ゴルフの基本知識:ゴルフの基本ルール「ウォーターハザード」

ウォーターハザードは、コースの中にある池や川などを指す場所であり、ゴルフ初心者には「池ポチャ」という言葉が耳なじみのある言葉です。

スポンサーリンク

ゴルフの基本知識|ウォーターハザード

ウォーターハザードの基本的なルールとは

ウォーターハザードの中には、ラテラルウォーターハザードというものがあります。この違いは、池や川の周りに黄色の杭が刺さっていればウォーターハザード、赤色の杭であればラテラルウォーターハザードとなります。

この違いは、救済方法の違いとなっています。

通常のウォーターハザードであれば、1打罰を科されて、打ち直しをするか、ハザードラインを横切った場所、ピンを結んだ線の後方から打つか選ぶことになります。

ラテラルウォーターハザードは、こうした処置がしにくい場合に設定されており、ハザードラインを横切ったところから、2クラブ以内のところにドロップするというルールになっています。

しかし、打ち直し以外のルールを適用するには条件があります。

それは、ボールが落ちた場所が正確にわかっているかというものです。池の方向にボールが行き、その周辺に明らかにボールがない場合であっても、入ったとはいえないような状況のときは、ロストボールという扱いになります。

そうなると、打ち直ししか選択する権利がないことになります。これを厳格に適用しているケースや、仕方なく2クラブ以内のところから打つケースと様々ですが、その時々で合わせることが大切です。

特にゴルフ初心者が、ゴルフをよくやる人を制してこれを主張すると、ゴルフをよくやる人はすごく気分を害し、雰囲気が悪くなる原因となります。

ルールとして知っておき、一緒にプレーする人と調整するぐらいで十分です。

ウォーターハザードの中でプレーは可能なのか

基本的に池などに飛び込んだ場合は、1打罰を科して近くから打つということになりますが、中には無理をすれば打てなくもない場所があります。

すると、1打罰がもったいなく感じ、池の中に入って打とうとする人も時折現れますが、この場合のルールはバンカーのときに似ています。

クラブを水面につけてはいけない、落ち葉などを取り除いてもいけないなどがあり、これを破ると2打罰となります。せっかくビショビショになってショットを放ったにもかかわらず、2打罰になるのでは全くもって意味がありません。

ただ、例外というのも存在します。

例えば、ショットを放った際、バランスを崩して倒れそうになったのを手をついて防いだ場合や、それによってクラブが水面についた場合があります。

こうした場合は、ペナルティにはなりません。あくまで自分の身を守るために行ったものであり、ペナルティの対象とはならないのです。

もし、ウォーターハザード内でプレーをし、さらに悪化させるような状態、OBなどになった場合には、救済の1打罰、OBであればその1打罰に加えて、先ほどの救済を受けることになります。

ゴルフ初心者からすれば、ウォーターハザードからのショットは憧れでもありますが、大変危険であるだけでなく、体を濡らし、風邪を引くこともあります。

また、どこかを濡らすことになり、プレーがしにくくなることも考えられるため、ゴルフ初心者の人はできるだけ1打罰を科した上で、安全なところからプレーを再開させる方が得策であり、アマチュアではこうした無茶をする人は少ないのが現状といえます。

ゴルフ初心者は、ウォーターハザードとどう接するべきか

ゴルフ初心者の場合、池に打ち込むことは頻繁にあり、そのたびに池の中に入っていては大変です。

このため、ウォーターハザードとなった場合、どのようなペナルティがあり、救済があるのかということを知っておくだけでも、スムーズなプレーにつながります。

また、キャディーさんがこの場合、どのような救済なのかを知っていることがほとんどであり、一緒に回っている人と話し合って決めていくこともできます。

ウォーターハザードのトラブルとして、小川のようなところに打ち込み、ボールが動いているケースがあります。この場合、そのままショットすることができ、ペナルティはありませんが、ボールを待つなどの行為は遅延行為でもあり、ペナルティの対象となるため、注意が必要です。

また、ウォーターハザードを示す杭の真横にボールがついた場合は、杭を抜いて打つことになります。障害物という扱いになるため、仮に抜いて打ったとしても、ペナルティにはなりません。

最後に

他にも細かなルールがありますが、他の人に聞きながらでも、ゴルフ初心者であれば許されることも多いため、細かく考える必要はありません。

とりあえず、ウォーターハザードの基本的なルールだけを知っていれば、それで十分です。

池を意識すると、そこにボールが行ってしまうのが人間の心理であり、特にゴルフ初心者はそうなりやすくなっています。

打てそうなところであったとしても、最初のうちは1打罰で救済してもらって、正しいルールを身につけていくことが大事であり、基礎的なことが身についてから、ウォーターハザードの中からのショットを試してみるようにしましょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-スポーツ
-, ,

関連記事

初心者におすすめのロードバイクの選び方

ロードバイクは、自転車の中でも高速走行に優れており、長時間や長距離の走行もお手の物です。 しかし、高速で走ることができるため、自分に合ったものを選ばなければ危ないです。 そのため、きちんとした選び方を …

フィギュアスケート観戦の楽しみ方【準備編】

フィギュアスケートは人気の高いスポーツの1つですね。 初めてフィギュアスケートを観戦しに行くという人も増えてきています。 フィギュアスケートは野球やサッカーなどの観戦とは異なり、スポーツとショーの中間 …

甲子園を目指して!甲子園名勝負TOP10

魔物が棲むと言われる「高校野球の聖地」甲子園球場では、過去に幾多の名勝負が繰り広げられてきました。 その中から10試合、順位と一緒にご紹介したいと思います。

オリンピック水泳選手の出場枠はどう決まる?

オリンピックの水泳競技において、出場権利が与えられるのは、1つの国の中で各種目2名までとなっています。

ゴルフスイングの基本をマスター

ゴルフで何よりも重要とされるのが、再現性の高いスイングをマスターすることです。そのためにはかなりの練習量が必要となるでしょう。

楽天モーションウィジェット