初心者におすすめのクロスバイクの選び方

クロスバイクは、ロードバイクとマウンテンバイクの、中間的な存在で、とっつきやすいものでもあります。

しかし、どのような目的で購入するのかによって、選び方も変わってくるので、初心者の方は覚えておくことが大切です。

スポンサーリンク

どのシチュエーションで使うのかを考えておくこと

クロスバイクに乗るといっても、どのような目的で利用するのかによって、選び方は変わってきます。

ロードバイクのように高速で走りたいのか、また通勤時に乗っていきたいのかなど、乗る人によって、目的は変わってきます。漠然とクロスバイクに乗りたいと思っても、どのような場所で乗るのかによって、クロスバイクのタイプも違ってきます。

段差がたくさんあるような場所で、細いタイヤのバイクに乗れば転倒の危険性があり、段差が少なく長距離を走りたいときにタイヤが太いものでは、無駄な力が入ってしまいます。

このようなことから、購入する前にまずは、どのようなシチュエーションで乗るのか、しっかりとイメージを抱いておくことが大切になります。

目的に合っていないタイプのものを買ってしまうと、ケガをしたり、自転車自体を傷めてしまうこともあるので、気をつけましょう。

通勤や通学に使うなら太いタイヤのものを

クロスバイクを利用するシーンで多いのが、通勤や通学などになります。

その場合には、舗装された道路を走ることになりますが、でこぼこ道を走ることもあります。そのような場合、マウンテンバイクに近い、太いタイヤのものを選ぶようにしましょう。

このタイプは、フロントサスペンションを採用しているため、段差に強く、でこぼこ道などを走る際に便利です。また、サスペンションがあるので快適性が高く、タイヤも太いため安定性もあります。

市街地を走ったりする場合、曲がったりすることもあり、その際に太いタイヤであることで安定性が増すので、安全に走行することができます。

また、パンクの心配もほとんどないため、毎日通勤や通学に使うには、最適なタイプといえます。

初心者がクロスバイクになれるという点では、太いタイヤのものはおすすめのタイプです。

細いタイヤなら長距離も快適

ロードバイクほどではないけれど、長距離を走ったり、高速で走行したい場合には、細いタイヤの長距離タイプのクロスバイクを選びましょう。

このタイプは、ロードバイク並みの車体重量であり、細いタイヤで路面抵抗を減らしているので、長距離を走っても快適に乗ることができます。

また、路面抵抗を減らしているので、高速で走行することが可能なので、ロードバイクみたいに速く走ってみたいという人におすすめです。

しかし、タイヤが細いので安定性がないため、初心者には最初は難しく感じることもあります。舗装してある道であればいいですが、でこぼこ道や段差のある道は得意ではありません。

タイヤが細いため、耐久性が低いので、そのような道を走行すると転倒したり、パンクする危険性があるので注意しましょう。

長距離用としてだけでなく、通勤用として使うこともできます。

泥除けやスタンドが装備された普段使い用

長距離を移動したり、通勤や通学には使用しないけど、クロスバイクが欲しいという場合には、泥除けやスタンドが装備されている、普段使い用のものもあります。

これは、長距離用と通勤用の中間的なタイプであり、タイヤは細くもなく太くもない、普通のタイプになります。

そのため、安定性も低くもなく高くもない標準であり、車体重量もやや重めとなっています。また、速度も速くなく、低速から中速程度となっています。

このような機能であるため、買い物に行ったりするときに、気軽に使うことができます。

シティサイクルに近い設計であるので、市街地やサイクリングロードを、マイペースに走行したいときに選ぶようにしましょう。

シティサイクルに近い設計であるので、誰もが慣れている形でもあるので、初心者でも乗りやすいです。

しかし、速く走りたい場合は物足りなく感じてくるので注意しましょう。

価格帯で選ぶことも大切です

クロスバイクは、値段がピンからキリまであるので、購入するときには注しなければいけません。

安いものであっても、シティサイクルよりは断然に値段が高いので、予算を決めておくこともポイントです。

初心者など、初めてクロスバイクを購入するのであれば、10万円以下のものを選ぶようにしましょう。高いものを購入しても、自分の目的と違っていたりすると。目も当てられません。

そのため、手ごろな価格のもので慣れてから、高いものに手を出していくことが大切です。

また、クロスバイクには鍵やライト、カゴなどシティサイクルに標準装備されているものは、別売りとなっています。必要に応じて追加で購入しなければいけないので、その分も予算に入れておくことが必要です。

ヘルメットや、ドリンクホルダーなどのアイテムも大切になってくるので、何を購入するのかきちんと計画を立てておきましょう。

最後に

クロスバイクは、どういった目的で使うのかによって、選び方が違ってきます。

間違ったものを選んでしまうと、快適に走行できないので、気を付けましょう。

また、追加で購入するアイテムも大切になるので、調べておきましょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-スポーツ, 趣味
-, , ,

関連記事

自分のセンスや感性で!手芸を習ってみよう

昔からある女性の定番の趣味と言えば手芸です。 手芸と言っても色々なものがあって、今はヨーヨーキルトや簡単にできるプラバンアクセサリー、ビーズアクセサリーなどが人気です。 手芸は自分一人で独学からでも始 …

タイガー・ウッズの強さの秘密

ゴルフをやっている者で、タイガー・ウッズの名前を知らない人はいません。ゴルフをやっていなくても知っている人は多いと思います。そんなタイガー・ウッズの強さの秘密に迫ってみたいと思います。

初心者には難しい?バイオリンの魅力

様々な楽器の中でも、バイオリンは特に難しいイメージがあります。 幼い頃から習い事として始める人が多く、裕福な家庭でなければできないという高貴なイメージは、今も昔も変わりません。 しかし、実際はそうでは …

スノーボードで怪我をしないための予防策

スノーボードは冬のスポーツの中でも特に人気が高く、誰でも気軽に始めることができます。 しかし転倒することが多いスポーツなので、転倒時に身体の一部を痛めてしまったり、日常生活に支障が出てしまうことがあり …

トライしやすい今から始める趣味におすすめ:写真

新しい趣味を始めたい。 何かおすすめはないか?と思う方は、写真を初めて見ませんか?

楽天モーションウィジェット