美を追求する最新美容家電 ― ヘアアイロン ―

オシャレに気を使っている女性ほど、普段からしっかりヘアセットを行っている場合が多いです。ただ髪に強いクセが付いている髪質をお持ちの場合、髪をまっすぐに仕上げようとしても、すぐにうねりが出てしまったり、髪が広がってしまうなど、様々状態となり綺麗に仕上げることが出来ない可能性があります。

確実にヘアセットをするためには、美容サロンなどの美容専門施設を利用する必要があります。プロの美容施設では、最新鋭の美容家電などを利用してヘアセットを行うので、美しい仕上がりにすることが出来ますが、毎日のヘアセットで美容サロンに通うわけにはいけませんし、何よりコストも時間もかかってしまいます。

そのため、もっと気軽に本格的なヘアセットを行う方法として注目されているのが、自宅で使用することが出来る美容家電を利用する方法です。

スポンサーリンク

毎日簡単に本格的なヘアセットを行う

今まで販売されてきた美容家電というと、美容サロンで使用されている製品に比べて美容機能が劣っている場合が高かったのですが、近年になってから、実際にサロンで使用されている美容家電なども取り扱う通販サイトが増えてきていますし、家庭用のヘアアイロンやドライヤーなども、髪の痛みを抑えてくれるイオン発生機能などが付属している製品が増えてきている事から、初心者でも簡単にヘアケアとヘアセットを同時に行えるようになってきているのです。

特に、髪をストレートに仕上げることが出来たり、毛先にカールを付ける時などに使用するヘアアイロンは、温度の高いサロン用のタイプが特に人気が高く、携帯用の持ち運べるタイプも若い女性に支持されています。

ヘアアイロンで簡単ヘアストレート

髪が元々クセが強い方などは、きれいなストレートヘアに憧れている女性がかなり多いと言われています。しかし、うねりや天然パーマなど強いクセがある場合、美しい真っ直ぐなストレートヘアにするためには、美容サロンなどで縮毛矯正や、ストレートパーマなどの施術を受ける必要が出てきます。

しかし縮毛矯正やストレートパーマは、髪を矯正させる強い薬剤を利用しているので、ヘアダメージが強く残ってしまっている髪質の方や頭皮が弱い方は、三ヶ月~半年に一度のペースでこの施術を受け続けるのは、頭皮や髪質に強いダメージを与えかねませんし、何より通常のヘアケア施術の中でも、特に費用が高いお手入れの1つなので、コストパフォーマンスがあまり良くないと感じている方も多いのです。

そこで、自宅で簡単にストレートヘアにセットする方法として注目されているのが、ヘアアイロンを利用する方法です。

ヘアアイロンは、電気をいれるとアイロン部分が約100~200度ほど高温となり、髪を少しずつ挟み込んでまっすぐに伸ばすだけで、うねりが目立っていた髪質をしっかりストレートに伸ばすことが出来る特徴があります。この時のポイントとして、髪を挟み込む際に同じ部位を3秒以上当てないようにすることと、根本からしっかり伸ばすことで長時間きれいな状態に仕上げることが出来ます。

最近では、髪にダメージを与えないイオン発生機能が搭載されている製品も販売されていますし、ストレートヘアの他に、髪全体にウェーブやカールさせるカールアイロンなどもありますので、ヘアスタイルの幅を広げることが出来るようになっています。

ヘアダメージを起こさないためには

市販されている美容家電の中でも、ヘアセットをする際にとても便利なアイテムとして、多くの女性に支持されているヘアアイロンですが、安全に使用していくためには使用上の注意もあります。まずアイロン部分が高温になりますので、長時間髪をはさみ続けてしまうと、髪のキューティクルが剥がれてパサつきの強い髪質になってしまう可能性があります。

これはヘアダメージが蓄積している髪の毛に、普段からヘアアイロンを利用している場合に起こりやすく、一度髪の毛はダメージを受けると自分で修復することはほぼ不可能だと言われていますので、出来るだけヘアアイロンを利用する前には、髪表面を専用のヘアオイルや、クリームなどを利用して保護してあげることで、高温から髪のキューティクルがダメージを受けてしまう状態を防ぐことが出来るようになります。

また、ヘアケアを行う上でどうしても髪のパサつきが気になる時は、ヘアアイロンを使用するのをあえてやめて、髪を休ませてあげたりトリートメントケアを集中的に行うようにすると、髪表面にトリートメント成分がヘアダメージを補修してくれるので、髪の毛の表面がぱさつきにくく、しっとりとした状態に仕上げることが出来ますので、自分で出来るだけお手入れを行うようにすると、健康な髪質を取り戻すことが出来ます。

また、ヘアアイロンを利用する上でとても重要となるのが、完全に髪を乾かしてから利用することです。髪が濡れた状態で高温のアイロンを当ててしまうと、水を含んでキューティクルが開いている状態ため、一気にキューティクルダメージが悪化してしまうので、乾かしてから使用することが鉄則です。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-暮らし
-,

関連記事

ネット銀行活用術 : 三井住友銀行の特徴

三井住友銀行は、大手都市銀行としてあまりにも有名です。日本の3大メガバンクの1つとして知られており、多くの個人や法人利用者が存在しています。 都市銀行とは、銀行の中でも全国に幅広くサービスを展開してい …

結婚指輪の人気デザインについて:ミックス

結婚指輪のデザインは、個性的なものから王道といわれるようなものまで様々です。 その中でも少々個性的でデザインを重視したい人、人とは違う結婚指輪が欲しい人におすすめなのが「ミックス」というタイプのもので …

後悔しないで!妊娠中にやっておきたいこと|歯科検診

大人だし、きちんと歯磨きができているから虫歯の心配なんて必要ない、そんな風に思っていませんか。 内科的な健康診断は毎年欠かさず行く人でも、歯科検診は行っていない人も多いはずです。歯科検診は少なくとも年 …

エキサイトモバイルの格安スマホ・格安SIMの特徴とおすすめポイント

近年、数多くの格安SIM業者が、名乗りを上げています。 数が多いので、どれにすれば良いのか迷っている方もいるでしょう。 今回は、格安業者の中でも、細かいプランが用意されている、エキサイトモバイルを紹介 …

初心者におすすめのペット:ヒョウモントカゲモドキ

爬虫類が飼ってみたいけど難しそうという初心者の方におすすめなのが、ヒョウモントカゲモドキです。

楽天モーションウィジェット