールを打つ時は、静かにしなければならない、目につく所で大きな動きをするべきではないというのはよく知られたことです。

グローブを外すときのベリベリいう音や、クラブを動かしてカチャカチャと音を立てるのも気にする人がいます。慣れないうちは、じっとその場にとどまるようにすると良いです。

その時に立つ位置についても、気をつけたいです。打つ方向はもちろん、飛球線の後方延長線上にも立ってはいけません。打つ人にとっては、気になる位置です。体の正面かもしくは背中側の、近くない位置に静かに立っておくのがマナーです。

他のプレーヤーが良いショットを放った時は、ナイスショットの掛け声を積極的に言いましょう。自分のショットを褒められて嬉しくない人はいません。ミスショットを打った時に、ナイスショットと言うべきではありませんが、自分から見て良いショットだと判断できた時は、どんどん言うと良いです。

目上の人に言う時は、ナイッショーです、と敬語で言う方が良いでしょう。

打つ順番にも気をつけなければいけません。

初心者の人は、特に自分が速く打ちたいために、気がはやりがちです。落ち着いて周りを見て、カップから一番遠いことを確認してから打ちましょう。

他の人が打ったボールを、きちんと見ておくのも大切です。どのあたりに落ちたかを確認してから、歩き出す余裕が欲しいです。一緒に落ち際を見てあげることで、チームプレイでロストボールを防ぐことができます。

ゴルフは、同伴競技者が気持ちよくプレーできるように気遣いをすることが、とても大切なスポーツであると、ゴルフ初心者は知るべきです。

ゴルフ初心者の最大の難関であるグリーン上

全般的にわかりにくいルールやマナーが多いゴルフですが、グリーン上は特に警戒が必要です。ゴルフ初心者は、ここで注意を受けることがとても多いです。

グリーン上では、スルーザグリーンと一緒で、カップから遠い人から順番に打ちます。全員がグリーンにオンしたら、その中でも1番近い人は、フラッグを抜きます。全員の邪魔にならないところに、フラッグはそっと置きます。

そして1番最初にホールアウトした人が、フラッグを持ち、全員がカップインした後でさしてから、次のホールへ向かいます。

フラッグは積極的に持ちましょう。グリーンにオンしていても、遠すぎてカップが見えないような場合は、フラッグを穴にさした状態で持ってあげることも優しさの一つです。

これは、グリーン上でパッティングをして、フラッグに当たると反則になってしまうことへの配慮です

グリーン上を歩く時にも、いくつか注意点はあります。グリーンを美しく管理する事はとても大変です。管理者に敬意を払い、大切に扱わなければなりません。

ゴルフ初心者に多いのが、踵を引きずって歩いてしまうミスです。グリーンに傷をつけるような行為は、極力避けましょう。さらに歩くときは、他の人のラインを踏まないようにします。

踏んでもいいよ、と言ってくれる人もいますが、いつでも踏まずに歩く方が無難です。パターを構える時、どうしても踏んでしまうような場合は、マークをして先に打ってもらう配慮も必要です。

遠くからグリーンにオンすると、グリーンマークと呼ばれる小さな凹みができます。

この穴も、きちんとグリーンフォークを使って補修します。慣れてきたら、他の人がつけたグリーンマークも直すとなお良いです。

ゴルフ場で守らなければならない全般的なマナーを遵守し、楽しくラウンドをするのがゴルファーのたしなみです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-スポーツ
-,

関連記事

プロ野球・不滅の記録は?|通算セーブ数

元々セーブという概念が生まれたのは、1960年と言われています。 救援専門のある選手が、18勝したのはいいものの、そのほとんどがリードを守り切れず、先発投手の白星を消し、結果として勝利投手になったとい …

おすすめのヨガ教室の特徴は?

昔から人気のあるヨガですが、ここ最近、更に人気が出てきていますが、教室選びに迷う方も多いかもしれません。そんなオススメなヨガ教室の特徴を纏めてみました。

甲子園を目指して!高校野球に年齢制限はある?

  毎年8月の夏の風物詩として、野球ファンにとって待ち遠しい大会が、16歳から18歳の野球部に属する高校生が、たった一つの頂点を目指す夏の甲子園です。 夏の甲子園は、各都道府県から1校ずつと、北海道と …

King of swimmer レジェンドを打ち立てた選手 : ジャネット・エバンス

ジャネット・エバンスさんは、1971年8月28日生まれであり、アメリカのカリフォルニア州の出身です。 1987年、わずか15歳の若さで400メートル、800メートル、1500メートルの自由形の世界記録 …

スノーボードで怪我をしないための予防策

スノーボードは冬のスポーツの中でも特に人気が高く、誰でも気軽に始めることができます。 しかし転倒することが多いスポーツなので、転倒時に身体の一部を痛めてしまったり、日常生活に支障が出てしまうことがあり …

楽天モーションウィジェット