ゴルフの基本知識:ゴルフの基本マナー「バンカーのマナー」

ゴルフ初心者にとって、バンカーとは非常に嫌なものです。

一度入ると、なかなか抜け出せないということもあるでしょう。思ったように抜け出せないかもしれないという焦りから、またミスショットを生むというのは、よくあることです。

また、プレーが遅れるなど、同行者に迷惑をかけるかもしれないという気持ちも影響するでしょう。

そして、やはり気になるのが、バンカーのマナーです。

スポンサーリンク

ゴルフの基礎知識|バンカーのマナー

ゴルフ初心者の基礎知識、バンカー

ゴルフ初心者にとって、マナーはルールと同じくらいに難しいものですし、気を取られるものですが、バンカーはフェアウェーに比べると、複雑であることは間違いありません。

どうするのがマナーだったかななどと考えているだけでも心理面に影響し、ショットのミスにつながってしまうものです。しかし、覚えてしまいさえすれば、さして難しいものではありません。

むしろ、気持ちに余裕が出てくることにもなりますし、もしかしたら同行者からゴルフ初心者ではなくて、ある程度分かっている人だなという目で見られることもあるかもしれません。

ちなみにバンカーのルールとして、ショット前にクラブで砂に触れてはいけないというものがあります。ついついうっかりしがちですから注意しましょう。

ショット後は、砂に触れるのはルール違反にはなりませんが、あまり好ましいものではありませんから、ゴルフ初心者は、バンカーの砂にはクラブでは触れないと思っておいて間違いはありません。

なお、クラブとしては、サンドウェッジを使うことが一般的でしょうが、これは別にルールとして決められているわけではありません。サンドウェッジ以外のクラブを使っても構いません。

バンカーに入るときのマナーについて

まず、バンカーに入るときのマナーから説明しましょう。

一体、どこからボールに向かって行けばよいのでしょうか。ゴルフ初心者は、どうも最短距離でというように思っている人が多いようです。最短距離であれば足跡もあまり多くなりませんし、それだけ砂を乱すことも少なくなりますから一理はあります。

しかし、マナーとしてはこれは間違いです。完全に間違っているというわけではありませんが、優先順位のつけ方としては間違いです。

バンカーに入るときは、まずは土手の高くなっている部分ではなく、できるだけ土手の低い部分から入り、また出るようにするのが一番の優先事項です。

これはどうしてかというと、土手の高くなっているところは、それだけ砂が崩れやすいからです。一度崩してしまうと元に戻すのが大変ですし、もはや元通りにすることなどできないくらいに崩れてしまうこともありえます。

それを避けるために、できるだけ土手の低くなっている部分から入るのが第一優先なのです。

では最短距離は第二優先かというと、実はそれも違います。

二つ目に考えるべきは、距離ではなくて方向で、グリーン、ピンの位置の方向、つまり前方から入ることを避けるべきです。基本的には、後方から入るようにします。

だいたいは、前方のほうが土手が高くなっていることが多いので、この2つはまとめて覚えてしまってもよいでしょう。土手の低くなっている後方から入るというのが原則です。

最短距離というのは三番目に考えるべき事柄で、後方から入ると距離が非常に長くなるような場合に、同じように土手の低い側方から入ってもよいという程度なのです。

バンカーから出るときのマナーについて

バンカーから出るときにもマナーがあります。

ショットし終わってほっとしてしまい、うっかりしがちなシーンですから注意しましょう。

まずは、入った場所から出るのが原則です。それ以外の場所から出ると、それだけ砂に足跡が多く残ってしまうことにもなるからで、元通りにするのがやはり大変になってしまいます。

足跡やショットの後の砂を巻き上げた跡などは、綺麗にならしてから出るのがマナーです。そのための、レーキが周囲に用意されているはずですので、それを使います。

まあ、どんな使い方をしても、それなりにきちんとならせる限りはあまりうるさくは言われないでしょうが、スマートな方法というものはあります。それは、できるだけピンと平行な向きになるようにならすことです。

もし、ピンと垂直な向きにならすと、レーキによってどうしてもある程度の溝が生じることは避けられませんから、それだけバンカーショットの邪魔になる可能性が高くなるからです。

これは、もちろんバンカーの形などによっては難しいこともありますので、それができなくても良くないとまではいわれないでしょうが、それが可能な場合は覚えておいて損はありません。

また、レーキを置く場所そのものにも注意が必要です。

これも、別にきちんとした決まりなどはないものの、できるだけ他のプレイヤーの邪魔になる可能性が低くなるような場所に置くのが原則です。

基本的にはそのバンカーの後方、ティーグラウンド側に置くべきでしょう。

ピン側におくのは明らかに邪魔になる可能性が高いでしょうし、当たり前のことですが、フェアウェーにおいたりしてはいけません。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-スポーツ
-, ,

関連記事

水泳の基礎知識:水泳用品 ~ セーム ~

水泳をしている人を見ると、何やらカラフルで小さい布を持っていることがあります。 これは「セーム」と言って、水泳用品としては定番の便利なアイテムです。

プロ野球・不滅の記録は?|シーズン最多登板

プロ野球でのシーズン最多登板記録を見ていくと、70試合以上投げた選手は延べ52人います。 そのほとんどは、21世紀に入ってからの記録ですが、中には1950年代60年代という記録もあります。 昔の選手は …

King of swimmer レジェンドを打ち立てた選手 : 北島康介

日本水泳界は長い間低迷期を迎え、オリンピックでのメダリストをなかなか生み出せない状況が続きました。 そんな中、久しぶりに出てきたスーパースターであり、日本水泳界の中でもナンバー1の実績、功績を残してき …

大相撲のチケット購入はいくら?どんな種類がある?

大相撲の本場所は、年に6場所、巡業はそれぞれの会場で行われます。 チケットとなると、本場所が開催される場所や、巡業場所によってかなり変わることになります。 年3回行われる両国国技館でのチケット代金をベ …

スノーボードで怪我をしないための予防策

スノーボードは冬のスポーツの中でも特に人気が高く、誰でも気軽に始めることができます。 しかし転倒することが多いスポーツなので、転倒時に身体の一部を痛めてしまったり、日常生活に支障が出てしまうことがあり …

楽天モーションウィジェット