洋服選びに迷う事がなくなる基本のアイテム!「スカート」

最近では、パンツルックの女性が増えてきていますが、着回ししやすく、また見た目の印象をガラリと変えてくれるファッションアイテムといえば、スカートです。

履きなれていないと、女性でも何となく躊躇してしまったり、パンツの方が楽だし、もう若くないからという理由から、履かなくなったという人も少なくはありません。

しかし、スカートは選ぶアイテムによって、イメージが変わるため、何を着たらいいのか分からないけれど、いつもと同じ洋服じゃ嫌という女性にはおすすめです。

スポンサーリンク

押さえておきたい基本アイテム|スカート

デザインによって印象が変わるアイテム

女性ならご存じの方も多いと思いますが、スカートと一口にいってもAライン、フレア、プリーツ、サーキュラー、タイト、テーパード、ティアードなど様々なタイプに分けられています。

例えば、プリーツスカートというと10代~20代前半くらいの若い女性が履くイメージなので、30代にもなれば履けない・・・と考えている人もいますが、プリーツでも丈がロングになれば、30代でも40代でも問題なく履けます。

可愛らしい元気な印象を、大人っぽくフェミニンな印象に変えることができるでしょう。

スカートのデザイン、素材、カラー、丈などによって、色んなファッション系統を楽しむことができ、また、トップスに何を合わせるかによっても、同じデザインのスカートが違う印象に見えたりもするので、意外と便利なアイテムなんです。

そして、一気に女性らしさをアップさせたい時に、もおすすめの1着です。カジュアルテイストなスタイルで、パンツだとボーイッシュになりますが、スカートなら女性らしさも取り入れられるので、男性受けも悪くありません。

失敗しないスカートの選び方とは

持ってるアイテムとの相性や、自分に似合うかという点で、意外と履けなかったというスカートも少なくはありません。そこで、失敗しないためにデザイン、カラー、素材、丈、サイズに注意して購入しましょう。

デザインは好みなので、どれがおすすめとは言えませんが、選べないなら試着してみてください。予めしたいファッションを決めておくと、デザインは選びやすくなりますが、着回しという点ではティアードやフィッシュテールなどのデザイン性のあるスカートよりも、フレアやタイトなど、シンプルなデザインがいいでしょう。

カラーは持っている洋服に合わせて選ぶのが無難ですが、白、黒、グレー、ネイビーなど、使いやすい色は失敗がありません。逆に持っているトップスが定番色なら、色物や柄物を選んでみるのもいいでしょう。

素材はウール、チュール、綿、ポリエステルが主流です。

ウールは、秋冬の素材なので春夏にはおすすめできませんが、それ以外の素材なら、年間通して着用できます。

丈はミニ、膝上、膝丈、膝下、ロングに分けられます。こちらも好みですが、年相応の恰好で選ぶなら、20代中盤くらいからミニ丈や膝上は考えた方がいいでしょう。また、足首までのロングも、年齢によっては野暮ったく見えてしまうことがあります。

サイズは試着してみるしかありません。スカートはパンツと違い、多少サイズ違いでもそれなりに着こなせますが、すっきりと履けるほうが見た目が良くなります。

一般的には、ウエストは指2本入るくらい、しゃがんだ時にヒップが引っ張られないかが重要です。ネット通販だと試着は難しいですが、きつすぎるよりも、多少緩い方がいいでしょう。

合わせるトップスで着こなしがアップする

スカートに限らずですが、トップスをボトムに合わせる時に重要なのは、デザインやカラーよりも丈だと言われています。

例えば、フレアのように広がりがあるスカートに、ロング丈のトップスを持ってくると、折角の広がりがつぶれてしまい、見た目が良くないので、ウエストラインまたはウエストから10cm程度の長さがいいでしょう。

最近のトレンドとして、ボトムスにインするスタイルが流行っているので、極端に丈の短いトップスでなくても、インしてしまえば問題ありません。

タイトスカートは、基本的にウエストからヒップのラインを綺麗に見せるスカートなので、こちらもウエストラインまたはウエストから5cm程度の長さ、またトップスをインしてしまうのがいいでしょう。

長めのトップスで体のラインを隠してしまうスタイルもありますが、カジュアルで幼い印象になります。

このようにスカートの場合は、違うタイプのデザインでもトップスをコンパクトにまとめると、すっきりしたイメージができあがります。あえて重めのトップスを持ってくるスタイルもありますが、年齢によっては幼すぎたり、野暮ったく感じるので注意しましょう。

また、バランスを取るためにボリュームのあるスカートの場合は、タイトめなトップスを持ってくるのがおすすめです。

最後に

スカートと一口に言っても、簡単に選べるものではありません。

ほとんどの方は、したいスタイルで選びますが、ヒップや太ももを隠したいなら、ウエストから流れるようなボリュームのスカート、細すぎて下半身が貧弱なら、ウエストから広がるようなボリュームのスカートがいいでしょう。

このように、体系によっても洋服の選択肢は広がります。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-ファッション
-, ,

関連記事

オシャレ度がぐっと上がる冬のコーデ法:小物とアウターの色を統一

ベージュやライトグレーのアウターは、女らしさと上品さが引き立つ優れもの。 どうしてもダークカラーになりがちな冬のコーデだけど、明るい色を着ることで華やぎが出て、女子力UPは間違いなしなのですが、それを …

リアルファーのメリット・デメリット

稲作が始まるよりも以前から人は、動物を狩り、その肉を食べるだけでなく、毛皮もまた防寒のために利用していました。 温暖化が進む中、日本で毛皮が必要なほどの寒さと言うのは、それほどありません。 しかしなが …

一目置かれるお洒落コーデ!「ジョガーパンツをメンズライクに着こなす」

今や定番のファッションアイテムになったがジョガーパンツですが、名前のジョガーがジョギングをする人を意味するように、 運動する人が履くような感じのパンツを指します。運動用のパンツすべてをジョガーパンツと …

春のアウターはトレンチコート!飽きない着回し術「デニムと合わせる」

きちんと感のあるトレンチコートに、カジュアルな印象のデニムパンツを合わせると、きれいめカジュアルスタイルが完成します。

モテる20代・30代の必須アイテム「ハイウエスト」

ウエストのくびれを見せようと思って、おへそを出してみたりする女性もいますが、それができるのは若い頃だけだと思いませんか。 くびれも良いけれど、それよりも、足長効果を出してみたいと思いませんか。 そうい …

楽天モーションウィジェット