ゴルフの基本知識:ゴルフの基本マナー「グリーン上でのマナー」

グリーンは、ゴルフコースの中で一番芝が短く刈られている場所であり、その中にカップが存在します。

カップにボールを入れて、そのホールを上がることができます。短く刈られているということは、それだけきれいに整備されており、傷がつくだけでもボールの動きに影響を与えます。

また、芝の向きなどでも左右するため、何も考えずにグリーン上を歩いていると、明らかなマナー違反となるため、ゴルフ初心者にとっては気をつけなければなりません。

スポンサーリンク

ゴルフの基礎知識|グリーン上でのマナー

グリーンとはどういう場所なのか

グリーン上での1打も、フェアウェー、ラフ、バンカーでの1打も同じです。

つまり、転がすだけでも相当な神経を使うことになるため、人によっては2パットOKと呼ばれる、2パットしたとみなして、ホールを上がってもいいというルールを採用している人もいます。

これは心臓などに持病があり、パットが影響を与える恐れがあるためであり、ローカルルールの1つです。

もちろん、競技会などで当然認められませんが、OKパットというものはアマチュアゴルフでは存在し、ゴルフ初心者の場合には、そのあたりは甘めに見てくれます。

紳士的な振る舞いをかなり求められるのがグリーン上です。そうしたこともあり、これだけは絶対に守らなければならないこと、これだけは絶対にやってはいけないことというのも存在するため、ゴルフ初心者は事前に知っておく必要があります。

とにかく心がけておきたいことは、グリーン上では静かにしていること、挙動不審にならないこと、指示がない限りは勝手に行動しないことを守っていれば、問題はありませんが、具体的なマナーとしていくつか存在します。

グリーンは、場所も人も繊細になる

グリーンは繊細であり、ちょっとしたことで傷がついてしまいます。

例えばグリーン上を走るだけでも十分なマナー違反であり、避けなければなりません。グリーンが傷つくだけでなく、他のプレイヤーにも影響を与えてしまいます。

走ることや飛び跳ねることなど、嬉しくてもオーバーなリアクションはとらないようにすることも大事です。

繊細という意味では、ボールマークは必ず直しておく必要があります。ボールマークは、フェアウェーなどからショットを放ち、それがグリーンで跳ねた際にできるものであり、至る所にこうしたものがあります。

自分がつけたものであれば直しておくのは当然ですが、できればその周りにある他の人の分も直してあげると効果的です。

ボールマークを直すために必要な道具として、グリーンフォークというものがあります。

その名のとおり、フォークの形になっており、ボールマークの穴のところから斜めにグリーンフォークを刺し、グリーンフォークをテコの原理で持ち上げ、それをパターの裏でポンポンと叩き、完了します。

ただ、ゴルフ初心者がやろうとするとグリーンフォークの先端でやろうとし、最悪の場合、芝が切れてしまい、逆効果になってしまうこともあるため、最初のうちは人のやっていることを観察し、自分でもやってみるということをしていくだけで十分です。

グリーンフォークは1000円ぐらいで売っており、余裕がある場合にはグリーンフォークを買っておくと、ゴルフ初心者であったとしても感心され、マナーをちゃんと守る人という認識を、周囲の人たちに与えることができます。

なるべくプレイ中は近づかないようにする

グリーン上ではコースを読み、それで正確に打とうとするプレイヤーがいます。

もし近くでその姿を見ようとすると、自分の影がその人のコース上に現れて、気が散ってしまうことがあります。そうなってしまうと、一緒に回っている人に失礼にあたるため、少なくともコース上、その周辺にはいないようにしておくことが求められます。

もし、ピンを持つことになった場合は、打ったボールが当たらないようにする必要があります。

万が一ボールがピンに当たってしまうと、ペナルティになってしまい、かなり恨まれることになります。ボールが当たらない位置に置くか、転がってきた時に、ピンを持ち上げるなどして当たらないようにする配慮が必要です。

ペナルティになるケースとしては、他人のパットのコースを踏んでしまう行為もペナルティになります。

当然ながら、自分のコースをわざと踏んでコースを変えようとする行為も、同じようにペナルティです。他にペナルティになる行為としては、ボールのマーカーをボールから遠くに置いた場合もそうです。

2インチ、だいたい5センチほど離してしまうと正確なマークとは認められません。実際にマークする場所は、真横でもいいとされていますが、基本的には後ろにマークするケースがほとんどです。

最後に

もし、こんなことがあったらどうするのかということが、グリーン上でも起こることは多々あります。

ただ、少なくとも他のプレイヤーに近づかないということをしていれば、いずれの場合も避けることができます。

そして、慎重にプレイをしていれば間違いはなく、マナー違反を犯すことも少なくなります。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-スポーツ
-, ,

関連記事

甲子園を目指して!甲子園で観戦するには?

春や夏の高校野球を現地、甲子園で観戦したいという人が多くいます。 いつも同じ場所を陣取るために、開催中はテントで生活し、毎日並ぶ人もいるなど、高校野球を見るためにまさに汗を流しているというのが現状です …

地元愛が熱くする!?清水エスパルスを応援してます!

清水エスパルスは、サッカー王国の静岡にあるプロサッカーチームです。 本拠地は静岡県の静岡市にあります。ホームスタジアムは、約2万人を収容できるIAIスタジアム日本平スタジアムです。

野球の基礎知識:投手と捕手に関するルール

野球において、投手がボールを投げないことには試合にならず、何も始まりません。 そうしたことから、投手が基本的にはイニシアチブを握るというのが野球です。 これをまずは基礎知識として持っておき、その後に投 …

初心者のための乗馬入門:乗馬用語を覚えよう

乗馬というのは、日本人にとってはあまり身近なスポーツではないかもしれませんが、動物と一緒にできる唯一のスポーツとして、全世界で親しまれています。 乗馬には大きく分けて2種類のスタイルがあります。 ひと …

プロ野球・不滅の記録は?|シーズン最多登板

プロ野球でのシーズン最多登板記録を見ていくと、70試合以上投げた選手は延べ52人います。 そのほとんどは、21世紀に入ってからの記録ですが、中には1950年代60年代という記録もあります。 昔の選手は …

楽天モーションウィジェット