ゴルフの基本知識:ゴルフの基本ルール「バンカー内の砂にクラブが触れる」

ゴルフ初心者にとって、バンカーとは決して良いイメージはないでしょう。

捕まると、そう簡単には脱出できないものというわけです。もちろんそれは、ゴルフ初心者だけではなく、プロにとってもそうなのですが、しかしプロは、ゴルフというものは心理面、メンタル面も大きいことを知っています。

バンカー内でも冷静にプレーしますし、たとえ他のプレイヤーがバンカー内に捕まってしまったからといって、過度に喜んだりもしません。

そうやって喜ぶことで、自分の気の緩みにつながってしまい、結局は自分のスコアを乱すだけだからと知っているからです。

スポンサーリンク

ゴルフの基礎知識|バンカーショット

ゴルフ初心者のためのバンカーのルール

さて、バンカーショットの際の基本ですが、まずはバンカー内を歩く距離が、できるだけ短くなるようにバンカーに入りましょう。

長々とバンカーを横切って行くのは、ルール違反ではありませんが、マナー違反です。できるだけ、最短距離で行くようにします。

また、バンカーだけには限りませんが、ゴルフの基本として、ありのままの状態で打つということがあります。たとえ風が吹けば飛ぶような枯葉や小枝のようなものであっても、ショットの邪魔になるからといって、取り除くのはルール違反になります。

ボールが半ば砂に埋もれた状態になってしまっていて、打ちにくいからとボール周囲の砂をならしたりするのはもっての他です。とにかく、ありのままで打つ必要があるのです。

なお、ウォーターハザードとは違って、バンカー内にボールが入ったからと言って、プレーの続行が不可能になるような事態になることはまずないと思われます。

単に何度ショットしても、うまく出ないからというのは、プレー続行不可能の理由にはなりません。

バンカー内の砂にクラブが触れると

さて、本題のバンカー内の砂とクラブの関係ですが、ゴルフ初心者に覚えておいて欲しいのは、バンカー内のボールをショットするまで、クラブで砂に触れてはいけないということです。

これはマナーの問題ではなく、明確にルールとして決められており、違反するとペナルティとして2打罰となってしまいます。

要は、バンカー内に歩いて入り、アドレスを取って、実際にクラブでショットするまでの間に、持っているクラブで砂に触れてはいけないということです。

バンカー内を歩いている際はもちろんのこと、アドレスを取って構えている間、あるいは素振りをしている間も全く同様です。実際にショットをするまさにその瞬間まで、触れてはいけないのです。

当たり前のことですが、ショットをするその瞬間に、クラブで砂に触れるのは全く問題ありません。ショットをする瞬間も砂に触れてはいけないと誤解するあまり、変なミスショットをすることのないように注意しましょう。

テレビ中継などでも見られますし、また少しでもゴルフをやっていれば分かることですが、ショットをするまさにその瞬間に、バンカーの砂にクラブが触れないようにするなどということは非現実的ですし、ボールが半ば砂に埋まっているような場合は、そんなことはまず不可能です。

なお、細かいところですが、例えばゴルフ初心者の場合、ショットをしてもボールに触れなかったというミスをすることもあるかもしれませんが、これはペナルティにはなりません。

ボールを打とうとしてショットする際まで触れてはいけないだけで、実際にショット時にボールに触れたかどうかは無関係です。

その他のルールやマナーについて

さて、バンカー内ではショットをするまでの間に、クラブが砂に触れてはいけないのは分かりましたが、ではショットの後はどうなるのでしょうか。

これは、ルール上は問題ありません。ショット後、バンカーから出るまでの間に、クラブが砂にたとえ触れたとしても、ルール上のペナルティはありません。

ただし、一般的なマナーとして、バンカーから出る際は、自分の足跡やショットをした跡も綺麗にならしておくこととされています。ある程度のレベルのゴルフ場になると、各バンカーの近くには、砂をならすための用具も置いてあるはずです。

当然、ショット後にクラブが砂に触れ、表面を乱してしまったのであれば、それも含めて綺麗にしておくのがマナーということになります。

ですから、ルール上は問題ないとはいえ、ショット後であっても、クラブで砂に触れるようなことを意図的にするべきではありません。

ただし、ショット後に触れるのはルール上問題ないとは言え、実は注意しておかなければならないことがあります。

ショット後であるにもかかわらず、というかショット後であると同時に、ショット前でもある可能性があるのです。

どういうことかというと、ショットしたはいいが、ミスショットになってしまって、結局そのバンカーから脱出できなかったというケースです。初心者では、さして珍しいことではないことでしょう。

この場合、1回目のショットの後だからといって、ショット後にクラブで砂に触れてしまうと、実は2回目のバンカーショットの前だった、という笑えない事態になってしまいます。

もちろんルール上のペナルティになってしまいます。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-スポーツ
-, ,

関連記事

乗馬クラブ選びのポイントとは?

乗馬を楽しく続けていくためには、乗馬クラブ選びを妥協しないことが求められます。 乗馬はかなりのお金がかかり、クラブ選びを間違うと、乗馬そのものが嫌になり、馬を見るのも嫌だという状況になってしまいます。 …

山の食事|カップラーメンを作る

カップラーメンは普段の食事の時だけでなく、登山の際のお供としても活躍しています。 軽量で気温の変化にも強く、工夫次第で様々なアレンジも楽しむことができます。単独行でも、パーティーでもお馴染みの食事で、 …

フィギュアスケート採点の流れ:構成点の採点

フィギュアスケートを見ていると、とても優雅で素敵だと思ったり、コミカルで楽しいと思ったりしませんか。 選手によって、選んだ曲によっても、いろいろな演技を見せてくれます。どんな演技をするのかは、とても重 …

登山に適した人数は?

登山は当然のことながら1人でも可能であり、人数に制限というものはありません。 まして、難易度の低い山であれば大勢で登るということも考えられ、疲れてきた人を鼓舞しながら一緒に山頂を目指すというケースも多 …

フィギュアスケートのジャンプの種類は6種類|アクセル

フィギュアスケートは、日本で人気の高いスポーツの一つですから、テレビの中継を楽しみにしている方は多いでしょう。 フィギュアスケートの醍醐味と言えば、何と言ってもジャンプです。 男子女子を問わず、ダイナ …

楽天モーションウィジェット