ゴルフの基本知識:ゴルフの基本マナー「グリーン上でのマナー」

グリーンは、ゴルフコースの中で一番芝が短く刈られている場所であり、その中にカップが存在します。

カップにボールを入れて、そのホールを上がることができます。短く刈られているということは、それだけきれいに整備されており、傷がつくだけでもボールの動きに影響を与えます。

また、芝の向きなどでも左右するため、何も考えずにグリーン上を歩いていると、明らかなマナー違反となるため、ゴルフ初心者にとっては気をつけなければなりません。

スポンサーリンク

ゴルフの基礎知識|グリーン上でのマナー

グリーンとはどういう場所なのか

グリーン上での1打も、フェアウェー、ラフ、バンカーでの1打も同じです。

つまり、転がすだけでも相当な神経を使うことになるため、人によっては2パットOKと呼ばれる、2パットしたとみなして、ホールを上がってもいいというルールを採用している人もいます。

これは心臓などに持病があり、パットが影響を与える恐れがあるためであり、ローカルルールの1つです。

もちろん、競技会などで当然認められませんが、OKパットというものはアマチュアゴルフでは存在し、ゴルフ初心者の場合には、そのあたりは甘めに見てくれます。

紳士的な振る舞いをかなり求められるのがグリーン上です。そうしたこともあり、これだけは絶対に守らなければならないこと、これだけは絶対にやってはいけないことというのも存在するため、ゴルフ初心者は事前に知っておく必要があります。

とにかく心がけておきたいことは、グリーン上では静かにしていること、挙動不審にならないこと、指示がない限りは勝手に行動しないことを守っていれば、問題はありませんが、具体的なマナーとしていくつか存在します。

グリーンは、場所も人も繊細になる

グリーンは繊細であり、ちょっとしたことで傷がついてしまいます。

例えばグリーン上を走るだけでも十分なマナー違反であり、避けなければなりません。グリーンが傷つくだけでなく、他のプレイヤーにも影響を与えてしまいます。

走ることや飛び跳ねることなど、嬉しくてもオーバーなリアクションはとらないようにすることも大事です。

繊細という意味では、ボールマークは必ず直しておく必要があります。ボールマークは、フェアウェーなどからショットを放ち、それがグリーンで跳ねた際にできるものであり、至る所にこうしたものがあります。

自分がつけたものであれば直しておくのは当然ですが、できればその周りにある他の人の分も直してあげると効果的です。

ボールマークを直すために必要な道具として、グリーンフォークというものがあります。

その名のとおり、フォークの形になっており、ボールマークの穴のところから斜めにグリーンフォークを刺し、グリーンフォークをテコの原理で持ち上げ、それをパターの裏でポンポンと叩き、完了します。

ただ、ゴルフ初心者がやろうとするとグリーンフォークの先端でやろうとし、最悪の場合、芝が切れてしまい、逆効果になってしまうこともあるため、最初のうちは人のやっていることを観察し、自分でもやってみるということをしていくだけで十分です。

グリーンフォークは1000円ぐらいで売っており、余裕がある場合にはグリーンフォークを買っておくと、ゴルフ初心者であったとしても感心され、マナーをちゃんと守る人という認識を、周囲の人たちに与えることができます。

なるべくプレイ中は近づかないようにする

グリーン上ではコースを読み、それで正確に打とうとするプレイヤーがいます。

もし近くでその姿を見ようとすると、自分の影がその人のコース上に現れて、気が散ってしまうことがあります。そうなってしまうと、一緒に回っている人に失礼にあたるため、少なくともコース上、その周辺にはいないようにしておくことが求められます。

もし、ピンを持つことになった場合は、打ったボールが当たらないようにする必要があります。

万が一ボールがピンに当たってしまうと、ペナルティになってしまい、かなり恨まれることになります。ボールが当たらない位置に置くか、転がってきた時に、ピンを持ち上げるなどして当たらないようにする配慮が必要です。

ペナルティになるケースとしては、他人のパットのコースを踏んでしまう行為もペナルティになります。

当然ながら、自分のコースをわざと踏んでコースを変えようとする行為も、同じようにペナルティです。他にペナルティになる行為としては、ボールのマーカーをボールから遠くに置いた場合もそうです。

2インチ、だいたい5センチほど離してしまうと正確なマークとは認められません。実際にマークする場所は、真横でもいいとされていますが、基本的には後ろにマークするケースがほとんどです。

最後に

もし、こんなことがあったらどうするのかということが、グリーン上でも起こることは多々あります。

ただ、少なくとも他のプレイヤーに近づかないということをしていれば、いずれの場合も避けることができます。

そして、慎重にプレイをしていれば間違いはなく、マナー違反を犯すことも少なくなります。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-スポーツ
-, ,

関連記事

サッカーの基本ルール : インプレー

サッカーの起源は、イギリスやイタリアで行われていた町の祭りが起源であり、町中を敵味方に分かれた町中の大人数の男達が、手や足を使って一つのボールを目的地に運んで、その運んだ数が多いほうが勝者という形が、 …

大注目!大相撲の行司さん

スポーツの審判にあたる大相撲の行司は、注目してみると大相撲が一段と楽しくなります。 力士には下から序の口、序二段、三段目、幕下、十両、前頭、小結、関脇、大関、そして最上位の横綱という階級があり、力士の …

山の食事|単独行(一人)なら

最近では単独行(一人)で登山に出かけるという方も増えていて、人気のものとなっています。 単独行(一人)の登山での食事を題材にした漫画なども販売されているので、単独行(一人)での登山を検討しているという …

フィットネスボクシングに年齢制限はある?一日の練習量は?

痩せるため、筋肉をつけるため、護身のためなど、いろいろな理由からフィットネスクラブに通う人は多いものですよね。 中でもフィットネスボクシングをやると、筋力トレーニングやボクシングのスキルアップにも役立 …

初心者のためのヨガ入門:教室の選び方

初心者がヨガを始めるのであれば教室に通うのが一番ですが、教室の選び方というのに悩んでしまうものです。 そのようなときには教室の選び方の基準をおさえておくと、決めやすくて便利です。

楽天モーションウィジェット