ゴルフの基本知識:ゴルフの基本ルール「OB(アウトオブバウンズ)」

OB(アウトオブバウンズ)とは、ゴルフ初心者にとって避けがたいものでしょう。

要はプレー区域外とされる場所、あるいはその場所にボールを打ち込んでしまったことを指します。

スポンサーリンク

ゴルフの基礎知識|OB(アウトオブバウンズ)

OB(アウトオブバウンズ)とは

ゴルフ初心者としては、まずはこのOB(アウトオブバウンズ)にだけはならないように、ショット練習をすることになるでしょうが、あまりにもOBを意識し過ぎると、かえってミスショットをしたりしてしまうものです。

別にOBになったからといって、即座に負けになるようなルールなどありません。

OBのことを考えるよりも、自分がどこに打ちたいかを考えろというのは、ゴルフ初心者によく言われる鉄則の一つです。

ちなみに英語のアウトオブバウンズとは境界、区切りといった意味を持ちます。

ある決められた境界、区切りの外側という意味であり、要はプレーする区域外ということになります。基本的に、ゴルフのコースは芝が綺麗に戸整えられた、フェアウェイがまずコースの中心に位置しています。

ここはボールも打ちやすく、また転がった場合の距離も長くなり、まずはここにボールを落とすことを考えるべきゾーンです。

そして、フェアウェイの外側を取り囲むように、ラフと呼ばれるゾーンがあります。ラフというのは粗い、整地されていないといった意味ですが、その名前のとおり、芝はきちんと刈られておらず長く伸びていたりすることが多いです。

当然ショットをしても、それが邪魔になって飛距離も出にくくなります。あまり喜ばしくないゾーンということになります。そして、ラフのさらに外側に位置するのが、OBゾーンということになるわけです。

OB(アウトオブバウンズ)になった場合のルール

さて、それでもOB(アウトオブバウンズ)になってしまうことはあります。

別にゴルフ初心者でなくても、プロであってもOBを出すことはあるのですから、これは仕方がありません。まず、ルール上、どういうものがOBなのかを覚えることから始めましょう。

多くのゴルフ場で、ここから外の区域はOBゾーンということが目印で示されているはずです。例えば白線が引かれていたり、要所要所に白い杭が打たれていたりします。

その外側がOBゾーンということで、多くは山であったり森林になっていたり崖になっていたり、極端な場合は海になっていたりと、まともにプレーすることができない場所になっていることが普通です。

それで、もし自分のショットがOBになってしまった場合ですが、ゴルフ初心者のために、そのルールを非常に分かりやすく言いますと、1打罰を受けてもう一回打ち直しということになります。

この1打罰というのが、そもそもゴルフ初心者にとっては誤解しやすいルールなのですが、最初に打ってミスをしてOBになったそのショットも1打として数え、さらにペナルティとして1打をプラスした上で、もう一度打ち直すということになるのです。

つまり、そのホールの最初の1打、つまりティーショットをミスしてOBになった場合、ミスが1打目、ペナルティが2打目となり、実際にもう一度打ち直すショットは3打目ということになってしまうわけです。

打ち直しだから、実際に打つのは2打目になると思い込んでいる人がいますが、それは間違いですので、スコアの計算の際に間違えないようにしましょう。

その他のOB(アウトオブバウンズ)について

つまり、言い換えるとOBをすると、そのたびに2打がプラスされると考えておけば間違いはありません。

言ってしまえば、それだけのことで、それ以上でも以下でもないわけです。とんでもないOBを叩いたからといって、4打も5打もプラスされるなどということはルール上ありません。

ただ、もちろん何度もOBを出せば、その都度2打がプラスされることになります。一つのホールで3回OBを出せば、最終的には6打がプラスされることになるわけです。

さて、打数の話をしたところで、実際にどのように打ち直すのかを説明しましょう。

これはティーショットと2打目以降の場合とでルールが異なります。

ティーショットがOBの場合は、単純に2打プラスしてもう一度同じティーグラウンドから打ちます。2打目以降がOBの場合は、同じく2打プラスした上で、最後に打った場所からホールに近づかないようにボールを落として、そのボールを打つことになります。

若干打ち方は違いますが、2打プラスした上で、OBを打ってしまったショットの場所から打ち直すという基本は同じことです。

なお、一部のゴルフ場、コースでは、ティーショットの場合に限って別ルールが設けられているところもあります。

これはプレーをスムーズに進行させる意図で設けられた特殊ルールで、ティーグラウンドからある程度前方に進んだ場所に、前進ティーというのが設けられていることがあるのです。

ティーショットがOBになった場合、通常ですと2打加えて同じところから打ち直しですが、この特殊ルールの場合は、さらに1打つまり合計3打加えた上で、その前進ティーから打ち直すことになります。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-スポーツ
-, ,

関連記事

ゴルフ初心者の練習法!ゴルフクラブの打ち方(アプローチ)

ゴルフ初心者がコースに出て最初に戸惑いやすいのが、アプローチです。 ドライバーで飛距離を伸ばす練習をする機会は多いですが、アプローチはコースに出るまで行う機会が少ないです。仮に練習を行える環境があって …

サッカーの基本ルール : コーナーキック

コーナーキックをはじめとして、フリーキックやスローイン、ゴールキックなど、サッカーにはボールを止めた状態からプレーを再開させるセットプレーがあります。 そして、基本的にどのセットプレーであったとしても …

心と体を鍛えて護身術にもなる?空手で学ぶ武道の世界

空手は日本の武道として古くから親しまれている格闘技の1つです。

水泳の基礎知識:水泳用品 ~ セーム ~

水泳をしている人を見ると、何やらカラフルで小さい布を持っていることがあります。 これは「セーム」と言って、水泳用品としては定番の便利なアイテムです。

初心者にぴったりなゲレンデはどこ?

ゲレンデデビューの初心者がスキー場を選ぶ際は、どこのスキー場やゲレンデが良いのか分からないですよね。 今回は初心者の方にぴったりなゲレンデの選び方を紹介します。

楽天モーションウィジェット