ゴルフの基本知識:ゴルフの基本マナー「事故を防ぐためのマナー」

ゴルフ初心者は、覚えなければならないことがたくさんありますが、その中でも最初に覚えなければならないのが、事故を防ぐためのマナーです。

マナーが悪くて、誰かを不快な目に合わせてしまったというのであれば、まだ取り返しがつきますし、取り返しがつかないことになってしまっても、その影響というのは、さほど大きなものではありません。

しかし、事故を起こしてしまって誰かを怪我させてしまった、あるいは自分自身が怪我をしてしまったとなると、それはいつまでも大きな影響を残すことになってしまいますから、相手に対する気遣いというのも大事ですが、何より最初に、事故を防ぐためのマナーは頭のなかに叩き込んでおかなければなりません。

スポンサーリンク

ゴルフ初心者は事故を防ぐマナーを覚えるところから

互いが気持ちよくプレーをする

マナーというのは、ゴルフ初心者の場合知らなくてもある程度大目に見てもらうことはできますが、安全性に関わる部分に関しては、ゴルフ初心者だからといって、知らないで許されるものではないので、まず最初に覚えるようにしましょう。

そのようにいっても、特別難しいことはなく、ゴルフ初心者であっても簡単に覚えることができ、明日からそれほど心配をすることはありません。

簡単に覚えることができることだからこそ、ゴルフ初心者だからといって知らないでは済まされませんから、どうすれば事故を防ぐことができるのかということを、しっかりと覚えておくことが大切です。

ゴルフというのは、一見するとそれほど危険がないように思えますが、硬いクラブを振り回したり、硬いボールが飛んでいく競技であるため、最低限の事故を防ぐための知識は必須となるのです。

打とうとしている人の側には近づかない

安全にゴルフを楽しむ上で、絶対に抑えておかなければならないことは、打とうとしている人の側には、絶対に近づかないということです。

クラブがすっぽ抜けてくる可能性だってありますし、当たり損ねた球が飛んでくるということもあり得るだけに、絶対に側に近づいてはいけません。

十分な距離を取ったと思っていても、知らずに危険な距離に入っているということがあるので、注意をする必要があります。

また、周囲の様子を常に確認しておくというのも大事なことであり、クラブを持っている人のそばには、近づかないことを徹底することが大切です。

もうひとつ大事なこととして、打とうとしている人の前に立たないということであり、どれだけ距離が離れていると思っていても、球が飛んでくるスピードというのは非常に速いものですから、飛んできたと思ったときには、命中をしているということがあります。

打つ人よりも後ろに立っていれば、このようなことはありませんから、打つ人よりも前にたたないということは、徹底しなければなりません。

逆に自分が打つ番になったときには、前方に人がいないかを確認して打たなければなりません。周囲に人がいないかを確認することも大切ですが、少し距離があるからと言って、前方に人がいる場合には打つのはやめて、下がって貰うようにしましょう。

特に、ゴルフ初心者というのは、どこに球が飛んで行くのかわかりませんから、ここなら大丈夫だろうという位置でも、前方に位置している以上、飛んで行く可能性があるので、打つ前に注意をして下がって貰う必要があります。

これだけ気をつけていれば、大事故は未然に防ぐ事ができます。

少しでも危ないと思ったときには躊躇わず

ゴルフ場というのは、常に複数の人と一緒にプレイをしているわけですから、先に回っている人たちもいます。

そのため、先に回っている人たちに打ち込まないように、注意をしてプレイをすることになるわけですが、どれだけ注意をしていても、人がいるところに打ち込んでしまう可能性というのがあります。

人がいるところに飛んでいきそうになったときには、フォアーと叫ぶのがルールとなっていますが、ゴルフ初心者の場合には、どのような打球であれば叫んだほうが良いのか、どのような時に叫ばなくてもいいのかと判断をしづらいものです。

フォアーは安全のために声をかけるわけですから、少しでも危ないと感じたときには迷わず叫ぶことが大切です。

毎回毎回打つたびに叫ぶのも恥ずかしいと思うかもしれませんが、事故を起こしてしまうよりは、何倍もマシであるため、少しでも人がいる方向に飛んだときには、躊躇うことなくフォアーと叫ぶようにしましょう。

人がいるのがはっきり分かる場合もそうですが、人が見えない場所にボールが飛んでいったときにも同様に、人がいるかもしれないということを考えながら、叫ぶことも忘れないようにしましょう。

むしろ、いるかいないかわからない場所のほうが相手も自分の姿が見えていないということになりますから、危険性が高いため、コースが隣接していて隣のコースの方に飛んでいってしまったというときには、特に注意をする必要があります。

最後に

ゴルフ初心者の内は、特にボールがどこに飛んで行くのかわかりませんから、フォアーを連発することになるかもしれませんが、それぐらいの気持ちが事故を防ぐことに繋がります。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-スポーツ
-,

関連記事

ヨガで健康的にダイエット!1回でどれくらいやればいい?

モデルやセレブなど、綺麗な方が多く実践しているヨガ。 実際のダイエット効果は、どれくらいやれば痩せられるのか疑問に思う方も多いでしょう。

アウトドアウェアの選び方

週末や長期休暇。 お家でのんびり過ごすのもいいけれど、やっぱり外に出て思いっきり体を動かしたい!という方も多いでしょう。 ハイキングやピクニック、海水浴、キャンプと楽しみは尽きません。家族や友達、恋人 …

ゴルフの基本知識:ゴルフの基本ルール「ウォーターハザード」

ウォーターハザードは、コースの中にある池や川などを指す場所であり、ゴルフ初心者には「池ポチャ」という言葉が耳なじみのある言葉です。

水泳の悩み…クロールの息継ぎが出来ない

水泳の4泳法のうち、最もポピュラーなのがクロールです。水泳をはじめたら、まず最初に習得する場合がほとんどで、一応泳げるという程度なら出来る人も多いことでしょう。

スライス対策|スライスの原因は?

ゴルフ初心者というのは、どうしてもスライスよりの球を打ってしまいがちで、真っすぐ飛んでいかずに悩んでいるという人は多いものです。 誰でも最初から上手くいくわけではないのですが、ゴルフというスポーツは、 …

楽天モーションウィジェット